プロフィールに読みごたえを加えてみては?

お仕事用のプロフィール、お持ちですか?

お店の経営者さんだと、あまり作っていないかもしれません。

これからは「何を売るか」よりも「誰から買うか」がだいじになると思います。商品やサービスでの競争だと、お客さまの周りには選択肢がたくさんありますから。(ご新規来店も大変だし、リピートも大変)

「誰から買うか」はだいじ。「この人から買いたい」と思って頂けたら
商品の比較競争から抜け出せます(親しみを持って頂けたら、リピート確率も高まる)

お店の経営者さんでも、プロフィールは作っておいてHPなどに掲載しておくことをおススメ致します。


今日はプロフィールについて。さらに踏み込んだアイデアを。

通常はプロフィールって、読んで【面白いものではない】と思うんです。

興味を持った相手のプロフィールを読んでさらに信頼を高めるための物なので、そもそも「面白い読み物」としては作っていないことが多いです。だから、興味を持った相手じゃないとプロフィールはなかなか読みません。

そこで、読み物としても読み応えのある(できたら面白く)ものにできないかという発想。

『ドラマチックプロフィール』なるものを作ってみました。今の自分を作るうえで、印象的だった体験をドラマチックに物語形式にするもの。※お客さまに持ってもらいたい印象から逆算してエピソードは選びます。

読み応えのあるお話がついていたら、経歴や趣味などの情報羅列以上に【親しみ】を持ってもらえると思うのです。

テスト的に、私自身のドラマチックプロフィールを作ってみました。

気になれば読んでやってください。800文字程度なので、2分ほどで読めるかと思います。※興味わかなければ、読み飛ばしてください。

——-

「お前のレモンサワーがうまいんだよ」

20代前半のころ、私が定食屋さんで店長見習いとして働いていた時の話です。黒い革ジャン・黒いサングラスのおじさんがよく来店下さっていました。

口数は少なく、席に着くと「レモンサワー」と注文を下さいます。決まって「濃いめ」と付け加えて。

印象的なお客さまなので、すぐにお顔を覚えました。ご来店の度に「レモンサワー」とご注文下さいます。私の方から「濃いめですね」と言うことはなく、お客さまが「濃いめ」と言ってくれるのを聞いてからお作りをしていました。「お作り」とは言ったものの、そんなに上品なものではありません。定食屋さんですから。

そして、ある時言われたのです。

↓続きはこちら(私の異動が決まった後、感激で)

眞喜屋実行のプロフィール「お前のレモンサワーがうまいんだよ」

—–

いかがでしょうか?試みはうまくいったでしょうか?

少しでも「まきやってこういうやつんなんだ」と人間を感じて頂けたら、私の試みは成功です。

これからは、お店の経営者さんでもプロフィールは作っておいた方がいい。

プロフィールには読み応えのあるストーリーを添える。

ぜひ、やってみてくださいね。

「作ってみたいけど、自分じゃ書けないよー-」という方も多いと思います。

そういう場合はプロに任せるのも手ですが

が、

一度は自分で書いてみるのがおすすめです(うまく書けなくたっていいんです)。書いてみると意外な発見があることも♪

—-

いかがでしたでしょうか?今日の記事、参考になりましたでしょうか?(参考になっていて欲しいっ!)

読んで頂きありがとうございました。今日も明日もお客さまと心通わせて大繁盛していきましょう^^応援しています!

まきやより

文章で伝わる化:商品の価値や温かみが伝わるようサポート(店長・社長の右手)