【募集】実験に協力してくれるお店さま:お客さまがガン見するポップ。(#あなたどなたカード)

※いったん募集を休止しております。

こんにちは!しかけ制作士のマッキーヤです。新しいポップのしかけを考えました。といってもアナログなので新しいかというと微妙です。…が、ほとんどのお店が取り組んでいないけど、相性のいいお店で実践したら、かなりの成果がでると思っているものです(ぼくがそう思っているもの)。そう、相性がいいお店であれば、というしかけポップです。

このポップ、使って頂けませんか?

実験なんです。

このポップで成果が出るかどうか。

【現在の実験協力店さま】
・茨城県 薬局店さま

・茨城県 アイラッシュサロンさま

・埼玉県 プチローズさま

・東京都 シュードゥリュバンさま

・東京都 ラフィーノさま

・東京都 焼肉店さま

まずは初期に賛同頂いた上記6店舗さまに使用いただきます。受付はストップしていませんが、お届けには1-2週間かかるかもしれません。ご容赦くださいませ。

使って頂ける方に無料でお届けいたします。使い方は自由。基本キットをお届けするので、あとは好きなようにデコレーションなどして使ってくださいーー!!条件は、どのように使っているかは教えて頂くだけ(できたら結果も)!

「いい品・いいサービスを提供しているはずなのに、良さが伝わらない」とか、「眠った名品」をお持ちの方に使ってほしいと願っています。


今回、無料提供するポップ

「#あなたどなたカード」と名付けました。

・2つ折り形式で窓付きのポップです。

・窓の下には、「あれ、あのキャラクターかな?」と予想できるイラストがチラ見できます

・カードをめくると正体が…違う!思ってたのと違う!

・開くと右側に、おすすめ商品を掲載できるスペースがあります。

▼こちらのポップのしかけの狙い(技術的なこと)はこちらにまとめてあります。

8割の人がガン見するポップを考えた!押し付けを、惹き付けに。

ポイントを短くでまとめると「押し付けずに惹きつけるしかけのポップで、自然の流れで商品のことを知ってもらえる」ものになります。


■このポップの目的や期待していること(願望っす)
・こだわりの逸品を知って頂くこと
・お客さまに楽しんで頂くこと
・スタッフとの会話を増やすこと
・記憶に残ること
・SNSなどでシェアしてもらえること


■用途のイメージ(他の業種、使い方でも大歓迎っス!
・飲食店でテーブルに事前設置:おすすめメニューの訴求
・理容室・美容室(コミュニケーションをとるお店)で鏡の前に設置:オプションメニューの訴求や会話を促す(店長の秘密とか)
・理容室・美容室の待合室に設置:オプションメニューのメリット提供
・薬局やドラッグストアの待合室に設置:イチオシメニューやセルフケア法の情報提供
・整体・治療院の待合室やベッド脇に設置:セルフケア方法の情報提供など
・宿泊業(ホテル・旅館・ペンション)の部屋に設置:スタッフからのメッセージ提供
※店舗型ビジネスじゃなくてもいいですし、商売をしていない個人の方でもOKです(例えばママさんがお子さんへのしかけをするとか)

■使い方

自由っす!!

シンプルなキットをお届けするので、後は好きに使ってください!吹き出しの中は好きにしていいですし、商品スペースも好きに使って下さい。デコレーションでシールを貼ったりしてもいいし、切り取ってもいい。返却の必要もないので自由にしてください!

■提供キットはこちらです(1セットあたり)

提供キットはこちら

・窓付きの2つ折りカード×1

・ふき出し×3

■お願い事(応募条件)

・どんな風に使ったか、教えてください!それだけです。

・ブログやSNSに投稿してくれたら、ぼくも積極的にシェアします!(教えてください)

・TwitterやInstagramでは「#あなたどなたカード」として投稿して頂けるとぼくも見つけやすいです。

【募集概要】

・受付期間:2019年10月4日(金)11時~ ※提供数に達するまでか様子を見ながら

・受付方法:下記のフォームにて(用途イメージと希望数をお知らせください)

・提供数:1店舗さま(1人)あたり最大10個。合計最大100個 ※もし応募者多数の場合は、応募フォームに記載頂いた内容を基に弊社にて決定させていただきます。ご容赦下さい。ご希望通りにお届けできないことがあります。弊社にて判断をさせて頂くこともございます。

・費用:0円。送料ももちろん無料です。使用後の返却の必要もありません

・受付条件:利用した状況を教えて頂ける方(メール、ブログ、SNSなどで)。ご利用いただけた方は、ぼくからすると「しかけ仲間」です。前向きに取り組んで頂ける方希望!フィードバック頂いた情報は弊社の媒体やセミナーなどで紹介させていただくことがあります。

・公序良俗に反する団体や業種の場合はお受付できません。ご容赦下さいませ。

■プライバシーポリシー

■特定商取引法に基づく表記

(締め切りました)無料モニターさま募集!あなたの販促アイデアを3案考えて動画で返信!

こんにちは!個人店のステキさを伝える3秒販促マンのマッキーヤです。

やっぱりやることにしました!無料モニターさまの募集を。近頃はじめた「あなたの販促アイデアをまきやが考えて、動画で返信」サービスの無料モニターさまです。3店舗さまあと0店舗さま)限定です。0円ですけど中身は本気です。もし「面白そうだな」と思ったら乗ってやってくださいm(__)m

ここでは無料モニターさまを募集する深くない理由を少しお伝えさせてください。

それは「生え際の成長(進行)」では決してございません。

時間というものは残酷です。人間の意志にかかわらず流れていきます。

生え際というのは残酷です。ぼくの意志にかかわらず進んでいきます。

どうやら成長期のようです。とくに右側の生え際が。

それが無料モニターさまの募集をはじめた理由では決してないんです(←そりゃそうだ)。だってこのサービスは動画で返信するサービスなので、利用頂けるほど「ぼくの生え際も公開YouTubeで晒す」ということになりますから。

そういうのはいいんですけど、このサービスが「本当に個人店の役に立てるのか」と言うことを確かめたいと思っています。役立てると信じてはいるのですが、見本がいくつかないと利用を検討している方も踏ん切りがつかないだろうなと思ってその事例を作りたいという想いもあります。もし面白そうだなと思ってくれたら、ノッテ頂けると嬉しいです。

1人だと不安になりませんか?(生え際のことではありませんよ)。個人店だと一人で考えた案のままでいいのか不安なこともあると思います。別の人間(まきや)が考えた案も視野を広げる意味ではプラスになることもあるかと思いますので^^


■無料モニターさま募集の概要■

●「あなたの販促アイデアをまきやが考えて、動画で返信」サービスの無料モニターさまです

限定3店舗さま(あと0店舗さま。締め切りました、もしお申し込みが多かった場合は、選考させていただく可能性もあります、上からですみません)

●個人店(お店を構えて、対面接客をしているお店さま)向け

●お店のホームページがある方限定(今回は簡易版ですので、HPを拝見してアイデアを練ります)

●日本全国OKです(日本語のみ対応)

●有料版ほどのボリュームではありません。販促策は3案程度、動画は5-10分程度です(有料版はその2倍以上になります)

●ただし販促案はしっかりまきやが考えます!本気っす!

●提供する販促アイデアはYouTubeの公開動画でお届けします(他の方も見られる状態です。ちょっとした宣伝と思って頂けたら嬉しい)

●料金は0円です。だから返品不可!返金保証無しです☆

●適宜、状況を見て締め切ります。ご容赦くださいませ。

●公序良俗に反するお店の場合はお断りさせて頂いています

※本サービスの無料モニターの受付は終了いたしました(今後、適宜募集させていただく可能性はあります)

↓正式なサービス(有料)はこちらからご覧くださいませ。

 

プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記

社員さんを動かすには?4つの切り口と、さらに6つ見つかった!

