即リピート注文頂けた!きっかけのメールの内容は?

ファンづくり, オンライン, ネットショップ

即リピート注文、とっても嬉しいできごとでした。そのきっかけになったメールの内容を少し共有させてください。

こんにちは!ズバ抜け満足しかけ人 まきやです。今日は…「シンプルなのにとっても大事なこと」に気づいたお話です。

何度も記事で取り上げていますがボク、餃子ショップの店主をしているんです。昨年12月から。「豊はし最強肉汁餃子」という冷凍の生餃子のネットショップです(今のところ単品商売です。今のところ)。まだ小さなショップなので、顧客対応もボク自身がしています。ここで気づくことが多いんです。大変なことも多いんですけど、ホントやって良かったです。


今週の水曜日。メールをお送りしました。3月の中旬に商品をお届けしたお客さまにフォローのメールです。

・無事に届きましたか?
・お味はどうでしたか?
・調理法、分りづらくなかったですか?

主な内容はこんな感じです。心配なんです。ネット通販なので、目の前にお客さまがいませんから。

「ちゃんと商品は届いているのか?」届いているはずなんですけど

「味はどうだったか?」表情を見れないのが不安なんです。リアル店なら見れますから

「調理法は分かりづらくなかったか?」調理をお客さまにお願いする商品なので。極力丁寧に書いているつもりではいますが…調理法次第で、おいしさの源泉である「肉じる」を失ってしまう商品なんです。

改めてメールをお送りしたら「うざがられるかなぁ」とも心配しながらメールをしてみます(個別です。ミスしないように確認しながら)


そうしたら、お1人の方がすぐお返事を下さいました。「美味しかった、料理苦手だけど作れた」「また注文します」というような内容。

ほっとします。
ほんっと、ほっとします。

「また注文します」という言葉が嬉しいよりも、喜んで頂けていたことが分かりほっとします。

そして翌日。新たにご注文頂いたお客さまを確認していたら…

「ん、見たことのあるお名前」

昨日、フォローメールをお送りしたお客さまからのリピート注文でした(感想をお返事くださった方とは別のお客さま)。

うれしくって
ほんとにうれしくって

感想のコメントは頂いていないですけど、リピート注文をしてくれるということは楽しんで頂けた証拠と思っていいですよね?

ホッとするし、
嬉しいし、
新たな緊張感もあります。

実はこんな風に、即リピート注文を頂けることがたびたびあるんです。「え!もう?」ってボクが驚くことが多い。ホントうれしいです。

で、ですね。リピート注文を頂けたきっかけの話に戻ります。


きっかけは「フォローメール」でした。「売って終わり・商品を届けて終わり」ではなく、お客さまに「もう1回心を届ける」売り込みではなく、お客さまを「気にかけている」ことを伝える(だって…気になりません?)。それがきっかけになったんじゃないかなぁと考えています。

 

もし、フォローメールが売り込みで「1ヶ月以内にリピート注文したら2割引き」とかやっていたら…そういうお店になっちゃいます。きっと、今後は割引される機会でしか買ってくれなくなるでしょう。その場の売上のために、価値を自ら落とすのはやめた方がいいと思うんです。

かといって、今後同じことができるかというと分かりません。4月以降はお届け数が増えてくるので、同じことをしていると必ずミスが出るから(ミスをしない仕組みの中で最大限やりたいと思っています)。

…とエラソーに語ってしまいましたが、ボクも日々失敗の繰り返しです。ボクらには「大勢のお客さま」に見えてしまうかもしれないけど、お客さまは一人一人が「自分」なんですよね。

いくらAIが発達しても、
いくらテクノロジーが発達しても
いくらオンライン化されても

お客さまの心が動く瞬間は
商売人の心が動いている瞬間でもある。

日々真摯に向き合わなきゃ
と心を改めた出来事だったんです。

 

「売れる」ことは大事ですけど「売りつける」にならないようにお客さまと向き合って商売しましょうねーー!ボクも日々精進です!

———

いかがでしたでしょうか?
参考になる点はありましたでしょうか?

参考になる部分が少しでもあれば、しあわせです。

 

まきやより

一応、ネットショップはこちらです(肉じる屋)

https://29zeel.myshopify.com/

こちらは「ただ肉じるがあふれるだけの映像」です

 

 

▼評判店に、名乗りを上げませんか?

評判の店に名乗りを上げませんか? :評判を生み出すしかけ設計術