YouTube大学 (中田敦彦さん/オリエンタルラジオ) が子供も大人も惹きつけてくる!その 理由を7つ発見した!

この人は全部狙ってやってると思う。だって、

ほんとスゴイです。中田敦彦さん。ここ数日は中田敦彦さんのYouTube大学の動画をかなり見ました。おそらく1週間で20時間分くらいは見たんじゃないかと思います。41歳のおじさん(ぼく)は魅了されています(ぼくの周りのおじさんたちも見ています)。大人を惹きつけているんです。いや、狙って惹き付けに来てるんですよ。中田敦彦は!つまらない内容でも面白く換えてしまう技がある。それをここで暴こうと思います。

【中田敦彦さんの動画に惹きつけられる7つの理由】
1:ビジュアルづくりが秀逸だ!
2:まくらで心を掴んでくる!
3:小芝居をいれてくる!
4:ストーリーを語ってくる!
5:問いかけてきやがる!
6:他の知識をつなげてくる!
7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

おじさんだけじゃない!次男(10)と食事に行ったときに話したんです。「これからくそツマラナイ授業があると思う。歴史とか国語とかさ。そしたらとりあえず1回YouTube大学見ときな。だいたい分かるから授業が楽ちんになるから」って。そしたらその晩に「ねぇ父ちゃん。さっきのYouTubeなんだっけ」って言ってきたんです。そして資産運用の動画を見始めてました。資産運用の動画ですよ!!さすがに難しいと思って「つまらなかったら変えなよ」って言ったんですけど、前編だけじゃなく後編までじっと見てました。さらに翌日「お金のプロは、手数料で儲けるんだよね」って言ってきました。予備知識ゼロの10歳児をも惹きつけている。間違いなく狙って惹き付けに来ている中田敦彦さんの作戦通りでしょう。


すごい……でも、正直悔しい。

ぼく自身、魅了されている一人です。でも悔しいじゃないですか!中田さんがYouTubeを始めたのは最近だと思います。それなのに一気に並み居るYouTuberをごぼう抜きしているところでしょう。今チャンネル登録者数が見えなくなっているのは、きっと見せるとやっかみが出るからじゃないかとも勘繰ってしまいます(他の芸能人YouTuberから?)。

だって、中田さんのYouTube大学はこれまでの先生系(教える系)YouTuberのレベルを数段引き上げてしまいましたもの(他のYouTuberの比較対象が中田敦彦になってしまったという辛い現実)。圧倒的、人気になるのは必然。ほんとスゴイ。でも…悔しいじゃん。一瞬でどうしてそこまで持って行けたのか…。絶対に、狙ってやってきている。絶対に戦略をもってやってきている。それは間違いない!だからそれを暴きたいわけです。

そこで暴きました。中田敦彦さんのYouTube大学が人気になった理由を7つ。ただし中田さんの才能やセンスを理由にするとぼくらは何も生かせないので、ぼくらが活かせる部分に絞って勝手に解説していきます。「惹きつけられる7つの理由」を解説しますが、その根本は抽象化の自由自在度です。それも合わせて読んでやってください。きっとYouTubeで動画をアップする人だけでなく、「何か伝える時」に役立つはずです。だってあっちゃんすごいんですもの。


「渋沢栄一」を解説した動画を基に、7つの理由を解説

あらためて7つの理由を挙げてから、教材動画を掲載しますね。

【中田敦彦さんの動画に惹きつけられる7つの理由】
1:ビジュアルづくりが秀逸だ!
2:まくらで心を掴んでくる!
3:小芝居をいれてくる!
4:ストーリーを語ってくる!
5:問いかけてきやがる!
6:他の知識をつなげてくる!
7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

今回は渋沢栄一さんを取り上げた界の動画を参考にしてみましょう。他のどの動画も素晴らしいんですが、渋沢栄一さんの動画を取り上げた方がいいなと(ぼくが)思ったので。ぜひこの動画を一通り見てみてください(続きも見たくなると思いますけど、それはこのブログ記事を最後まで読んだあとにしてくださいね^^)。


1:ビジュアルづくりが秀逸だ!

もう1つ目からすごいですよ。やってきてます中田敦彦は。ビジュアルづくりで「差別化」と「圧倒」をしてきます。まずひと目でわかるのは「スーツ&ネクタイ姿」ですね。差別化です。多くのYouTuberはカジュアルな服装です。でも中田さんはスーツでバシッと決めてる。これだけで他との違いが1秒目から生まれます。

また特徴的なのは手書きのホワイトボードです。ホワイトボード自体は珍しくはありません。でもここまでびっしりと書いてあるのはスゴイ。圧倒的です。めっちゃ勉強した感があふれてます。見た目で圧倒するポイントを作ってきてるんです。ぼくらを圧倒しに来てるんです。

そしてテロップや編集効果も特徴的かなと。テロップは少なめです。必要最小限でしょうか。おそらく意図的にそうしているんだと思います。今ちゃんと編集しているYouTuberさんはテロップだらけだし、「間」をバンバンカットしています。でも中田さんはそれをしていない。「リアルな中田敦彦」をそのまま映しています。これも差別化なんだろうと思う。おそらくですけど「テロップを見せる」のではなく「中田の声を聞かせる」ためにそうしているんじゃないかと思うんですよ。※冒頭だけテロップを入れてくるのもニクイですわ!

2:まくらで心を掴んでくる!

うまいんだまた。話の入り方が。いきなり本題には入りません(ぼくらのようなしゃべりの素人はいきなり本題に入っちゃう)。まずは「この動画を最後まで見るべき理由」を作ります。動画のテーマがぼくらの身近でなくても、身近なキーワードを放り込んできてますでしょ?「一万円」とか「さかなくん」とか「深谷ネギ」とか「江戸末期」とか。知ってるキーワードがあるとぼくらは安心します。そしてその冒頭のまくらの中で、最後まで見たくなるようにしてきやがるんですよ。中田敦彦は。

3:小芝居をいれてくる!

芸人の能力をフル活用しているところかもしれない。でも素人だって下手なりにできるポイントでもあります。グイグイと入れてきます。小芝居を。上の動画の4:16~を見てみて下さいな。おじいちゃんとのエピソードです。

「栄一、そろそろ行ってこい」「おじいちゃん、ぼくと腕試しをしないかい?」

こんなセリフが入ってきます。渋沢栄一とおじいちゃんになり切った小芝居です。これが非常に多い。だから見ている側は見やすいし楽しい。「中田さんあんたその場面を見てたんか!」って言いたくなるほどリアリティをもった小芝居をしてきやがります。渋沢栄一の動画だけじゃない、ほとんどの動画でこうした小芝居が大量に挟まります。これは芸人ならではの技かもしれないけど、間違いないくミソですよ。登場人物の「セリフ」をしゃべる。セリフがあるってことは、誰かとコミュニケーションをしている場面だから「2人の会話をしゃべる」。ひとり言ではなく2人の会話。これがポイントのはず。中田敦彦はそれをバシバシ入れてきますよ。ほんとすごい。

この技術も掘り下げると「抽象化→具体化」の技術だと思う。場面を抽象的に切り取って、中田さんの小芝居というフィルターにかけて具体化している。すごいですよ。

4:ストーリーを語ってくる!

3の小芝居と若干似てるんですけど、ちょっと違うんです。登場人物の心情の変化・感情の動きを描写してくるんです。

動画の9分40秒くらいからは「討幕の志士だった」→「真逆の人生を歩みます」とストーリーをひと言を行ったと思えば、「焼き討ちやめろって」と感情をもった話しをしてきます(これは渋沢栄一の話じゃないけど)。辛い場面・悔しい場面・怒りがこみ上げる場面をしっかりと描写してきます(いろんな動画をぜひ見て下さい!すごいから)。感情と状況を掛け合わせたストーリーが語りは中田さんの真骨頂かもしれない。

5:問いかけてきやがる!

これはぼくら素人でも取り入れやすいポイント。リアルに目の前に相手がいれば「どうですか?」「どう思いますか?」と問いかけやすいですけど、YouTube動画になると問いかけって忘れがち。でも中田敦彦はやってくるんですよ。だから見ているこちらがまた「自分ごと」にさせられます。撮影時はオンラインサロンのメンバーが観客としているようです。それがまたリアリティを作っているのかもしれないですね。冒頭では「皆さん思ったと思います。だれですか?と」とか、4分半くらいでは「こんなことあります?ないですよね」とか。問いかけもバンバン仕掛けてきます。だからぼくらは釘付けになっちゃう。しかけてくるぜ中田敦彦!

6:他の知識をつなげてくる!

動画の途中では「孔子」とか「論語」とかが登場してきます。「坂元龍馬の時もやったじゃないですか」とか他の知識をいくつか入れてきてます。こうした他の知識との交流ってのは他の動画でも多くやられているんです。「ギリシャ神話のこのエピソード、日本の古事記と似てない?」とか。そうすると見ているぼくらの理解が深まっていきます。知識って単体ではなく他の知識とつながってこそ固まりますからね。中田敦彦は敢えて狙ってやってきていると思いますよ。

これを毎回のようにできるのは抽象思考が自由自在だからだと思う。具体的な事実を見るだけでなく、その構造や状況を抽象的に理解している。だから似たような場面とつなげることができるんです。中田敦彦すごいぞ!

7:極めつけ。この惹きこむフレーズを多用してくる!

これが面白い!中田敦彦はこのフレーズをホント多用する。他の動画でも多用する。だからぼくら視聴者はのめり込む。面白いと思ってしまう。仮につまらない内容でも面白く思えてしまうそのフレーズは…

「これが面白い!」

です。「これが面白い!」といって次の話につなげることが多いんですよ。見ている側の興味を引きます。「次に話すことは面白いんだ」って思えるんですよ。このフレーズは実は中田敦彦動画の中で、かなり大きな部分を占めていると個人的には思っています。これがすごいし、これを多用している中田敦彦が面白い!


ここまでが中田敦彦さんのYouTube大学動画に惹き付けられてしまう7つの理由です(暴ききれたかな?)。どれも中田敦彦さんが狙って仕掛けてきていることだと思う。7つは具体的にしたけれど、この中心にあるのはやっぱり「抽象化→具体化」を自由自在に操れる技術課と思います。ぼくらには到底マネできないすごさもあるけど、上の7つはやろうと思えば取り組めること(レベルの差はあれ)。ぼくも意識していくし、あなたの参考にもなればうれしいです。

それにしてもオリエンタルラジオの中田敦彦さんすごいっす。

あっちゃんかっこいい!

※上記はすべて私見です。ご容赦ください

 

■書いた人:しかけ制作士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「価値のめざまし」をテーマにして、中小零細企業のこだわりや、伝えたいメッセージを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。しかけ技術(人が自動的に動く技術)を効果的に使うと「押し付けを惹きつけ」に換えられます。ぜひしかけ技術を使ってください^^

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?

動画の競争が激化してる!だから逃げてみた。こっち側に。

「競争は大変だ。できるなら競争せずに勝ちたい」

と考えました。ぼくは。元々ぼくは競争が好きな方だと思っていました。スポーツとか試合とか対戦とか好きだし。学生時代は「負けず嫌い」という体で自分を見せていました。でも自分の本性はそうでもないなーという事にもうすうす気づいていました。無理してそういう自分を作っているって。ぼくは人と同じ土俵で競争をして勝ちたい人間ではないんです。「人とは別のことをして、あいつオモシロいことやってるな」って目立ちたい人間なんです。競争で勝ちたいんじゃなくって、競争せずに好きな方とご一緒したい。そんな感じっす(だから変な方ばっかり進んでブレイクしてない…)。動画もそうです。


動画の競争が激化してる!明らかに!

もう明らかです。YouTubeに取り組む人が増えた。タレントさんでも増えているし、ぼくの周りにも増えた。勧める人も増えた。明らかに増えたんです。通信環境とか撮影や編集環境が一般化したんでしょうね。数年前に比べて明らかに増えました。

取り組み人が増えた結果でしょう。環境が整った結果でしょう。大変なことが起きています。

「クオリティが上がった」

のですよ。明らかに。YouTubeではサムネイルに工夫するし。最初の15秒を工夫するし、それからタイトルが入るし、テロップがカッコよく入るし、効果音が入るし、無駄な間がカットされているし。アップされている動画のクオリティが上がっているんです。それはもう明らかに。「1本の動画にかける時間・手間も増えている」ということです。

やっぱりクオリティは重要視されると思う。これからは間違いなく。だって見る側の人はクオリティ高い動画に慣れていくんですから。一定基準に満たない動画は、どんなに内容が良くても見られないもしくは「古いね」と思われながら見られます。たぶんね。


競争を避ける!逃げる!自分の土俵で勝負!

ぶっちゃけ、ぼくは今の流れの編集クオリティにはついていけなくなりました。自分がしゃべった撮った動画を見直して・カットして・テロップをつけてって苦手なんです…(得意な人にお願いするのはアリだなー)。だから今たくさんの方が取り組んでいる方向についていこうと頑張るのはやめたくって。勝てないから。

だから、逃げました。

だから、避けました。今の競争から。

ぼくの得意な方でやってみようと思いました。

人とは違う形でやってみようと思いました。

↓こんな形式です(これは「行間力」という表現方法を解説する動画)。

ぼくがこの1年やってきた「おてもとチャカ動画」の方法で、販促ノウハウやコツを動画解説できないかなと模索を始めたものです。これはお客さま用のプロモーション動画を作ってきた方法です。それをノウハウ解説動画にも使って行こうと。ぼくの得意分野で、ぼくが大好きな方法で、ほとんどの人が手を出せない形式です。ほぼほぼ競争がない形式だと思っています。

ただし、競争を避けられたとしてもうまくいく保証はないのは分かっています。この形式にもメリットとデメリットがあります。ぼくが考えているのはこんな感じです。

【メリット】 【デメリット】
・競争がほぼない

無音でも伝わる形式

短時間で済む

・他にやっている人がいないから市場がない

・顔や声を出していないから、人柄が伝わらない

・見る人が、自ら考えないと理解しづらい(見る方の受け身だと伝わりづらい)

「無音性」や「短時間制」は時代に合ってると思うんですが、人柄が伝わらないとかは仕事につながりづらいなーという大きなデメリットかなとも思っています。他にもメリットデメリットあると思いますが、ひとまずこんな感じ。しばらく続けてみないと分からないので、まずは10本20本くらい作ってみようと思っています。手ごたえがつかめるといいなー。


戦略って「戦いを省略」することらしい。

よく本に出てきます。「戦略とは、戦いを省略すること」だって。ライバルと戦わずして勝てたら最高っす(勝つのはライバルにではないです。自分の実現したいことに対してですね)。競争が激しい中で、ライバルと同じ土俵で同じ物差しで競争をするのは大変です。だから競争を避けて別の土俵・別の物差しで勝負する。この考え方は間違っていないはず。

 

「競争はいつ避ける?」「きょう、そうする!」

 

ただし、その新しい土俵・新しい物差しにお客さまが目を向けてくれるかどうか。これはまた別問題です。見てもらえるよう試行錯誤していかねば。

 

 

ということで、ぼくがYouTube動画の作り方をズラしてみた話でした。動画だけの話ではないですよ。参考になる部分があればうれしいです――。

 

■書いた人:3秒販促マン・コンテンツ企画屋・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「情報過多の時代でも見たくなる広告や販促物」や「人が自動的に動く3秒販促」の技術を駆使してます。オモシロいことしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?

友だち追加


 

 

 

整骨院・接骨院の集患方法、2019夏はYouTubeにタグ付けを(動画)

こんにちは!個人店のステキさを伝える3秒販促マンのマッキーヤです。

整骨院さん・接骨院さんと銘打っていますが、他の業種でも当てはまる内容です。YouTube動画にタグ付けすることで検索の上位表示されるという内容です。状況によっても変化していきますが、現在2019年6月ではうまくいく可能性が高いようです(地域差などはある)

↓こちらは実際に起きた事例の補足情報(弊社の事例記事)です。

接骨院・整骨院さんの集患に。上位表示された動画は症状ごとに分けていた!

 

あくまでも「現時点で有効なテクニック」でしかありません。今後の保証はありませんし、競合が増えればもちろん埋もれる可能性もあります。そもそもこれは見つけてもらうためのテクニックです。お客さま・患者さまによっていいご商売をされている方に活用頂きたいなと思っています。

■書いた人:個人店専門スマホの中の広告代理店・3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

▼整体院・接骨院・整体院専用の事例動画を制作しています(他業種もご相談ください♪)

 

 

ブログを書くよりも、動画が短時間!?

こんにちは!個人店のステキさを伝える筋書き販促マン・マッキーヤです。

最近気づいたことなんですけどね、「ブログを書く時間」よりも「動画を撮ってYouTubeにアップする時間」の方が短いかもしれないんです。内容にもよるし凝り具合にもよるんですけどね。「動画をやりたいけど時間がかかる」と思っている個人店のオーナーさんや個人事業主さん、フリーランスの方に役立てばうれしいっす!(あくまでもぼくの現時点のやりかたですからねーー)

ぼく、こうしたブログ記事を書いたりメルマガの記事を書くのって30-90分くらいかかります。実は今朝もう1本ブログ記事を書いたんですが20分で終わらぞって初めて結局45分かかっていました…。このブログはシンプルにしようと20分目標です。

最近改めてYouTubeに動画投稿をしているんですが、割と時間をかけないでできるようになってきました。昨日は3本の動画を撮ってYouTubeにアップするまででトータルで2時間くらいです。アップロード時間とかあるのでその間に別の仕事もしていますから、作業時間は正味90分くらいかなーと。すると1本あたり30分の計算になります。割と短いなって思ったんです。


凝るよりもスピード・発信優先の動画にしました

↑こちらは昨日撮ってアップロードした動画の一つです。5分ちょっとの動画です。

見て頂くと分かるかもしれません。「質」をだいぶ諦めています。本当なら「質」にはこだわった方がいいはずです。明るさとか照明とか、音声とかマイクとか、騒音対策とか効果音とか、話が詰まったときのカット編集とか、撮影角度とか、構成の練りこみ具合とか、ロケとか、現物の準備とかいろいろあると思います。

昨年の秋に「動画をやるぞ!」って立ち上がって、その時はマイクをつけたり照明をつけたりといろいろ工夫をし始めたんですが…やるほどに負担が増える…「動画を撮るぞ!」っていう負担が非常に大きくなってやらなくなっちゃったんです…。

「質にこだわって、数が減るなら(なくなるなら)、質をあきらめても数を作れる方がいい」と考えることにしました。ですので、見る方には多少不便をかけてしまうんですが、音声にはトラックが走る音とか隣で工事をしている音ととか(今工事中なんですよ…ぼくの事務所の向いが)が入っています…。申し訳ないなーとか思うんですが、それで発信がなくなるよりもいいかと、そう思うことにしました。そうしたら「動画を撮る」ことへの心理的な負担が減ったんです。シンプルな作りではありますが発信できるようになりました(続くかどうかは、これからの手ごたえ次第になるかも)。

ちなみに、動画のアップロードはこんな工程です。

1:テーマを決める

2:話の内容をざっと決める(細かな構成は決めてません)

3:カメラをセットする(スマホと三脚です

4:撮影する(原則一発撮り、2-7分くらい)

5:サムネイルを作る(ひな型に文字を入れるだけ)

6:パソコンに取り込む

7:動画の冒頭とサイトにスライドを差し込む編集(たまに不要部分をカットする)

8:動画の完成

9:YouTubeにアップロード

10:YouTubeに情報を入力(タイトルと説明文、タグ付けなど)

 

書き出すとわりと工程があるんですね…この記事を書いて分かりました。

ということはですね…「1つの動画」だと負担を感じる。複数を同時に撮ると負担が減る!ということかもしれないです!昨日は3本いっぺんに撮りましたし、その前も複数本とりました。その方がいいんだ!ブログは1記事ずつ書いていくけど、動画はいっぺんにいくつも撮ることで負担がへる!1本あたりの時間が短くなる!ということだと思いまする。

あくまでもぼくの現時点のやり方です。悪しからず。

参考になりますでしょうか?

なっていたらしあわせです^^

※このブログ記事もやっぱり30分かかりましたーー^^遅いのかな、ぼく…。

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok