リピートしない最大の理由を減らす3つのしかけは「リピックカード」にあり! リピート販促&少し口コミ期待!

  • 「期限の4日前から、バタバタと利用が増えました」
  • 「187枚配布して、常連さま中心に54枚の戻りがありました」
  • 「リピート頻度を高めるきっかけになりました」
  • 「口コミでの新規来店が、2組8名さまありました」

実際にご利用いただいたお店さま(都内&大阪府内の飲食店さま)から頂いた実際の声と数字です。この数字、あなたはどう捉えますか?

本企画は、当初は「口コミ/紹介」をメインに作りましたが、圧倒的な口コミ実績は生まれませんでした(紹介で来店までしてもらうのは至難ですね)。ですが、リピート率や頻度に対しては、かなりの効果が見られるため「リピート販促」として生まれ変わりました。


■リピートしない最大の理由が減っている理由

不満以外で、リピートしない最大の理由は「なんとなく」だそうです。満足してくれたのリピートしてくれないのは…お店としては寂しいですね…。その「なんとなく行かない」を減らせないでしょうか?リピックカードでは、このようなことが起きています。

1:「私はこれもらっていこ」「これ、あの人向けじゃん!」と会話が盛り上がる!

2:お客さまが自ら選んで、カードを持ち帰ってくれる

3:「知り合いに渡しておくよ」と言ってくれる(※その後どのくらいの割合で渡してくれているかは不明ですが、ご新規さまがカードを持って来店下さった事実があります)


■なぜリピート率/リピート頻度が高まるのか?

1:楽しいコミュニケーションを体験し、記憶に残るから(感情が動いたから)

2:受け身でなく自ら選んだカードなので、手元に残りやすいから(自己決定感)

3:知人を想起しやすいしかけだから(口コミのきっかけ)

記憶に残って・手元にも残りやすいので「なんとなく行かない」を減らせるのです。「なんとなく行かない」は、そもそも「思い出していない」可能性が高いですから。

ちなみに別企画ですが、ご新規さまの来店時に「ワクワクする仕掛け」を盛り込んだだけで、初回→2回目の来店率が3割ほど上がった実績があります。ワクワク感情が動くしかけって実は効果あるんです。


■リピックカードには、どんなしかけが入っているのか?

1:使える方が限定されたカード:4-5種用意します

2:特典は値引く必要なし:値引きで呼び込むよりも、記憶・手元に残ることがだいじです

3:4種のデザイン:カラフルなカードが並ぶと楽しいです

4:お客さまが自ら選ぶ:楽しみながら選んで頂けます(2-3枚お持ちいただくと効果的です)

5:裏面にこだわりや店舗情報を記載

■リピックカードをお渡しするときの効果的な方法複数種のカードが入ったラックやケースを用意しておく/レジ横に設置し「おひとり様3枚まで」というPOPを貼り付ける/「ささやかですけど次回使えるサービスチケットです!使える方限定なんですけど、合うものがあればぜひお持ちください」などと声をかける など


■始めるまでの手順について。

0:見本シート(デザイン/使用できる方パターン集/値引かない特典アイデア集)をダウンロードする(無料)

1:ご注文(こちらのページからお願いします)

2:カードの記載内容を決める(使用できる方×4~5種/特典/使用条件/裏面内容)※メールなどでヒアリング致します。※

3:デザイン確認

4:実制作&お届け(早ければ、デザイン確認後2日ほどで発送)

5:お店で使用スタート!


■価格について(どれも税込み・送料込みです)

1:初回セット(400部):5500円 (お申込み/デザイン調整/完成まで)

2:追加600部:5,500円

3:追加1000部:8,800円

※追加分は、初回セットと同時にもお申込み頂けます。※追加時の修正について。文字や特典の修正は無料でお引き受けいたします。

▼制作依頼・ご注文はこちらからお願いします♪(初回セットにリンクされています)

▼事前のお問い合わせはこちらからお願いします♪