中田の公式!? 中田敦彦さんのYouTube大学から発見した「中田の公式」がスゴかった!

ついに発見!中田の公式!

芸人オリエンタルラジオの中田敦彦さんが運営するYouTube大学がスゴイ!というのは、もはやおじさん達にはかなり浸透しているみたいです。先週から合った方々に「YouTube大学がすごいんですよ!」と興奮して言うと…もう知ってる方が多くって(ぼくが遅かったんですね)。

↓この動画をみてから本棚の「孫子」本を読み返し始めました。

 

知ったのは遅くても、中田敦彦さんのプレゼン術や手法の分析は先んじたい。だって、短期間でこうも大人気になったのには必ず理由があるから。7つの理由を分析して2日。お風呂に入る前にハッと気づきました。8つ目の理由を。これがスゴイ!中田の公式と名付けておきます(勝手にです)。YouTubeだけでなくブログやSNS、その他コンテンツの強度を高めるための公式となると思います。こんな公式を使っていたとは…中田敦彦恐るべしです。


コンテンツ強度を高める公式

もったいぶらずに言います。中田敦彦さんが使っている(であろう)コンテンツ強度を上げる公式を。この公式に沿って作っているから注目度が上がるし、ある一定のところにある沸点を超えているから拡散されているのだと思います。

その公式は、

①何を × ②だれが × ③どのように

です。このかけ算の合計値が大きいほどコンテンツ強度が上がります。

①何を:どんなテーマを扱うか。

どのテーマを扱うかで人の興味具合は大きく変わります。中田敦彦さんが取り扱っているのは「歴史(日本史・世界史・偉人)」「文学(有名な小説・小説家)」「経済(有名社長・未来のテクノロジー)」「政治・社会問題」など。決して「はなくその上手なほじり方」とか「新しいお菓子食べてみた」とかではない。この違いがだいじ。きっと中田敦彦さんは意識してテーマを選別しています。

おそらくテーマ選びのポイントは3つ。

1)来年も再来年も、おそらく風化していないテーマ。だから「新商品食べてみた」とかは扱わない。

2)多くの人が知っているテーマ。だから趣味が絞られるテーマは扱っていない(おそらく今のところは)。教養分野が多いですね。新聞でも扱われる分野かな。

3)多くの人が「知らない劣等感」を感じやすいテーマ。これがテーマ選びで大事なところだと感じました。「太宰治のこと」「孫子のこと」「5Gのこと」「ブロックチェーンのこと」など聞いたことはあるけど詳しくは知らない。教養として知っていた方がいいとは思うけど、なかなか本格的に勉強する機会がない。そういうテーマが多いです。平たく言うと、周りが知ってる感じの時に「おれも…知ってるけど…」って知ったかぶりをしちゃいがちなテーマ。だから、それを分かりやすく楽しく解説してくれる中田敦彦さんはぼくらの救世主になるんです。

この3つをひと言でまとめるとこうです。

大いなるテーマを扱え!

中田さんはきっとテーマ選びは大事にしてきたと思う。特に初めのころは。すでにチャンネル登録者数が増えて「聞く耳・見る目」を持っている人が多いので、今後はテーマが広がるような気もする。勝手な予想ですけどね。

 

②だれが:発信者はだれか。

「何を言うかよりも、誰が言うか」とも言われるし発信者は大事。その点中田敦彦さんは有名人。知名度抜群です。とはいっても知名度が高いだけでは、人は大事な時間を割いて聞いてくれない。

1)知名度はどの程度か。知らない人の話よりも知っている人の話の方が聞く耳を持つのが普通ですよね。中田敦彦さんは抜群です。

2)初速でどれだけアプローチできるか。要はフォロワーがどれだけいるか。SNS等で直接のフォロワーがいなくても、発信者を注目している人が要ればいいと思われる。どんなにいいコンテンツも見てくれる人がいないと始まらないから。

3)発信者としての信頼度はあるか。これ、だいじっすわ。中田敦彦さんは慶応大学卒業で学歴が高い。クイズ番組も得意そう(そんなイメージないですか?)。何よりめっちゃ勉強している感がYouTube大学の動画からもあふれ出しています。

中田敦彦さんは、発信者としての要素を持っています。一般人のぼくらにはなかなかかなわない部分もある。有名人になったのも実力なんだから、それを大いに生かしています。さすがですわ。

 

③どのように:伝え方

中田敦彦さんの真骨頂!難しいことも、分かりやすく、面白く、惹きつけて伝えてくれる。伝え方は、前回の記事「子どもも大人も惹きつける7つの理由を発見した」を見てやってください。項目だけまとめておきますね。

1:ビジュアルづくりが秀逸だ!
2:まくらで心を掴んでくる!
3:小芝居をいれてくる!
4:ストーリーを語ってくる!
5:問いかけてきやがる!
6:他の知識をつなげてくる!
7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

この7つはプレゼン・話し方・文章での伝え方にも盗める内容です。ぜひ盗みましょう!


公式で分かる!中田敦彦さんに差をつけられている訳!

コンテンツ強度を高める公式は「何を × だれが × どのように」でした。たとえば、ぼくらのような小市民が何かコンテンツを作る場合、こんな感じになります

■何を:がんばってカレー作ってみた! → どーでもいいから0.3とする

■だれが:小市民 → 無名だから0.3とする

■どのように:普通の説明 → 特にインパクトも盛り上がりもないから0.3とする

とりあえず「普通の人が、普通のテーマを、普通に伝えた」場合は「0.3×0.3×0.3=0.027」です。ちっせぇ!!

中田敦彦さんに置き換えてみます。

■何を:20分でだいたいわかる夏目漱石 → 知りたい内容だからとする

■だれが:中田敦彦 → 有名人だからとする

■どのように:ワクワクする伝え方 → 聞き入っちゃうから2とする

2×2×2=8」です。もう何倍?大きな差ですわ。まぁ、ここでの数字はぼくが勝手につけたものですけど、概念的にはこういうこと。圧倒的に差をつけられています。ぼくらは「だれが」を急に育てることはできないですが、「何を」のテーマ設定はすぐできる。「どのように」も工夫次第で伸ばせそうですよね。頑張らなきゃ。


おそらく、どこかに拡散の沸点がある。

上の公式の点数は勝手につけたものですけど、きっとどこかに沸点があるはず。その数字を超えると拡散が始まる沸点が。たぶんある。中田敦彦さんのYouTube大学は、それを軽々と超えていったから急拡大しているんだと思います。だって、ぼく自身も見始めたのは先週なのにすでにハマっているし、いろんな方に「すごいぞ」って拡散していますもの。はい、この記事もその一つです。

 

参考になりましたでしょうか?中田の公式。

いやー、見れば見るほどスゴイです。中田敦彦さん。ほんとスゴイ。動画を見て勉強になるのは中身だけじゃないです。プレゼン方法、企画方法なども。こうした最高の教科書から盗まないなんてもったいない。いい教材からは学んで、盗んで、活かしていきましょう。

それにしてもすごいぞ中田敦彦さん。

あっちゃんかっこいいー!

※上記はすべて私見です。ご容赦ください

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「3秒で人が動くしかけテクニック」を使って、お店や中小零細企業のこだわりを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。著書6冊4.2万部【息子】長男18才、次男10才【好き】ペヤング まゆ毛が成長期。奥さんの尻にしかれてるのはわざとですっ!会員制しかけグループ:bit.ly/2WddMBW

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?

YouTube大学 (中田敦彦さん/オリエンタルラジオ) が子供も大人も惹きつけてくる!その 理由を7つ発見した!

この人は全部狙ってやってると思う。だって、

ほんとスゴイです。中田敦彦さん。ここ数日は中田敦彦さんのYouTube大学の動画をかなり見ました。おそらく1週間で20時間分くらいは見たんじゃないかと思います。41歳のおじさん(ぼく)は魅了されています(ぼくの周りのおじさんたちも見ています)。大人を惹きつけているんです。いや、狙って惹き付けに来てるんですよ。中田敦彦は!つまらない内容でも面白く換えてしまう技がある。それをここで暴こうと思います。

【中田敦彦さんの動画に惹きつけられる7つの理由】
1:ビジュアルづくりが秀逸だ!
2:まくらで心を掴んでくる!
3:小芝居をいれてくる!
4:ストーリーを語ってくる!
5:問いかけてきやがる!
6:他の知識をつなげてくる!
7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

おじさんだけじゃない!次男(10)と食事に行ったときに話したんです。「これからくそツマラナイ授業があると思う。歴史とか国語とかさ。そしたらとりあえず1回YouTube大学見ときな。だいたい分かるから授業が楽ちんになるから」って。そしたらその晩に「ねぇ父ちゃん。さっきのYouTubeなんだっけ」って言ってきたんです。そして資産運用の動画を見始めてました。資産運用の動画ですよ!!さすがに難しいと思って「つまらなかったら変えなよ」って言ったんですけど、前編だけじゃなく後編までじっと見てました。さらに翌日「お金のプロは、手数料で儲けるんだよね」って言ってきました。予備知識ゼロの10歳児をも惹きつけている。間違いなく狙って惹き付けに来ている中田敦彦さんの作戦通りでしょう。


すごい……でも、正直悔しい。

ぼく自身、魅了されている一人です。でも悔しいじゃないですか!中田さんがYouTubeを始めたのは最近だと思います。それなのに一気に並み居るYouTuberをごぼう抜きしているところでしょう。今チャンネル登録者数が見えなくなっているのは、きっと見せるとやっかみが出るからじゃないかとも勘繰ってしまいます(他の芸能人YouTuberから?)。

だって、中田さんのYouTube大学はこれまでの先生系(教える系)YouTuberのレベルを数段引き上げてしまいましたもの(他のYouTuberの比較対象が中田敦彦になってしまったという辛い現実)。圧倒的、人気になるのは必然。ほんとスゴイ。でも…悔しいじゃん。一瞬でどうしてそこまで持って行けたのか…。絶対に、狙ってやってきている。絶対に戦略をもってやってきている。それは間違いない!だからそれを暴きたいわけです。

そこで暴きました。中田敦彦さんのYouTube大学が人気になった理由を7つ。ただし中田さんの才能やセンスを理由にするとぼくらは何も生かせないので、ぼくらが活かせる部分に絞って勝手に解説していきます。「惹きつけられる7つの理由」を解説しますが、その根本は抽象化の自由自在度です。それも合わせて読んでやってください。きっとYouTubeで動画をアップする人だけでなく、「何か伝える時」に役立つはずです。だってあっちゃんすごいんですもの。


「渋沢栄一」を解説した動画を基に、7つの理由を解説

あらためて7つの理由を挙げてから、教材動画を掲載しますね。

【中田敦彦さんの動画に惹きつけられる7つの理由】
1:ビジュアルづくりが秀逸だ!
2:まくらで心を掴んでくる!
3:小芝居をいれてくる!
4:ストーリーを語ってくる!
5:問いかけてきやがる!
6:他の知識をつなげてくる!
7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

今回は渋沢栄一さんを取り上げた界の動画を参考にしてみましょう。他のどの動画も素晴らしいんですが、渋沢栄一さんの動画を取り上げた方がいいなと(ぼくが)思ったので。ぜひこの動画を一通り見てみてください(続きも見たくなると思いますけど、それはこのブログ記事を最後まで読んだあとにしてくださいね^^)。


1:ビジュアルづくりが秀逸だ!

もう1つ目からすごいですよ。やってきてます中田敦彦は。ビジュアルづくりで「差別化」と「圧倒」をしてきます。まずひと目でわかるのは「スーツ&ネクタイ姿」ですね。差別化です。多くのYouTuberはカジュアルな服装です。でも中田さんはスーツでバシッと決めてる。これだけで他との違いが1秒目から生まれます。

また特徴的なのは手書きのホワイトボードです。ホワイトボード自体は珍しくはありません。でもここまでびっしりと書いてあるのはスゴイ。圧倒的です。めっちゃ勉強した感があふれてます。見た目で圧倒するポイントを作ってきてるんです。ぼくらを圧倒しに来てるんです。

そしてテロップや編集効果も特徴的かなと。テロップは少なめです。必要最小限でしょうか。おそらく意図的にそうしているんだと思います。今ちゃんと編集しているYouTuberさんはテロップだらけだし、「間」をバンバンカットしています。でも中田さんはそれをしていない。「リアルな中田敦彦」をそのまま映しています。これも差別化なんだろうと思う。おそらくですけど「テロップを見せる」のではなく「中田の声を聞かせる」ためにそうしているんじゃないかと思うんですよ。※冒頭だけテロップを入れてくるのもニクイですわ!

2:まくらで心を掴んでくる!

うまいんだまた。話の入り方が。いきなり本題には入りません(ぼくらのようなしゃべりの素人はいきなり本題に入っちゃう)。まずは「この動画を最後まで見るべき理由」を作ります。動画のテーマがぼくらの身近でなくても、身近なキーワードを放り込んできてますでしょ?「一万円」とか「さかなくん」とか「深谷ネギ」とか「江戸末期」とか。知ってるキーワードがあるとぼくらは安心します。そしてその冒頭のまくらの中で、最後まで見たくなるようにしてきやがるんですよ。中田敦彦は。

3:小芝居をいれてくる!

芸人の能力をフル活用しているところかもしれない。でも素人だって下手なりにできるポイントでもあります。グイグイと入れてきます。小芝居を。上の動画の4:16~を見てみて下さいな。おじいちゃんとのエピソードです。

「栄一、そろそろ行ってこい」「おじいちゃん、ぼくと腕試しをしないかい?」

こんなセリフが入ってきます。渋沢栄一とおじいちゃんになり切った小芝居です。これが非常に多い。だから見ている側は見やすいし楽しい。「中田さんあんたその場面を見てたんか!」って言いたくなるほどリアリティをもった小芝居をしてきやがります。渋沢栄一の動画だけじゃない、ほとんどの動画でこうした小芝居が大量に挟まります。これは芸人ならではの技かもしれないけど、間違いないくミソですよ。登場人物の「セリフ」をしゃべる。セリフがあるってことは、誰かとコミュニケーションをしている場面だから「2人の会話をしゃべる」。ひとり言ではなく2人の会話。これがポイントのはず。中田敦彦はそれをバシバシ入れてきますよ。ほんとすごい。

この技術も掘り下げると「抽象化→具体化」の技術だと思う。場面を抽象的に切り取って、中田さんの小芝居というフィルターにかけて具体化している。すごいですよ。

4:ストーリーを語ってくる!

3の小芝居と若干似てるんですけど、ちょっと違うんです。登場人物の心情の変化・感情の動きを描写してくるんです。

動画の9分40秒くらいからは「討幕の志士だった」→「真逆の人生を歩みます」とストーリーをひと言を行ったと思えば、「焼き討ちやめろって」と感情をもった話しをしてきます(これは渋沢栄一の話じゃないけど)。辛い場面・悔しい場面・怒りがこみ上げる場面をしっかりと描写してきます(いろんな動画をぜひ見て下さい!すごいから)。感情と状況を掛け合わせたストーリーが語りは中田さんの真骨頂かもしれない。

5:問いかけてきやがる!

これはぼくら素人でも取り入れやすいポイント。リアルに目の前に相手がいれば「どうですか?」「どう思いますか?」と問いかけやすいですけど、YouTube動画になると問いかけって忘れがち。でも中田敦彦はやってくるんですよ。だから見ているこちらがまた「自分ごと」にさせられます。撮影時はオンラインサロンのメンバーが観客としているようです。それがまたリアリティを作っているのかもしれないですね。冒頭では「皆さん思ったと思います。だれですか?と」とか、4分半くらいでは「こんなことあります?ないですよね」とか。問いかけもバンバン仕掛けてきます。だからぼくらは釘付けになっちゃう。しかけてくるぜ中田敦彦!

6:他の知識をつなげてくる!

動画の途中では「孔子」とか「論語」とかが登場してきます。「坂元龍馬の時もやったじゃないですか」とか他の知識をいくつか入れてきてます。こうした他の知識との交流ってのは他の動画でも多くやられているんです。「ギリシャ神話のこのエピソード、日本の古事記と似てない?」とか。そうすると見ているぼくらの理解が深まっていきます。知識って単体ではなく他の知識とつながってこそ固まりますからね。中田敦彦は敢えて狙ってやってきていると思いますよ。

これを毎回のようにできるのは抽象思考が自由自在だからだと思う。具体的な事実を見るだけでなく、その構造や状況を抽象的に理解している。だから似たような場面とつなげることができるんです。中田敦彦すごいぞ!

7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

これが面白い!中田敦彦はこのフレーズをホント多用する。他の動画でも多用する。だからぼくら視聴者はのめり込む。面白いと思ってしまう。仮につまらない内容でも面白く思えてしまうそのフレーズは…

「これが面白い!」

です。「これが面白い!」といって次の話につなげることが多いんですよ。見ている側の興味を引きます。「次に話すことは面白いんだ」って思えるんですよ。このフレーズは実は中田敦彦動画の中で、かなり大きな部分を占めていると個人的には思っています。これがすごいし、これを多用している中田敦彦が面白い!


ここまでが中田敦彦さんのYouTube大学動画に惹き付けられてしまう7つの理由です(暴ききれたかな?)。どれも中田敦彦さんが狙って仕掛けてきていることだと思う。7つは具体的にしたけれど、この中心にあるのはやっぱり「抽象化→具体化」を自由自在に操れる技術課と思います。ぼくらには到底マネできないすごさもあるけど、上の7つはやろうと思えば取り組めること(レベルの差はあれ)。ぼくも意識していくし、あなたの参考にもなればうれしいです。

それにしてもオリエンタルラジオの中田敦彦さんすごいっす。

あっちゃんかっこいい!

※上記はすべて私見です。ご容赦ください

 

■書いた人:しかけ制作士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「価値のめざまし」をテーマにして、中小零細企業のこだわりや、伝えたいメッセージを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。しかけ技術(人が自動的に動く技術)を効果的に使うと「押し付けを惹きつけ」に換えられます。ぜひしかけ技術を使ってください^^

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?

行動心理。見てほしいなら、見せない方がいい。動画解説

こんにちは。3秒販促マンのマッキーヤです。

ポップやチラシに書かれた「こだわりとか特徴とか」知ってほしいし見てほしいですよね。でも「見てみて!」って見せようとしない方がいいかもしれません。だって…

見てほしい部分があれば、大っぴらに見せるよりも「ちょっと隠す」ことが有効かもしれません。人は隠されたところの中が覗きたいものですから。

■書いた人:3秒販促マン・コンテンツ企画屋・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「情報過多の時代でも見たくなる広告や販促物」や「人が自動的に動く3秒販促」の技術を駆使してます。オモシロいことしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^

友だち追加