大谷翔平選手にファンが多い理由は【4要素】があるからだっ!

ファンを増やしたいですか?

・あなたのファン
・お店のファン
・商品のファン
・スタッフさんのファン

ファンが増えたら嬉しいですよね。何度も通って頂けて売上が安定します。

なにより、何度も通って下さるお客さまとのやり取りって最高ですもの(*´ω`*)

今日はメジャーリーガーの大谷翔平選手を取り上げてみます。アスリートのファン要件と、お店のファン要件はちょっと違いますけど、共通点を取り上げますので安心してくださいね。きっと、あなたのファンを増やすヒントになると思います。


大谷翔平選手にファンが多い理由

  1. 前人未到の挑戦をしている(そしてすごい成績)【凄み】
  2. どうやら、素晴らしき好青年【人間味】
  3. でも、完ぺきじゃない【弱み】
  4. 知人同士であーだこーだ語れる

まずは1つ目の「前人未到の挑戦をしている」について。

メジャーリーグと言う舞台で、ピッチャーとバッターの二刀流に挑戦されています。挑戦するだけでなく、すごい成績を収めています。昨年は「何十年ぶりの記録」などもいくつも飛び出していましたね。アスリートとしての「凄み」です。

お店にに置き換えるなら「こだわり」やお客さまに喜んでもらうための「がんばり」です。もう少し広げると「」も含めておきたい。

これが1つ目です。

2つ目の「どうやら、素晴らしき好青年」について。

球場のゴミを自然と拾ったり、審判にあいさつしたり、お金を使わず野球に没頭していたり、さわやかな外見だったり。

大谷翔平選手のすべてを知ることはありませんが、断片的に見聞きする「野球以外の情報」からすると「素晴らしき好青年」のようです。そういう印象があるから「好き」という感情が生まれやすいです。

「イヤなやつ」よりも「いいやつ」を応援したくなるのは、ごく普通の感情ですよね。

お店に置き換えても同じ。「お客さまに対して誠実」「周囲に対しても誠実」「友だち想い・社員さん想い・家族想い」そういうところです。

「え、そんなにいいやつじゃないし」「私、完ぺきな人じゃないし」と思うかもしれません。私だって、全く持って完ぺきじゃないし失敗だらけ、欠点・弱点だらけです。

大谷選手もそうですよ^^

3つ目の「でも、完ぺきじゃない」について。

大谷選手といえど、完ぺきじゃありません。ピッチャーとしてマウンドに上がれば、打たれる日もある。負ける日もある。バッターとしても打てる日もあれば、打てない日もある。数年前は肘(でしたっけ?)のケガで手術もされています。

完ぺきじゃないんです。

完ぺきだったら、ファンは応援しなくていいんです。

ここ、とってもとっても大事です。

「完ぺきだったら、応援しなくても完ぺき。見届けなくてもいい」んです。完ぺきで結果が分かっているなら、見なくたってよくなります。完ぺきで1点の弱みもなければ、応援しなくたって、結果が出ます。

ファンの居場所って「応援することで、その人の目指していることを後押しする」点にあります。

完ぺきだったら応援しなくたっていい。

完ぺきじゃないから応援しがいがある。

とっても大事です。

お店に置き換えれば、

  • 店主さんの失敗談
  • 店主さんの苦手なもの
  • おっちょこちょいエピソード
  • 趣味での苦手や失敗談
  • 志・目標を阻むもの
  • 競合店の出現
  • 環境変化による商売の難しさ

このあたりでしょうか。

「自分の失敗談」や「自分の弱点」についてはあまり語りたくないかもしれません。でも、それが見えないとお客さまは本当の意味で「ファン=応援してくれる人」にはなってくれない。

ここ、とっても大事ですよっ^^

最後の「知人同士であーだこーだ語れる」について。

大谷選手のニュースを見ながら「打った!」「すごいね!」「あぁ…今日はダメだったか」「大谷選手って、○○何だってん」なんてだれかと語り合える。盛り上がる。

共通の話題になれるから「話す回数=頭に浮かぶ回数」が増えます。頭に浮かぶ回数が増えれば、自然と好意が生まれます(ザイオンス効果という心理効果です)。ファン化が促進されますよね。

お店に置き換えても実現したいことは同じです。

「お客さまの頭に浮かぶ回数」を増やす。できるなら「口コミをしてほしい」ですね。それ以外にも「SNSで繋がっていて見るたびに思い出す」ことや「お店の前を通るたびに、思い出す」ことも大切。頭に浮かぶたびに「店主さん、今日もがんばってるなぁ」なんて思ってもらえたら、素晴らしいです。

いかがでしたでしょうか?

大谷翔平選手にファンが多い理由から、お店でも応用できる点を挙げてみました。

「私は、これをしたい!」
「私は、こういうことを発信しなきゃ」

と言うことが見つかりましたでしょうか?

ぜひ見つけて下さいね^^

YouTubeでも解説しました!

今日もお読み頂きありがとうございました。

お客さま想いのお店・店主さんのファンが増えること、願って応援します。

 

まきやより

▼あなたのファンを増やす販促ツール、お作りします

販促ツールで伝わる化