コメダ珈琲店のファンになる理由 実用性がないのに 効果あり!?(殿!昨対超えでござる第8話)

販促のコツ, ファンづくり, 殿昨対越えでござる, 顧客満足度

本記事の解説はこちらに引っ越しいたしました!

https://note.com/tonosakutaigoe/n/n6f710abc83a8

 

 

【プチ解説】

販促物に「実用性」ばかりを求めていないでしょうか?

クーポン機能を付けたり、スタンプ機能を付けたり、商品説明ができるようにしたりと。もちろんそれは大事な機能だと思います。でも、そうした実用性は「集客や、注文促進、売上アップ」のために行われるものです。またご注文の際に必要な情報だから提示されるものです。

そうした実用性のないグッズは作る必要がありません。そう「必要がない」んです。だからこそ、人間味が感じられます。必要ないのに作るというのは、働いているスタッフさんが何か想いを込めてわざわざしているからですよね!そうした人間味を感じられると、好きになっちゃいません?

「販売促進」というのはお店や会社を主語にした言葉です。お客さまを主語にすると「いい買い物促進」「心地よい時間を過ごす体験促進」になると思うんです。実用性のない販促物こそ、お客さまの琴線に触れるのではないでしょうか?

ボクは大好きなんです。こういうの。コメダ珈琲店さんのことますます好きになっちゃいました!

 

【考えてみましょ】

あなたのお店では、お客さまに「どんな気持ちで」過ごしてほしいですか?

そのために、実用性のない販促グッズを置くとしたらどんなものが考えられますか?

 

 

 

本記事の解説はこちらに引っ越しいたしました!

https://note.com/tonosakutaigoe/n/n6f710abc83a8

▼安売り・値引きから脱出したくなったら

販促じゃなくてファン促物で、安売り・値引きから脱出するには?

 

 

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

小さな会社がネット上で差をつける!オンライン時代にキャラ戦略が強力っ!

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter