好きでは伝わらない。好きすぎるから伝わる(ファン作り)

伝え方, ファンづくり

ファンを増やす時には、店主さんの人がらを感じてもらうことが大切です。そのヒントにして頂ければ幸いです。

こんにちは(*´ω`*) パンが大好きで「炭水化物摂るならパンで摂りたい」まきやでございます。お米もラーメンもパスタもうどんも大好きですが、パンがやっぱり好きで(たまに食べるお米はものすごー-く美味しいです)。

 

お客さまにファンになって頂く時のキモは「お客さまに感情移入してもらうこと」にあります。ちょびっと気持ちを入れて頂けることですね。そのために店主さんから表現できる要素としては5つあります。今回は、このうちの「好き」の伝え方について。

▼YouTubeで解説いたしました(4分ほど、見られる環境ならこちらが分かりやすいです)

ここからはYoutubeを見られない方のために、ポイントだけかいつまんで。

 

「好き」では伝わらない「好きすぎる」から伝わる。3つの伝え方。

  • 1 大量の証拠(数/費やした時間)…「これまでに300個食べた」「200個のコレクションがあります」「22年ずっと追いかけてます」など
  • 2 深み/高み追及…「トーストし直すのは3分よりも4分の方が舌触りがよくて」「全体じゃなくて、この部分が好きで好きで」
  • 3 犠牲を払っても(お金/時間/友情)…「早起きして、新幹線に乗って買ってきました」「友だちからの誘いを断ってでも、こちらを優先」など

参考になりますでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます!

まきやより

 

▼あなたのファンを増やす販促ツール、お作りします