【ポイ捨てされない工夫】大切感を見える化せよ

販促のコツ

お客さまにお渡しする
販促物って何がありますか?

・次回使えるお得なクーポン券?
・次回キャンペーンのチラシ?
・今、おすすめしている商品の案内?
・スタンプカード?
・名刺・ショップカード?
・お土産グッズ?

いろいろあると思うんです。

せっかくお渡ししたなら
お客さまにも大切にしてほしいですよね?

もし、すぐに
ポイ捨てされていたら

イヤ!

じゃないですか?

もし、読まずに捨てられていたら

イヤ!

じゃないですか?

捨てられるのをゼロにすることはできませんが、

【保管率を上げたり】
【じっくり読む率を高める】

ことは可能です。
ちょっとした工夫で。

弊社では【9つのしかけ】を用意していますが、
今回はそのうちの1つを紹介いたしますね。

それは…

 

——

大切感を【見える化】する

——

です。

もし、あなたがお客さまの時に
お店から【商品案内のチラシ】を受け取るとします。

何百枚もあるチラシの束から
スタッフさんが1枚を手に取って
レシートと一緒に渡して来たら、

どうでしょう?

そのチラシ、
一生懸命読むでしょうか?

 

内容にもよりますけど、
「読むぞ!」という意識は
高まりづらいと思います。

では、
こんな渡し方だったらどうでしょう?

お会計をしているときに
スタッフさんが金庫のような厳重な箱をあける。

中に入っている紙を1枚そっと取り出して、
「こちら、よかったら読んでやってください」
と手渡しされる。

この方が
「ちょっと読んでみたく」なりません?

 

渡したチラシ自体は同じだとしても
見せ方・伝え方の工夫で、
お客さまが受ける印象は大きく変わります。

お店の仕組みにもよりますけど、
せっかくなら、お客さまにも大切にしてほしいもの。

それならば、
小さな工夫をしてみましょう。

大切感を【見える化】する

のです。

人って、相手が大切にしているものは
自分も大切にしやすいです。

逆もしかりです。

だから、
お店側が大切にしていることが伝われば、
お客さまも大切にしてくれやすい。

それには【見える化】が
説明不要で分かりやすいです。


先ほどのような【金庫】は一例ですし、
メニューブックを風呂敷に包んで、
提供するのも一案です。

お渡しするチラシやカードを
ポチ袋や封筒に入れておくのも一案。

また、無造作に渡すのではなく
1枚ずつ両手で持って渡すのも一案。

 

やり方はいろいろあります。
ポイントは
【大切にしていることが、見てわかる】ことです。

我々が大切にしているものだと伝われば
お客さまも大切にしてくれやすい。

ポイ捨てされる確率が下がり、
じっくり読んでくれる可能性が高まります。

お金をかけなくても
ちょっとした工夫でできることです。

ぜひチャレンジしてみて下さいね!

【question&action】——-

お客さまに、どんなグッズを
お渡ししていますか?

【大切にしている感を見える化】
するには、どんなことができそうですか?

——–

私は【商品を大切にしている商人さん】を
心から応援しています!

いい品ならば、いい品以上の喜び濃度に!
リピート記憶を残す、伝え方を!

いい商売しましょ!

まきやより