【動画】「分かりやすい伝え方」は不要な場面がある。キャッチフレーズや商品の紹介で

2019年5月25日

こんにちは!個人店のステキさを伝えるだいべん士・マッキーヤです。

「分かりやすく」伝えよう・表現しようとしちゃっていませんか?
それは商品やサービスのステキさを伝えたい時によくやる間違いの一つだと思っています。分かりやすいこと自体はとってもいいことです。でも、お客さまに「買ってほしい」時には分かりやすさは一番ではありません。

↓具体的な事例で解説しました。お急ぎでしたら2倍速などで見てみてください!

「分かりやすい伝え方」よりも大事なのは「欲しくなる伝え方」だと考えています。お客さまが「買いたい」という気持ちを想定して、逆算してそうなるような情報や体験を提供する、こちらの方が有効だと考えています。実際にぼくはそうしています(忘れない限りは…)。

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

↓個人店の筋書き販促プロジェクト、始めませんか?:あなたのPOPやリーフレット動画で生解説!

 

Please follow and like us: