2020
07.24

【美容室×店販】何回もおすすめしても買ってくれなかったお客さまが、買ってくれた動画の使い方

美容室, 理容室, 動画, 目立つ, 接客, 店頭販促

今朝は4:03に起きました。目覚まし時計よりも前、だいぶ早いです。次男が、鼻血が出てごそごそしていたので目覚めたんです。次男も「早起きできた」って喜んでゲームを始めていました(●´ω`●)で、そんな朝に嬉しいメールが届きました。「今まで何回もプッシュしてもなかなか購入に至らなかったお客様が購入してくれました」と。5月に動画を作らせてもらった美容室さんなんですが、その使い方がステキでして。ボクが当初想定していた使い方ではなくてそれで成果が出たのは嬉しくって。その方法を紹介させて下さい。

こんにちは(●´ω`●)しかけデザイナーのまきやです。リピーターのお客さまにオプションや物販商品をおすすめしても、中々購入頂けないことがありますよね。お店としては、絶対の自信を持った商品でもお客さまには響かないこともあります。うん。お客さまを思うがあまり、お勧めした結果、強く言い過ぎて逆に嫌われてしまうのは避けたいところ。

でも、自らプッシュをしなくてもお客さまの方から興味を持ってくれたら嬉しいですよね?そんなことが実現できる方法になったようです。


具体的には何が起きたか。美容室さまで、店販商品のシャンプー&トリートメントの販売が実現しました。

●今まで何回もプッシュしてもなかなか購入に至らなかったお客さまが購入

●以前に使用していたお客さまがまた使いだしてくれた

こういうことが起きているようです。ボクも動画を制作する際にオーナーさまにじっくりとインタビューをしましたが、「お客さまに絶対に喜んでもらえる」という想いと自信が
ものすごーく感じられる商品でした。それが伝わるようにと構成をして制作して行きました(動画の中身は本題じゃないので、紹介は最後にしますね)


では、店内で一体何をしたのか?とてもシンプルです。店内のモニター画面で動画を流してくれたんです。美容室なので、お客さまは席に座って施術を受けます。正面にあるのは鏡ですが、席と席の間にはモニター画面を設置されていました。普段はテレビや保存された映像(DVDとかだったかな…)を流していたそうですが、そこで制作した販促動画を流してくれたそうです。制作した販促動画は3分ほどのモノなので、そればっかりをループ再生するとしつこくなる。以前にTV出演された時の映像も合わせたりして繰り返し流すようでした。

※お話を聞いた時点では、機械設置の試行錯誤中でしたので実際には違った形になったかもしれません。

とはいえ準備した動画が合計で2時間にもなるわけではないので、きっとお客さまは来店している際に何度か販促動画も見てくれると思うんです。その際に、気になって「このシャンプーって●●なの?」なんてお客さまとの会話が始まってたのかなぁと想像しています(ここは想像です)


まとめますね。今回のポイントはこちらです。

●自然とお客さまの視界に入る所に商品の良さが伝わる動画を設置した

●繰り返されるような状況にした

●すぐ質問できるところにオーナーさんがいた

こうした取り組みの結果、嬉しい成果が出てくれました☆(こうした連絡をいただけるのもめちゃめちゃ嬉しい!)

※もしかすると、実際のお店現場とは多少違う可能性はあります。でも、この状況を作ればうまくいいきそうでしょう?


もう一つ、動画の作り込の話も少しだけ。「売り込み動画」ではなく「良さが伝わる」ために設計した動画です。商品視点や、売り手視点で伝えるとどうしても「売り込み感」が強くなりますが、それを止めた動画形式です。第3者が語るニュース番組形式にしました。

↓実際の動画です。

↑そうそう、全編テロップに初めて挑戦した動画でした。

■ニュース番組みたいな販促動画:https://kikakuman.com/newshansoku

■舞台になったお店
・髪処美人さま(武蔵小山) https://www.ekiten.jp/shop_6261816/

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitter

 

↓CM


ニュース番組みたいな販促動画で楽しく販促しませんか?

▼飲食店や通販、ホテルなど食べ物専門。桃太郎みたいな販促動画が今までにない!?