2019
12.25

【図解】逆方式の再来店の仕組みづくり(お金をかけない販促)

販促のコツ, リピート販促, しかけ

お客さまに何度も何度も来店してほしいですよね?

できたらお金をかけないで。なら、普通とはの方法はいかがでしょう?


2回目のお客さまの方が、再来店率・リピート率が高い!

割と知られた事実かと思います。1回目のお客さまがもう一度来店する率よりも、2回目の方がもう一度来店する率の方が高いです。そして3回目の方がさらに高い。そして常連化していきます。ぼく自身もきっちりデータをとったことがあります。何度も来店頂けた方がいい!(できたらお金をかけないで)間違いないです!


普通とは逆のしかけとは?

普通、再来店比率を上げるためにとる策としては「特典」があります。もう1度来店してくれたら割引したりおまけをつけたりするパターンです。「来店すると嬉しい!」というパターンですよくありますよね。ほんとよくあります。

 

これ自体は否定していません。

でも、逆のパターンもいいよね!って思います。

「来店すると嬉しい」の逆のパターンです

特典を提供するのではなくって「来ないとつらい(足りない)」状況を作る。そして埋めるために来店を促す方法です。これはお金がかかりません(ポップを作る労力と印刷費くらい)。いい策じゃないですか?選択肢に加えて見てくださいねーー

 

しかけデザイナーまきやさねゆき


↓まきやの新刊「しかける販促術」を全ページめくりました(動画の中で変化するものあり)。

↓しかける販促術「特殊なセット」直売所はこちらです↓

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。