サイゼリヤの【体験消費】の仕掛けが凄かった

販促のコツ, 顧客満足度, 評判を設計する

知ってます?サイゼリヤの1000円ガチャ!やったことありますか?

※たぶん公式のものだと思うのですが、100%の確証がないのでここではリンクはしないでおきます。URLはサイゼリヤだったので大丈夫と思いますが念のため(公式HPからリンクしてくれたら安心なんですが…)。本記事は、1000円ガチャをサイゼリヤ公式のものとして、販促の狙いを分析しています。

先日、Twitterでバズっていました。ネット上ですぐアクセスできて、「ガチャを回す」ボタンをクリックするだけで、1000円分ピッタリのメニューの組み合わせが表示されます。(たぶん数十の組み合わせが事前に作られているんだと思う)

必ず値段はピッタリ1000円。出てくるメニューは色々。2品のこともあれば、4品のことも。ご飯とデザートの組み合わせだったり、お酒とおつまみの組み合わせだったり。私が1回目にやった時は「パスタとご飯もの」の2品だったので「炭水化物多いなーー」って1人でツッコんでしまいました。

なんどでも「ガチャを回す」はできます。やっていると「この組み合わせは魅力的♪」ってなものも出てきます。Twitter上では「そのまま注文しちゃった」というような投稿もあったようです(わかるぅ!)


【体験消費】が組み込まれている

この1000円ガチャはお客さまの【体験消費】が組み込まれています。飲食店は通常、「食べ物を食べる」「場の雰囲気を楽しむ」ことが主な価値になります。1000円ガチャは、それ以外の価値をつくりだしていません?

■Beforeのしかけ
・注文前に楽しめる
・ドキドキする
・何度も楽しめる
・ツッコめる

■Afterのしかけ
・ガチャをした結果をTwitterなどで共有できる(Twitterのボタンが設置されています)
・SNS上でコミュニケーションがとれる

※来店しなくても楽しめるのがスゴイ

▼体験消費の分類を作りました(弊社作成)

サイゼリヤで実際に料理を食べるタイミングを【Just】とするとその前【Before】とその後【After】の楽しみが設計されているんです。このしかけはお店に来店しなくても楽しめるものになっていました。

いろんな狙いがあって作られたものでしょう。主だった狙いは下記のようなものかと想像できます。

  • 見かけた人が自分もやりたくなっちゃう
  • いい組み合わせがでたら注文しちゃう(?)
  • ツッコミどころのある組み合わせも
  • サイゼリヤ=1000円のイメージを残す
  • サイゼリヤで1000円支払った経験値を残す
  • サイゼリヤに対して感情的な記憶を残す
  • SNSでのシェア促進

通常の価値(=お食事の楽しみ)以外を作ることで、さらなる楽しみを作っている。その結果、サイゼリヤに対して【感情的な記憶】が残る。そうなれば、次回の来店動機にもなります。

サイゼリヤ、スゴイですね!(書いてたら行きたくなってしまいました)


いかがでしたでしょうか?【商品の楽しみ以外】を加えることで、お客さまの満足度の厚みが増します。来店する理由は増えるし、記憶にも残る。今後はこうした設計を意図的にしていくことが、とっても大事になりそうです。

ぜひあなたの商品で【体験消費】づくり、考えてみて下さいね!

【question&action】——-

お客さまが来店する【前】に
どんな楽しみを提供できますか?
——–

私は【商品を大切にしている商人さん】を心から応援しています!

いい品ならば、いい品以上に!
モノ売りから脱出!体験消費を意図的に!

いい商売しましょ!

まきやより