店内でファンづくり!ミニミニ新聞のススメ 

30%OFFになっていたミニトマトを買ったら、やたら美味しくて感動したんです。もしかしたら、食べごろギリギリの品は「3割引き」より「今日が美味しさの頂点!1割増し」でもいいかも。値引きって商品の自身も奪っちゃいますもん。「オレ、3割引きなんだぁ」って。美味しかったので、ボクはしあわせです(*´ω`*)

こんにちは。気になる研究家のまきやです。これからの個人店が生き抜くには「お客さまに好きになってもらう」ことがすごくすごく大事だと考えてるんです。

「好き」

安いとか便利ではなく、好き。「好き」がだいじです。

競合店は多いし、オンライン化は進むし、便利で安いお店もたくさんあるし。お客さまに選んで頂くには「好き」がだいじ。どうでしょうか?(ボク、間違ってますかねぇ…)

そのための販促策を一つ、提案させてください(本当は「販促よりもファン促」と言いたい)広告をしなくてもいい。今、来店下さっているお客さまに今より少しずつ「好き」になってもらう策です。


店内限定!ミニミニ新聞

店内だけでしか読めないミニ新聞を発行するんです。ニュースレターの店内版です。いわゆるニュースレターは顧客に郵送するので、費用がそれなりにかかります(切手代・印刷代・発送までの手間とか)。ニュースレターのように、お客さまのご自宅でも読めるわけではないのですが、店内で「好き」になって頂くには活きると思います(目的が少し違います)。

特にコロナ禍の今、「お1人さまでの来店」が増えていたり、お客さま同士でワイワイ談笑しづらかったりするでしょう。そんな時に、役立てる策にもなりそうです。

▼現物のイメージ画像です。

これはA6サイズです(ほぼハガキサイズ)。かなりミニサイズでいいと思います。文章が多いと「読む負担」がかかりますから。文章が少なく「30秒で読めそう」くらいがいいと思う。

作ったミニミニ新聞は、POPスタンドに挟んで各テーブルに設置します(写真のものは100円ショップで買ったA6サイズのもの)

お客さまの目の前にあれば、料理の待ち時間に読めますでしょう?お客さま同士の会話が止まった時にも、助けになるでしょう? スマホを見たり、こういうグッズは不要な方はいると思います。

でも!

でも!!

でも!!!

目の前にあれば、読むお客さまは必ずいます

——–

ミニミニ新聞の内容は主にこのようなものです。

■メイン記事
・料理のこだわり
・素材のこだわり
・調理工程のこだわり
・他、お店のこだわり

読むと「お店への信頼性」が高まる内容をメインに。

キャッチフレーズはお客さまの興味を引くように、工夫したいところです。

■サブ記事(下記の内から2-3つ)

・人柄が伝わる、店長やスタッフさんのひとり言
・4コママンガ(見本は2コマ)
・こだわりクイズ(正解発表は翌月に)
・スタッフ紹介
・お客さまの声紹介
・お客さまにアイデア募集
・他、お店からの案内 など

サブ記事の狙いは「好きになってもらう」ことです。
(↑超だいじ)

そのために、店主さんやスタッフさんの人がらが伝わるコーナーを設けましょう。

4コマなどの「イラスト」は、「読む勢い」がつきます。目を引きますしね、こうしたツールには有効です。クイズもいいと思うんですよ。「正解発表を来月号」に持ち越せば、お客さまには「ちょっと気になる」要素が残ります。「どうしても知らないと気が済まない」とまではいかないと思いますけど「ちょっと気になる」で十分です。

結果として、お客さまの「気になる存在」になり、少しずつ「好き」になって頂き「何度も来店」して頂けるようになる。こうなることが最終ゴールです。少しずつ少しずつです。

店内でお客さまが触れる情報が「商品や料理だけ」よりも、こうした情報がある方が「好き」の可能性が高まるはず。


作るのは、ちょっと手間がかかります。

ボクがサンプルで作ったものは、パソコンで作りましたが手書きしたものをコピーしてもOKです。店内用なので、多くても20部くらいでしょう。手書きしたものをコピーするのも現実的ですよね!?手間がかかる分、実際にやる人は多くないと思います。だからこそ、やることに価値があると思うんですよね。やり続けたお店が、最後に笑える策だと思うんです。

どう思います?

 

————————

いかがでしょうか?
少しでも参考になりましたでしょうか?

2021年、生き抜きましょう!

まきやより。

 

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

チラシやパンフ、販促物で「好き」になってもらうには?具体策です

販促物をお客さまにお渡しする目的って色々あると思います。多くは「販売」が促進されることでしょう。でも、今回の事例はちょっと違います。

「好き」になってもらえないか?

と考えて構成をしています。結果的にそれが業績にも結び付くという判断があるからなんですが。

今リニューアルをお任せいただいている販促グッズは、小金井市で設備業(給湯器設置や水回りの修繕等)を行っている福田設備さま。施工後にお客さまにお渡しする保証書です。今後、お客さまにお困りごとがあったら色々な施工を依頼頂ければありがたいので、保証書でありながらそれを促すグッズです。だから表紙は保証書で、それ以降はサービス紹介のページになっています。

↓表紙はこんな風にリニューアル中です(まだ確定はしていません)。

まず「保証書」という切り口がすごいなーと思いました。これはボクが考えたことじゃなくて福田さまが作っていた切り口です。保証書にすれば保管されやすいですもの。捨てづらいです。それをさらに効果的にリニューアルするのがボクの役目です。ぼくはデザイナーではなく企画屋ですので、デザイン視点ではなく企画視点でアレコレ考えます。

いろいろとお話を伺いながら、やっぱり「好き」になってもらうのがいいと感じました。お客さまに福田さまのことをより好きになってもらうこと。それが次回の依頼にもつながりそうだなぁと。

だから、この販促グッズ(保証書)の狙いはこうしました。

●保管されること
●サービス内容を知って頂くこと(ページをめくってもらうこと)
●記憶に残ること
好きになってもらうこと(感情移入してもらうこと、安心してもらうこと)

このあたりの狙いが達成できれば、お客さまがいざというときに思い出して頂き、依頼頂けると考えました。そして業種的には、お客さまのご自宅に入らせてもらう商売なので、好き・安心感は大事だろうと。もちろん福田さまの人がらがステキで優しい雰囲気なことが土台にあるんですが、それをもっと感じて頂く構成にしようと考えました。ですのでこの記事では「好きになってもらう」ためのしかけだけ紹介いたしますね。


人がらエピソードを4コマ化した理由

「好き」になってもらうには、人がらを知って頂くのはめちゃめちゃ効果的です。そして人がらを知って頂くのに、家族とのエピソードはまためちゃめちゃ効果的です。とくにお子さんがいる場合はお子さんとのエピソードはめちゃめちゃ効果的です。あとできたら「ちょっとドジ」なエピソードがいいです。楽しく読めるから。

そんな狙いで福田さまにご家族とのエピソードをあげてもらって、それを4コマのストーリーにしてました。文字よりも4コマの方が読みやすいですから(原案はボク、イラストはイラストレーターさんに依頼してます)。すごく素敵な仕上がりになりました☆

このエピソードはお仕事とは全く関係ありませんが、人柄があふれています。福田さまに会った後にこの4コマを読めばきっと「やっぱり福田さんていい人だなぁ」って思うと思うんです。ぼくもそう思えるエピソードでした。(お仕事のスゴさを伝えるページは別途作ります)

そしてこの4コマをどう使うか。これがミソです。


4コマをバラバラにするのは

実は、上の4コマまんがは1コマずつバラバラにして使います。

こちらは表紙です。右下に1コマ目を入れました。「ふくだ家4コマ 娘は成長が早い①」としています。続きがあるんだな」と想像する1コマ目です。続きがありそうだと感じるとどうなるか?

続きを読んでくれますよね。だから、1コマずつ各ページに配置することにしました。4コマは2本あるので合計8コマあります。これを各ページの同じ位置(右下)に配置をしていきます。

そうしたら全ページをめくってくれる可能性が高まりますでしょう?(各ページのサービス紹介は細かく読まないかもしれません。それは仕方ない面があります。だって困っていない時に読むページでもないので。まずは「いったんでも開く・めくる経験」をしてもらうことを優先しました)。

そして最終的に、こうなることを狙っています。

全ページをめくる経験をしてもらうこと

●読んだ結果、人がらを感じて好きになってもらうこと

達成できそうでしょうか?

できると思っています。

まだ表紙と目次ページに取り掛かったところですので、完成はもう少し先になります。

 

販促物って、その目的や利用場面によって狙いが変わります。狙いが変われば構成も変わります。狙いを持って作りこみたいですね。

参考になれば嬉しいです。

■参考:福田設備さま

https://fukudasetubi.tokyo/  https://suidouya.tokyo/company/

■参考:販促物の企画やリニューアル・しかけ演出の相談はこちら 

↓お店の販促に役立つ販促記事をお届けします!ぜひお友だち追加してやって下さい(●´ω`●)※登録するとすぐ「販促・裏のしかけ17選」プレゼント中!

友だち追加

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき


https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

▼目を引く!ヘンなCM動画つくれます(日本全国オンライン対応)