2019
12.26

めくる名刺で会話を生み出すには?

人を動かすしかけ, 販促物のつくり方

あなたは賛成派ですか?
それとも反対派ですか?
名刺にあれこれ細工するのは。

こんにちは!しかけデザイナーのまきやです。

名刺に情報を盛り込んで
アピールすることに対して意見が分かれると思います。

「覚えてもらえなきゃ
何も始まらないじゃん!」

という賛成派の方もいれば

「名刺でアピールするなんて
仕事欲しがってる感じが出ててカッコ悪い」

という反対派の方もいます。

あなたはどちらですか?

ぼくは賛成派です。
完全に。

個人店から中小企業の経営者は
やっぱり覚えてもらうことってだいじです。

常に常に、自分の会社のことを
沢山の方に知って頂いて
仕事を増やす=幸せにする方を増やす活動を
していかないといけないと考えています。

ただし、

ただし

です。

自分のアピールばっかりするのはイヤ。

イヤです。

だって、多くの場合
初めて会った方から「ぼくの仕事は…!!」
ってアピールされるのはイヤだと思うから。

※ぼくも走されるのは割と苦手です。

あ、セミナーの講師をさせてもらうときに
参加者の方にお仕事のことを話てもらうのは
大歓迎ですよーー^^そういう場ですから。

こちらからアピールはしないけど、
知って頂く流れにする。

そんなことができたらよくないですか?

しかけの出番です。

そんなことを狙って企画した
名刺の第2弾が出来上がりました☆

渡した相手と、自然と会話が盛り上がる
その会話はこちらが狙った話題にする。
そんなしかけを盛り込んだ名刺です。

そんなに「こちらからのアピール」はしません。

むしろ「誘い」ます。

ついついめくりたくなるシールを貼っています。
カンタンにはがせる「???」シールを貼った名刺です。

↓こんな感じです(生の事例画像です)

こんな感じの名刺をもらったら
どうでしょう?

めくっちゃいませんか?
「隠されている」ものはあばきたくなる。
そういうもんですよね。

で、めくったらどうなるか?

実は、その後の会話が膨らむように
設計をしています。

今回は同じデザインで
2つの文言の名刺を作りました。

どちらがうまくいくか。
2パターンで検証して頂きたいなと。

そんな狙いの名刺です。
あ、8割の方が同じ行動を起こす(ことを狙った)
8割名刺です。

いいでしょう?

今回モニターになって下さったのは
愛知県・豊橋市でウォーターサーバーの
管理をしている萩原さんです。

元々は自動販売機の管理運営をする
事業を展開していて、さらなる事業として
ウォーターサーバー事業を数年前から始めたとのこと。

名刺交換の際に、もっと知って頂けないかということで
今回の制作になっています。

今回制作させてもらった8割名刺が
活躍してくれること、願っています!

ということで、8割名刺は
最後のモニターさまを募集していますよ^^

▼記憶に残る!に特化した8割名刺&ショップカード
https://kikakuman.com/service/8warimeishi

■アクアショップ豊橋 http://www.toyohashi-vending.co.jp/?page_id=236

■豊橋ベンディング http://www.toyohashi-vending.co.jp/


↓まきやの新刊「しかける販促術」を全ページめくりました(動画の中で変化するものあり)。

↓しかける販促術「特殊なセット」直売所はこちらです↓

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。