2020
09.07

古くなったものに価値をつけて高く売る方法(割安で買って、割高で売る)【ビジネス図解】

マーケティング, 価値づくり

ビジネスチャンスの捉え方の一つになればと思ってまとめました。粗利が生まれるのは「割安で買って(付加価値を付けたりして)高く売れる」ときです。

多くの商品は「時間の経過とともに価値が下がり」ます。逆に「時間の経過とともに価値が上がる」商品が存在するのも事実です。そんなことを踏まえて、時間とともに価値が下がった商品の価値を高めて販売できれば商売になるんじゃないかという考え方です。ぼくも今勉強中なんです。

▼図解してみました。

▼動画で解説してみました(7:03秒くらいから、3つのビジネスアイデアです)

そこにストーリーを加えて販売することで価値が復活するんじゃないかというアイデアです。最近読んだ「ニューコンセプト大全」という本に「漁師さんが履き込んだジーパンが数万円」とあって、ものすごく参考にさせて頂きました!

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitterあなたと一緒に試行錯誤する人

 

↓自己紹介動画のひな型ストーリーを作りました(*´ω`*)

あなたのお店の魅力を浦島さんがレポート!?(ロケしないで制作するCM)

▼飲食店や通販、ホテルなど食べ物専門。桃太郎みたいな販促動画が今までにない!?