おしゃれな キャッチコピー なのに残念なの?(殿!昨対超えでござる!第5話)

キャッチフレーズ, 伝え方, 殿昨対越えでござる

キャッチコピーでカッコつけていませんか?

 

【プチ解説】

キャッチコピーで失敗すると、どんなにいい商品を作ったとしても、どんなにいいチラシを作ったとしてもお客さまに購入頂けません。せっかくのいい品が台無しになってしまいます(とっても哀しいです)。キャッチコピーの役割は「読み手に、次を読みたくなる気もち」になってもらうことだと考えると、残念なコピーは本当に残念です。

黄色い小冊子「POSTING48下巻」の37項目目には「残念な見出し」として3つのパターンがあげられています。

1:カッコつけ、おしゃれパターン

2:胡散臭いパターン

3:社名・商品名アピールパターン

こんなキャッチコピー・見出しを付けていたら要注意ですよっ!

 

お客さまに届くいいキャッチコピーを考えるのは大事ですが、その前に「残念なコピー」も知っておいた方が失敗が減りそうですね!

 

↓もっと詳しく知りたい方は、この小冊子を無料でお受け取りください(・´з`・) クリックすると安心の詳しいページが開きます。

↓この記事に近い「殿まんが」は、

チラシは目を引けばいいってもんじゃない!どんな写真を見せるべきか?

↓殿を、もっと見てくださいますか?

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

小さな会社がネット上で差をつける!オンライン時代にキャラ戦略が強力っ!

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter