評判の日本酒には「語れる凄みフレーズ」が存在した。

クチコミを狙って生み出す方法, 評判を設計する

いい品なら評判が起きるかというと違います(起きてほしいですけどね)。もう一つ大切な要素があります。

こんにちは(*´ω`*)まきやです。評判を呼ぶために大切な、もう一つの要素は【語れるフレーズ】です。評判を呼ぶ際には必ず要ります。

いい品×語れるフレーズ

このかけ算がだいじなんですけど、実はこれだけでも足りません。語れるフレーズにはだいじな条件】があるんです。なんだと思いますか?評判の日本酒を題材にして迫ってみようと思います(ボクは買った消費者側ですが、評判の切り口で分析してみました)。

 


今年の2月に届いた日本酒、注文したのは3ヶ月も前でした!

すごく待ち遠しく思っていたんです。存在を知ってから、どうしても欲しくなって注文したんです。昨年の11月に。

↓この日本酒です(もしや知っていますか?)

到着したのは今年の2月。3ヶ月待ちでした。(注文ページでも当初からその記載があったので予定通りの到着でした)待っている3ヶ月の間に、この日本酒の話を何度したことか。実際に到着して画像をSNSにアップすると「知ってる!なかなか買えないやつですよね」というコメントを頂けたりしました。ついつい話したくなる、評判の日本酒なのです(ネットでも記事がたくさん出ています)。※評判のメーカーさん・酒蔵さんというのが正しいのかもしれません。

待ちに待った日本酒が到着し、せっかくなので長男の20歳の誕生日を待って、開封しました(*´ω`*)

 

とろ~り♪

ひと口目から違う!いや、ひと口目のその前、香りから違いました。日本酒とは思えない甘い香り。そしてとろ~りとした食感。「こんなの初めて!」と唸ってしまいました。

 

 

・・・どうでしょう?

ここまでで、この日本酒を飲みたくなりましたか?

おそらくですけど、「ちょっと興味はあるけどね」位じゃないかなと思うんです(全然興味ねーよ!って方も多いかも)

いい品×語れるフレーズ

だけでは弱いんです。「とろ~り」「香りが違う」「こんなの初めて」と語れる感想はありますが、これだけでは弱い。


もう少し情報を加えてみますね。こうなるとどうでしょうか?

この日本酒、ちょっと値段が高いんです。

【500mlで15,400円】でした。

高っ!っと思いました?

ボクは思いました。これでも、このメーカーさんの中では一番価格の安いものなんです。高いのは20万円くらいしていたはず(飲んでみたい…)

 

こうなると、ちょっと興味がわいてきませんか?

「どうしてそんなに高いの?」って。この理由に納得できると、印象が変わるかもしれません。

ボクが買い物をしたときに知った知識で知人に話していたのは、このようなものです。

 

「普通の日本酒ってお水で仕込むけど、この日本酒は違うんだって。

水じゃなくて、日本酒で仕込んだ日本酒なんだって。

さらに、日本酒で仕込んだ日本酒を使って仕込んだ日本酒なんだって。

そんなの飲んだことないじゃん!」

こんな感じでした。こう話すと、聞いてくれた相手も驚いてくれます。「すごっ!そんなのあるんだ!」「へぇーーっ!すごそうだね!」「飲んだ?どんな味だった?」って。こんなリアクションをしてもらえると
話をしたボクも鼻高々です♪(ボクが作ったわけじゃないのに!)

さて、先ほどの式に戻ります。

いい品×語れるフレーズ

では足りないと言いました。【語れるフレーズ】には条件があるんです。

それは

聞き手から、リアクションが見込めること

です。むちゃくちゃ大切です。相手がリアクションしてくれない話題は二度と話したくありませんから(逆に、リアクションが得られる話なら何度でもしたくなる)

「とろ~り」では弱かったけど「日本酒で仕込んだ日本酒」という納得の情報が加わると、語れるフレーズが強化されます。このように【リアクションが見込める凄み】があることが大切なんです。

式にすると

いい品×語れるフレーズ×リアクションの見込み

となります。

評判を呼ぶしかけを考える際は、お客さま同士が会話をするときに【リアクションが見込めるかどうか】を考えながら情報を伝えて下さいね!

※できるだけ、話しやすくリアクションが得られそうな言葉にしておきます

 

いかがでしたでしょうか?今日のネタ、参考になっていたら嬉しいです!

ちなみに、この日本酒の場合は【普通とは違う。普通の2倍4倍している】というのが凄みになっていました(これは語れる凄みフレーズの1パターンです)。

それにしても、この日本酒のブランドづくりや評判の設計、ものすごく勉強になりました!グッズの演出や販売方法、LPの見せ方すべて含めて。3ヶ月待ちましたけど、嬉しい体験しかなかったですもん。ホントすごいです。

▼この日本酒のメーカーさんはこちらです。はじめに見たのは百光でした。
https://sake100.com/ (他のお酒も是非とも飲んでみたい!!お仕事がんばる!)

——-

読んで頂きありがとうございました!

2021年、張り切って
商売していきましょう!

まきやより

■参考;評判づくる3要素

▼評判の呼び方(ノウハウPDF集、無料です)

評判の呼び方。確率を高める具体的な手法(PDFノウハウシート集・ダウンロード可) by株式会社はぴっく