2020
10.29

「この考え方で実践すれば、絶対に売り上げるじゃん!」と確信した本。

伝え方, ブログ, 書き方

※できたら最後まで読んで欲しいです。その理由は最後の1行に書きました。
 
 
「こんな方法があったのかっ!」
「この考え方で実践すれば、絶対に売り上げるじゃん!」
 
読んだ店主さんの「9割」がこう確信するんじゃないかと思うほどの本でした。
(9割はボクの感覚値ですけど、誇張ではありません)
 
 
読めば、焦ると思います。
「どうしてこれをしてこなかったんだ」って
 
読めば、悔しくなると思います。
「これまで安売りで新規集客してて、大損していた」って
 
 
 
読み終える前から「早く、早く始めなきゃ」って
そわそわするし、背中に汗を感じるんですが、
 
本の後半に差し掛かったあたりから
ボクは少しだけ落ち着きました。
むしろ「ニヤリ」としていました。
 
 
気づいたからです。
 
 
 
「でもー」って、
できない理由を作る人も多いだろうなって。
 
「でもー」って
やらない人も多いだろうなって。
 
 
「安売りしないで価値観を伝える」という
考え方には考え方には共感できても、
具体的な手法を実践するにはハードルがあるからです。
(だからいい!)
 
 
本の185ページまで読むと分かるんですけど、
実は、この本に書かれた方法を日本全国のお店が実践したら
効果は落ちます。
 
 
ほとんどのお店がやらないからこそ
確実性高く「業績を伸ばす」ことができる。
 
そういう確信ができたからこそ
落ち着いて最後まで読み切れました。
(読み終えた後はやることが増えましたよ)
 
 
だからこの本は
「うちの業界は特殊だから」
「ネットの時代だからネットだけがんばる」
「今はSNSでバズらせることがすべて」
 
と思っている方は読まなくていいと思います。
(と言ったら著者の高田さんに怒られるかな…)
 
あと「楽して一気に売上アップ」を狙う方も
読まない方がいいと思う。合わないから。
 
 
お客さまに愛情を注いで注いで、
着実に、着実に伸ばしていきたい方には
めちゃくちゃ素晴らしい本との出会いになると確信しています。
 
 
 
 
 
この本のタイトルですが、
———–
最初から「100回客」を集める方法(高田靖久 著)
———–
 
です。
 
ボクの紹介文(この文章です)では、本書の具体的な内容を
たった「1行」しか書いていませんが、
本書の中身は、めちゃめちゃ具体的です。ご安心ください(*´ω`*)
 
 
 
 
という高田さんの新刊はAmazonキャンペーン中です。
 
▼10月29日・30日限定
↑特典が高田さんらしいんです。量よりも質を大事にしている。「ココだけ」感がすごくて。
 
 
 
 
 
そうそう。
あのアインシュタイン博士が
「人類最大の発明は、複利」と言ったそうです。
 
この本を読みながら
ボクはこの言葉を思い出しましたよ。
 
 
 
ちなみに、この本の具体的な手法は
店舗ビジネス向けになっています。
 
だから店舗ビジネスをされている方は
本書に書かれたとおりに実践すればOKです。
 
ボクが「ニヤリ」としたのは
店舗ビジネスじゃなくても、考え方がめっちゃ生きる!
と超絶確信したからです。
 
ボク自身の情報発信の方法を変える
大きな指針になっててくれています。
 
 
 
という高田さんの新刊はAmazonキャンペーン中です。
 
▼10月29日・30日限定
 
 
※最後までお読みいただきありがとうございました。実はこの文章には「気になるしかけ」を3つ埋め込んだんです。序盤・中盤・終盤に1つずつ。気づきましたか?タネ明かしは明日しますね(忘れないようにしなきゃ)。

 


■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

●現場販促の増強剤!「気になる!」を作りませんか「キニナール」は全国対応