成果を出すのに大事なのは「がんばる」ことではない。「成果が出る」ように取り組むことだ。

こんにちは!個人店専門スマホの中の広告代理店・3秒販促マンのマッキーヤです。

「成果を出すのに大事なのはがんばることではない。成果が出るように取り組むことだ」

最近、ぼほ毎朝ジョギングをしてるんですが、こんな言葉が頭の中をめぐっています。思い当たる節はありませんか?「がんばってはいるけど、報われない」って。それは「成果が出ること」は「がんばる」の延長線上にはないからです。

「そんなことは分かってるよ!」って思いますよね。ぼくもです。でも、ふと気づくと「目の前のことにがんば」って時間と心を割いていることがあります。それ自体はもちろん悪いことではないと思っています。目の前のお客さまのためにがんばること、喜んでもらえるようにがんばることはとても尊いことだと思います。

ただ、「成果」という観点では違うかもしれません。この記事は自分自身の戒めのためにも、自分自身に言い聞かせるためにも書いています。もし思い当たる節がある方は、一緒に気を引き締めましょう。

 

●毎日忙しいけど、売上や利益は伸びない

●がんばってブログを書いている。でもお客さまには読んでもらえない。

●がんばって書いたブログを読んでくれる人がいる。でも来店・依頼にはつながっていない。

●SNSでの情報発信を頑張っている。楽しい。でも来店・依頼にはつながっていない。

●がんばった結果、来店くださったお客さまが喜んでくれた。でも買ってはくれなかった。

●たくさん売れた。でも何個売れても儲からない商品だった。

●買ってくれたお客さまが大満足してくれた。でもそれから2度と来てくれない。

●ヒットメニューができた。でも手間がすごくかかるから限定数しか提供できない。

●新規の集客はできる。でも、毎回新規・新規・新規…で継続する仕組みがない。毎日不安

●自慢の商品・こだわりの品を持っているけれど、うまく表現できずに利用されない

●お客さまも満足してくれるけど、友だちに紹介しやすい言葉が見つからない

●すごい技術を持っている自信はあるけど、それがいい商品のカタチになっていない

●実は別の客層に向けて販売したら売れるし利益出るのに…やらない・気づかない

●お客さまの文脈に合わせずに、売ろうとしているから、売れない

●少しの広告費をかけることをためらって、ブログで頑張ろうとして、新しいお客さまに届かない

●少しの制作費をかけることをためらって、自分で作った販促物がしょぼい

●利益の安定する仕組みができていない

●毎日がんばってはいるけれど、この先に願う未来があるのか見えない

●「がんばっていれば報われる」と信じていたけど、それは思い込みだった。

 

どうでしょうか? ズキッとする項目はありましたでしょうか? ぼくはズキズキズキズキしておりますよ。「成果が出やすい取り組み方」「成果が出やすい場」「成果が出やすい頑張りドコロ・考えどころ」ってあります。逆にどんなに頑張っても成果が出ないところもあります。

では、どうしていきましょう?

それを考えていくのが経営者の仕事ですね^^

 

■書いた人:個人店専門スマホの中の広告代理店・3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

↓「がんばる」から「成果の出る取り組み」に換えるお手伝い、できると思います。


 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。