【書き方】商品を売るキャッチコピー 人間味を添えるキャッチコピー

2種類のキャッチコピー、あなたはどちらがお好みでしょうか?

こんにちは「チョココロネはお尻から見るとかわいい♪」と気づいたまきやです。

2種類のキャッチコピーをお見せします。商品はどちらも「お刺身の盛り合わせ」です。内容は同じでも書き方を変えると、印象はだいぶ違いませんか?

▼YouTubeが分かりやすいです(3分ちょっとです)

ここからはYouTubeを見られない方のために、ポイントをかいつまんでお伝えします。

下記二つのキャッチコピーでは、どちらの方が「人間味」を感じますでしょうか?

実際にはお店の雰囲気や温度感に合わせて調整する必要がありますが、人間味を添えた方が「好き」と思ってもらえる可能性が高まります。お客さまの気もちが動く時は、お店側の人の気もちの動きを感じた時ですから。

 

〔書き方のコツ〕

しゃべり言葉を書いたり、作り手の気もちや願いを書く

 

参考になりましたでしょうか?(なっててほしいっ!)お客さまに何度も来店していただくために、参考になっていたら嬉しいです。

読んで頂きありがとうございました。今日も明日もお客さまと心通わせて大繁盛していきましょう^^
応援しています!

まきやより

▼「文章を書くのは苦手…」でしたら、遠慮なくご相談下さいませっ

文章を書くのが苦手でも大丈夫! 代わりに書きます!販促ツールも作ります!作り手の心が通じる書き方で/店長・社長の右手