商品は変えないのに、価値を高めるには?

販促のコツ, リピーターづくり

商品そのものの価値を高めるのって、なかなか大変じゃないですか?材料を変えたり、カタチを変えたり、ネーミングを変えたりと本来の味わいにも影響しちゃう部分もあるので、カンタンにはできないと思います。

でも、商品に「付け加える」ことで価値を高めたり、お客さまの充実感を
高めることは可能です。手前味噌ですが、弊社の取り組みを共有させてください。

こんにちは!しかけ販促プランナーのまきやです。

1:お手紙を同封する
2:限定カードを同封する

弊社が運営している餃子ショップ「肉じる屋」では、商品のお届け時にこれらを同封しています。


1:お手紙を同封する

店主である私が手書きしたお便りを同封しています。

▼今月分のお便り(画像)

とはいっても、お客さま一人一人に手書きするのではなく手書きしたお便りをスキャン&印刷しています。おひとりずつ書くのはミスが生じる可能性があるのでやめています(数年前に失敗したことがあります)。

パソコンの活字もいいですけど、手書きの文字には「味わい」がこもります。本当はもっと達筆がいいんですけどね…。これも味わいだと感じて頂けたらしあわせです。


2:限定カードを同封する

最強肉汁餃子を食べて下さった方は【肉じるの友】だと思っています。(こちらから勝手に)なので、その証として金色の【肉じるの友カード】を同封しています。

▼肉じるの友カード

こちらも商品本来の味わいとは全く別ですが、金色のカードはそれなりに特別感があると信じています。

どちらも1年前の開店当初から続けている事であり、今後も続けていくつもりのことです。急に売上に結び付くものではないんですけど、「売上」ばかりを意識するよりも、買って下さったお客さまを気に掛けていたい。そのための取り組みです。

商品は同じままでも、付属品を工夫することで【価値】を高める。そんな工夫をしてみてはいかがでしょうか?

※今回の事例は弊社の取り組みなので「本当に価値が高まったか」とは言いづらい面はあるのですが…

【question&action】——-

商品を変えなくてもお客さまが【さらなる価値】を感じてくれるように、どんな【おまけ】を提供できますか?

 

——–

私は【商品を大切にしている商人さん】を心から応援しています!

いい品ならば、いい品以上の喜び濃度に!
リピート記憶を残す、伝え方を!

いい商売しましょ!

まきやより