「白髪ねぎ牛丼」の凄みだけパクる (他社事例のパクり方)。

すき屋さんが「白髪ねぎ牛丼」を販売していたんです。

これがもう!「すごいっ!」って感じまして。「白髪」ってどちらかと言うとポジティブじゃない捉え方も多い現象です(隠す人も多い、吉川晃司に憧れる私は肯定派)。それがネギになると超ポジティブに変わるふしぎ。

若干ネガティブ現象も、使い方によってはポジティブ変換するのかもしれません。

例えば…

■メタボカルビ(…背徳感がたまらん♪)

■老眼目標設定(遠くしか見えない)

■小じわまんじゅう(なんだか歴史感じる)

こんな感じ。それなりに「そそる」物になってません?白髪ねぎ牛丼をパクった結果です。

 

この思考法をまとめるとこんな感じです。

【パクり方】

1:キモを探る(抽象化)
白髪ねぎは「ネガティブ現象のポジティブ化」

2:他の可能性を探る(転用)
他にネガティブな現象はないか

3:その現象について具体化してみる(具体化)
これで一つのアイデアがカタチになる。

アイデアって「抽象」と「具体」を行ったり来たりするところから生まれます。

人のアイデアはうまいことパクりたいものですね。

 

参考になりましたでしょうか?

今日も読んで頂きありがとうございます!
ますます大繁盛されますように

応援しています!

うれしくなる を ふやしてく!
しかけ販促プランナー
マキヤより

↓無料でノウハウファイルを提供しています。お役立てください