ブログを書くよりも、動画が短時間!?

2019年5月26日

こんにちは!個人店のステキさを伝える筋書き販促マン・マッキーヤです。

最近気づいたことなんですけどね、「ブログを書く時間」よりも「動画を撮ってYouTubeにアップする時間」の方が短いかもしれないんです。内容にもよるし凝り具合にもよるんですけどね。「動画をやりたいけど時間がかかる」と思っている個人店のオーナーさんや個人事業主さん、フリーランスの方に役立てばうれしいっす!(あくまでもぼくの現時点のやりかたですからねーー)

ぼく、こうしたブログ記事を書いたりメルマガの記事を書くのって30-90分くらいかかります。実は今朝もう1本ブログ記事を書いたんですが20分で終わらぞって初めて結局45分かかっていました…。このブログはシンプルにしようと20分目標です。

最近改めてYouTubeに動画投稿をしているんですが、割と時間をかけないでできるようになってきました。昨日は3本の動画を撮ってYouTubeにアップするまででトータルで2時間くらいです。アップロード時間とかあるのでその間に別の仕事もしていますから、作業時間は正味90分くらいかなーと。すると1本あたり30分の計算になります。割と短いなって思ったんです。


凝るよりもスピード・発信優先の動画にしました

↑こちらは昨日撮ってアップロードした動画の一つです。5分ちょっとの動画です。

見て頂くと分かるかもしれません。「質」をだいぶ諦めています。本当なら「質」にはこだわった方がいいはずです。明るさとか照明とか、音声とかマイクとか、騒音対策とか効果音とか、話が詰まったときのカット編集とか、撮影角度とか、構成の練りこみ具合とか、ロケとか、現物の準備とかいろいろあると思います。

昨年の秋に「動画をやるぞ!」って立ち上がって、その時はマイクをつけたり照明をつけたりといろいろ工夫をし始めたんですが…やるほどに負担が増える…「動画を撮るぞ!」っていう負担が非常に大きくなってやらなくなっちゃったんです…。

「質にこだわって、数が減るなら(なくなるなら)、質をあきらめても数を作れる方がいい」と考えることにしました。ですので、見る方には多少不便をかけてしまうんですが、音声にはトラックが走る音とか隣で工事をしている音ととか(今工事中なんですよ…ぼくの事務所の向いが)が入っています…。申し訳ないなーとか思うんですが、それで発信がなくなるよりもいいかと、そう思うことにしました。そうしたら「動画を撮る」ことへの心理的な負担が減ったんです。シンプルな作りではありますが発信できるようになりました(続くかどうかは、これからの手ごたえ次第になるかも)。

ちなみに、動画のアップロードはこんな工程です。

1:テーマを決める

2:話の内容をざっと決める(細かな構成は決めてません)

3:カメラをセットする(スマホと三脚です

4:撮影する(原則一発撮り、2-7分くらい)

5:サムネイルを作る(ひな型に文字を入れるだけ)

6:パソコンに取り込む

7:動画の冒頭とサイトにスライドを差し込む編集(たまに不要部分をカットする)

8:動画の完成

9:YouTubeにアップロード

10:YouTubeに情報を入力(タイトルと説明文、タグ付けなど)

 

書き出すとわりと工程があるんですね…この記事を書いて分かりました。

ということはですね…「1つの動画」だと負担を感じる。複数を同時に撮ると負担が減る!ということかもしれないです!昨日は3本いっぺんに撮りましたし、その前も複数本とりました。その方がいいんだ!ブログは1記事ずつ書いていくけど、動画はいっぺんにいくつも撮ることで負担がへる!1本あたりの時間が短くなる!ということだと思いまする。

あくまでもぼくの現時点のやり方です。悪しからず。

参考になりますでしょうか?

なっていたらしあわせです^^

※このブログ記事もやっぱり30分かかりましたーー^^遅いのかな、ぼく…。

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok


Please follow and like us: