SNS映えするおはぎは、無地ではなかった。

「こんなの初めて見たっ!」
「かわいい!」

って、
思わず言っちゃうおはぎに出会いました。

こんにちは!
新刊本がすべて「校了」したと編集者さんに聞いて
不安とドキドキが止まらない、しかけデザイナーのまきやです。

先日、福商工会議所にお伺いして
アナログ販促セミナーを担当させて頂きました。

その時の参加者さまより
「おはぎ」を頂戴したんです。

これがスゴイった!

見た瞬間、「カワイイ!すごい!」と
言ってしまいます。

※まあのおはぎ:金沢の旅行サイトにも載ってた!
https://www.kanazawabiyori.com/spot/spot_19025.html

普通、おはぎって「無地」じゃないですか。

「あんこおはぎ」なら、黒っぽいあんこ色。
「きな粉おはぎ」なら、きな粉色
「ごまおはぎ」なら、黒っぽいごま色。

一般的には、1つにつき一色です。
地味な見た目をしていることが多いです。

そこに「華」を加えて
見栄えを作り出しています。

写真にとってSNSに投稿するお客さまも
多いそうです(そりゃそうだ!見せたくなる)

完成品の販売だけでなく、
おはぎづくり体験会も積極的にしているそうです。

うん。
自分でかわいく作ったおはぎなら、
間違いなく写真に撮るし、誰かにもみせたくなるね。

このおはぎのポイントはどこか。
ぼくはこの3点だと思います。

———
1:無地に華を加えたこと。
———

一般的には無地の見栄えの商品に
顔や花などの「華」を加えたこと。

一気に、他とは違うものになりますよね。

———
2:「顔」がついていたこと。
———

華の加え方の中でも「顔」が多いことに気づきます。
写真のものの中でも、おはぎ自体が顔になっているものが2つ。
イチゴに顔がついているものが1つ。
テントウムシがついているものが一つ(顔というより生物かな)。

顔って「かわいいっ!」という
リアクションを生みやすいです。

リアクションしやすいものって
誰かに言いやすいです。

うまいことしてるなーって感じました。
さすがっす。

———
3:おはぎづくり体験会を積極的にしていること。
———

こうした見栄えグッズって、
完成品を買うのももちろんうれしいですけど、
「自分で作る」のもさらに強力です。

自分で作ったものなら、
ぜったい記録に残したくなるし、
誰かにも見せたくなる。

そして「おいしい&嬉しい&楽しい」記憶が残る。
上手だなーと思いました。

———

あ、お味ですか?

おいしかったーーっす!

甘いだけじゃなくって、ちょっと塩っけがあって。
ぼくは「きな粉(右下)」と「ほうじ茶(左上)」が
好きでした!

※「この中でも見栄えしない奴じゃん!」ってツッコまないで。
ぼくの好みだから。

実はうちの息子たちはあんこが苦手なんですが、
こちらのおはぎはぺろりと食べておりました!

↑こういう事実情報の方が、あーだこーだと
売込みトークするよりも納得度高いんですよね。
売込みトークよりエピソードトークっす。

ということで、
SNS販促をする際に参考になるかなと思って
共有させて頂きました。
すごいですよね!このおはぎ!

参考になりますでしょうか?

あと、ぼくが感じたこと。

おはぎは、一般的には利用頻度が高くないと思うので
利用頻度が高い商品で展開しても面白いかも。
ケーキとかクッキーとか。

これはすでにやっているお店・会社があるけど
体験ものは地域密着なので、近くになければOKかな。
(業種が変わっちゃうので、リスクはありますね)

体験ものだと1回きりになってしまうこともあるので
「誰かへのプレゼントを作る場」という見せ方にすると
何度も利用しやすいかも。

↑これは勝手にぼくが妄想をひろげただけです。 悪しからず。


■書いた人:しかけ制作士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「価値のめざまし」をテーマにして、中小零細企業のこだわりや、伝えたいメッセージを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。しかけ技術(人が自動的に動く技術)を効果的に使うと「押し付けを惹きつけ」に換えられます。ぜひしかけ技術を使ってください^^

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?