焼き鳥屋さんのおいしさの伝え方「手打ちのこだわり」をどう伝えるか。ビフォーアフター例

キャッチフレーズ, 伝え方

おいしさ、伝えきれていますか? せっかくこだわっているなら、せっかくおいしく仕上げているなら、できる限りお客さまにも感じて頂きたいですよね。

ビフォーアフターの見本を作りました。参考になりますでしょうか?

【ある焼き鳥屋さんのこだわりです】

■ビフォー

当店の焼き鳥は、新鮮な鶏肉を使用しスタッフが毎日丁寧に手打ちしています。やわらかくてジューシーなこだわりの焼き鳥の数々は当店の自慢。こだわりの焼き鳥をぜひ一度お試し下さい。

 

おいしそうな焼き鳥屋さんですね。きっとこだわっているのだと思います。でも、もったいないです。もっとおいしさを感じる伝え方ができるはず。あなたならどう表現しますか?お店のこだわり詳細は書いていないので、想像を広げて追記して頂いても大丈夫です。

 

こちらはボクのアフターです。

■アフター

「わ、ほんとにやわらかぁ♪」

鮮度の良い朝〆め鶏の入手ルートを確保しています。焼き鳥の串は、肉のスジの向きを見極めながら職人が手打ち。だからこそ焼き上がりがチガいます! 噛んだ瞬間に分かるやわらかさ、ジュワァァと染み出る旨みをお楽しみください。

 

どうでしょうか? ビフォーと比べて頂けると嬉しいです。

「絶対にこっちがいい」とは言い切れないんですが(感じ方は人それぞれですし。お店のスタンスにもよる)、いくつか狙いをもってビフォーアフター作業をしました。

 

●狙い1:セリフをいれて臨場感を演出

●狙い2:「新鮮」を具体化して「朝〆め」と表記

●狙い3:「入手ルートを確保」として、他にはない素材感を演出

●狙い4:「肉のスジの向きを見極めて」で、職人さんの凄みを感じて頂く

●狙い5:「噛んだ瞬間に」として、リアリティをもってイメージしてもらう表現に

●狙い6:「ジュワァァ」という表記で、口の中のイメージをしてもらう

※想像を広げて書いている部分があります。実際にはお店の事実に即して作り込みましょう。

大まかにこんな感じです。読むお客さまによって感じ方は違いますが、より伝わるように工夫をしていきたいですね。参考になれば嬉しいです。

 

▼おいしさの伝え方小さなコツ100連発中です。無料でお受け取りいただけます(おいしさの伝え方ビフォーアフターサービスもあります)。

 

読んで頂きありがとうございました!

2021年、個人店は「わざわざ行くお店」にならないと生き残れない。ちゃんと伝える工夫をしていきましょうね!

 

▼評判の呼び方 もっと精度を高めたくなったら

評判の呼び方。確率を高める具体的な手法(PDFノウハウシート集・ダウンロード可) by株式会社はぴっく