【目線を集める】動きを付けられないか?

POPノウハウ, 伝え方

お客さまに商品を買って頂くにはステップがあります。最終的には「欲しい」と願って頂くことですが、その前のステップが必要。一番初めは「目線を集める」ことです。

どんなにいい品も、どんなにいいお店も、目線が集まらなければ伝わらないですよね?人が目を向けやすいものは、いくつか決まった要素があります。それを活用すると目線を集めやすいです。その要素を盛り込んだPOPがこちらです

▼美容室さん向けに作ったPOP

動いてます。
動いてます。

猫ちゃんの目が、延々と動いてます。

人って、動くものに目が向きやすいです。周りのものが止まっていれば、なおさらです。

こちらは武蔵小山にある美容室・髪処美人(かみどころびじん)さん向けにお作りしたものです。店主さんが「これだ!」と見つけたシャンプーとリンス(店販商品)が対象です。

ただし…POPだけで販売までは届きません。このPOPはステップを進める狙いで作りました。

1:目線を集める
2:見る・興味を持つ(疑問を持つ)
3:美容師さんと会話になる
4:重要性を知る
5:欲しくなる
6:購入する
7:良さを実感する

この商品の販売にはこういうステップがありますが、このうちの【1・2】に特化したものです。商品の情報をしっかりと知って頂いて購入するものなので、この狙いにしました。

食べ物など、もっと気軽に購入できるものなら【販売=購入】に寄せた狙いも可能です。

 

人には【目線が向きやすい要素】があります。でも、それを活用するだけではダメ。狙いをもって活用すると成果も出しやすいし、うまくいかなくても修正をしやすいですよ(*´ω`*)

——–

いかがでしたか?
ご商売のヒントになりましたでしょうか?

私は【商品を大切にしている商人さん】を心から応援しています!

いい品ならば、いい品以上の喜び濃度に!

いい商売しましょ!

まきやより