こんにちは!個人店のステキさを伝えるだいべん士・マッキーヤです。

面白いワークを体験して、これは社員さんやスタッフさんのマネジメントにも、お客さまに対するアプローチでも有効だなーと思ったんです。「人を動かすテクニック」の切り口としてまず大きく4つあって、その外側にも6つあるなと。

※ホントは「人を動かす」ってめっちゃ横柄な言葉だなって思うんですけど(下の「かぶらせる」という表現も)、ここではご容赦くださいm(__)m

昨日お誘い頂いてビジネス交流会に参加したんです。その交流会のプログラムの中でやったワークです。正直なところ交流会は苦手でして…めったに行かないんですが、今回は信頼している人のお誘いだし参加させてもらって…楽しかったっす♪


お題:工場の社員さんにヘルメットをかぶらせたい!どうしたらいい?

お題はこんな感じでした(グループワークで5人で案を出し合う)。工場の経営者さんが、社員さんが工場内でヘルメットをかぶらないことが多くて安全面で困っていたようです。どうしたらかぶってもらえるでしょう?というお題。

どうでしょう?

どんなアプローチをしたら、工場の社員さんにヘルメットをかぶってもらえるか!?(回答案はあれど正解はありません)ぼくが参加させてもらったグループではこんな切り口での案が出ました。

 

1)必要性を伝える:ヘルメットをかぶらないと危険であることを具体的に説明したり、実際に起きた事故のビデオを見せたりするアプローチ(やらないことのデメリットを伝えるアプローチともいえます)。

2)感情に訴える:「私はあなたが大切だ。けがをしてほしくないからかぶってくれ」というアプローチ。

3)メリットを作る:オシャレなヘルメットにしたり、マッサージ機能が付いたヘルメットにしたりして、かぶることにメリットを作るアプローチ。

4)実感してもらう:危なくないタイミングや場所を狙って、実際に工場内でモノを落としたりして「ココはかぶらないと危険だ」と実感してもらうアプローチ(周りの環境を換えて、自然と行動してしまう状況づくりです←実はしかけではとっても大事な切り口なんです。この案自体はちょっと危険ですが)

 

他のグループの発表もありまして、だいたい切り口はこの4つに集約される感じでした。ちなみに4つ目の案をぼくが発表させてもらったときは、グループの方はハッとしてくれていました(実際にはそういうことをしたらヘルメットをかぶる人は増えても退職者さんも増えちゃうかもしれませんけどね)。この辺りの4つの切り口は、相手に動いてもらうための切り口としては有効かと思います。


そして、あと6つ考えた!

そして、交流会が終わっての帰り道に続きを考えていました。他にもないかなーって。そして3つの切り口をさらに考えました。こんなのも有効な切り口じゃないかと思います。

5:着用したことを認めあって常態化する:「今日も似合ってるね」「いいスピードでかぶれたね」などと、ヘルメットをかぶっていることを認めあう機会を作る。そしてそれ事態を常態化する。こんなアプローチ。精神と時の部屋から出てきた悟空と悟飯が、通常時でもスーパーサイヤ人になっていた感じです(←分かりづらいっすか?)

6:基準をさらに上げる(ちょっとだらけても高水準にしておく):ヘルメットをかぶることは当たり前。でも基準をさらに上げておく。角度は○○度・ヒモのしめ具合は〇〇などとかなり高い基準にする。そうすると「怠けた人」「だらしない人」でも実は割と高い基準になる(ちょっとヒモを緩めてヘルメットをかぶっているとか)。

7:そもそも、ヘルメットをかぶらなくていい環境にする:切り口としては裏技ですが、これが実現できれば一番いいですね。だって社員さんはかぶりたくないんですから。工場の天井を低くしたり、上からものが落ちてくる可能性をなくしたり。

8:ヘルメットじゃないもので代用する:ヘルメットが嫌な理由って「暑いから」とか「重いから」とか「臭くなるから」とか「めんどくさいから」とか「かゆいから」とかじゃないかと思うんです。その理由を解消した別の頭巾を開発してみたらどうかなと。とっても軽くて柔らかいショック吸収頭巾とか。

9:ヘルメットをかぶっている自分に誇りを持ってもらう:毎日小学生が工場見学に来る。そして工場で働く社員さんを「羨望のまなざし」で見てくる状況を作る。そしたらかっこいい自分を演じたくなるかなと。

10(おまけ):ヘルメットをかぶらないと恥ずかしくする:全員丸坊主にしてもらって、ヘルメットをかぶらないと恥ずかしくするとか。1の変形ですね。この案自体は非現実的だけど、人を動かす切り口としてはアリかもです。

 

どうでしょう?

これは別に正解なわけじゃないんですが、社員さんに動いてもらうしかけ・お客さまに動いてもらうしかけづくりのお題としてめちゃくちゃ面白かったので書いてみました。

お店の中で「スタッフさんに守ってほしいルール」があったり、「お客さまにやってほしい行動」があればぜひ参考にしてみてくださいね!

参考になりますでしょうか?

なっていたらしあわせです^^

 

あー、ぼくこういうブレストとかアイデアだしが大好きみたいっす。やっぱり。

 

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

↓個人店の筋書き販促プロジェクト、始めませんか?:あなたのPOPやリーフレット動画で生解説!

POPのしかけで、お客さまに「じーーっ」っと見てもらうには?

もし、お客さまがじーーっと商品やディスプレイを見てくれたら。

もし、上から・斜めから・横からと体を顔を動かしてじーーと見てくれたら。

商品の魅力が伝わるチャンスですよね。そんな風にお客さまが動いてくれたら、店員さんも話しかけやすくなります。

こちらの商品をお客さまにじーーーっと見てもらうしかけは作れないでしょうか?(これは先ほどぼくがカフェで注文した商品です)。買う前のカウンターにこのパンが置かれていて、POPなどのディスプレイを置くことができるという想定です。

 

そう、このパンは先ほどぼくがカフェで食べたパンです。お客さまの案件ではないし、商品の情報があるわけでもないから正解もない。画像だけ見ていろいろ想像を拡げて考えてみてください。お題は「お客さまがじーーーーっと見ちゃうしかけ。これだけです。

 

 

 

…いかがでしょうか?

 

ぼくも3つほど、しかけアイデアを考えてみました。

●POPで「パセリではありません」

●POPで「文字が隠れているの、見つけられますか?」

カウントダウン表示を近くに(時限爆弾風)。

※どれも実際の商品とは違いますよ。1つのメニューをお題にしてアイデアを拡げているだけです。

「パセリではありません」と言われたら…「じゃあ何なんだろう?」って思いません?数秒でも本当の正体を知るためにジロジロと見てしまうのではないでしょうか?お客さまのそういう瞬間を見かけたら、会話のチャンスを生み出せます。「実は、パセリではなくて●●なんです。この方が●●で…」とこだわりの説明に入れます。

実際にお店でしかけるときには「話しかけやすいスタッフさんの言葉」と「お客さまが返しやすい言葉」も想定してしかけを設計するといいですよ。お客さまって店員さんに話しかけられたくないのって、返す言葉を探すのがめんどくさいからだったりしますから(※「いかがですか?」って聞かれてもねぇ…という感じ)。

この案は実際の商品ではなく、勝手に想像して考えているものですが、頭のトレーニングにはいいでしょう?ぜひ参考にしてやってくださいねーー。

書いた人:3秒販促マン・マッキーヤ https://twitter.com/shikakeruhansok


↓逆算POP研究してます。企画もお手伝いしてます。