2種類のお煎餅を衝動買いした理由よりも、

北鎌倉のあたりを歩いていたとき、通りすがりのお煎餅やさんを通り過ぎられなくなったんです。いったんは通り過ぎようと思って、やっぱり立ち止まって、2枚のお煎餅を購入しました。

こんにちは。3秒販促マンのマッキーヤです。お煎餅を衝動買いしちゃったんですけど、その理由を分析したら他の商売でも生かせそうだなって思ったのと、買ったときのおじさんの言葉がまたグッときちゃったんですよ。

この2枚のお煎餅を買いました。

●5度づけ

●10度づけ

のお煎餅です。タレをつけて焼いて、乾いてからまたタレをつけて焼いて…って繰り返したお煎餅のようです。気になっちゃいました。試さずにはいれれなくなりました。買いました。2種類とも。(3度づけもあったんですけど、5度と10度を購入)

何で買ったのかな?と自分なりに分析。これって衝動買いの理由ですから。

●圧倒的な手間商品 … 5度10度もタレにつけるって手間がかかっていると感じます。

●比較できる商品ラインナップ … 食べて比較したくなります。

●ここしかない感  … ここで買わないと二度と出会えない感じがしました。

●お手頃価格・お手頃サイズ …1枚150-210円だったと思う。10枚セットとかならたぶん買ってなかったです。一人で歩いていたし。

●SNSネタになる感 … インパクトのある商品なのでSNSネタにもあげられそうな感じが(実際投稿しましたし)。

この辺りが、ぼくが今回衝動買いした理由です(もしかすると深層にはもっとあるかもしれないけど)。すべてがそろってこその衝動買いだったと思います。

あとですね、このお煎餅をもってお会計に行ったときのおじさんの言葉も印象的だったんです。

 

「10度づけ、大丈夫?」って。

 

「だいぶしょっぱいよ」って。ちょいとビビりますよね。商品の期待が高まる表現でした。より味わっちゃう表現ということです。衝動買いのポイントはカンタンにはマネっできないかもしれませんが、「お客さまがより丁寧に味わっちゃうひと言説明」は工夫次第でできることが多いですよ。

「どんな点を気にして味わってほしいか?」を決めてから、そうなるようなひと言を考える。そんな順番です。あなたの商品は、どこをじっくりを味わってほしいですか?

 

■書いた人:くだらない企画をつくる3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、オモシロい販促をしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^


Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。