メキシコ料理店のリピート率を高めるには?効果高まる3策(リピート頻度を高める具体策)

「あのお客さま、満足してくれたはずなのに、どうして来てくれないんだろう?」というお悩みはないでしょうか?

例えばメキシコ料理店は、日本では一般的には利用頻度が高くない業態になると思います(そうじゃない方も一定数いると思いますが)。とはいえ、お店からすれば何度も利用して頂きたいものです。そのための具体策を3つご紹介します。※他業態でも使える考え方です。

 

リピート率を高める切り口

1:好きになってもらう(料理<人)

2:記憶に残る(語れるように)

3:もう一度来店する 具体的な理由づくり

▼YouTubeで解説しました(2倍速で再生すると、4分ちょっとです)

ここからはYouTubeを見られない方のためにかいつまんで解説しますね。

1:好きになってもらう(料理<人)

お客さまの感情は商品には入りづらいです。自分の体験かお店のスタッフさんに感情移入するもの。だから店主さんやスタッフさんに感情移入してもらえるキャッチフレーズを加えてみましょう。「○○産の素材を使った●●です」と言われても感情は入りません。「シェフの山本が寝ずに考えた」「ママが3日かけて仕込んだ」と言われたら感情移入しちゃいません?

 

2:記憶に残る(語れるように)

記憶に残ることはとても大切。そして「人にも語れるような記憶」にしてもらえるとさらに効果が高まります。そのためには「ホントだ!」と実感してもらう伝え方をしましょう。ひと工夫必要ですが、お客さまが「ホントだ!」と実感してくれたら、自分の記憶に残るだけでなく知人にも語れるようになりますよ。口コミもしやすくなります。語れる言葉を残す。大事な視点です。

 

3:もう一度来店する 具体的な理由づくり

お帰りの際に「次回使えるクーポン券」をお渡ししている場合のみ。お店から一方的に渡すのはやめましょう。お客さまの意志で選んで頂くことが大切です。お客さまが自分の意志で選べば、クーポン券の価値は高まります。捨てられる可能性は大きく減るはず!

 


いかがでしたか?

「おいしい」と言って頂けたら嬉しいけれど、商売としては足りません。もう一度来店して頂ける仕掛けを盛り込んでいきましょう^^参考になっていたら嬉しいです。

3秒で伝わるしかけ師 まきやより

▼リピート率を高めたくなったら、オファー下さい

ほぼ100%販促効果を高める!3秒トリック術(あなた専用プロデュース/日本全国)