【パン屋さん】スタート!楽しいおみくじ販促!

粛々と準備を進めてきた【楽しい販促企画】がスタートしました!

おみくじ販促ですっ!パン屋さん専用で「パンくじ」として進めてきました(今後はいろんな業種に転用できるようにします)

姫路のパン屋さん「はっくるべりー」さんと一緒に文言を作り込んできたもの。手にしたお客さまには、きっと喜んでもらえるんじゃないかなと期待しています。

▼店内ではこのようにしてくれました!(POPがカワイイ♪)

【食パン+パンくじ】のセット商品として販売してもらうことになりました。発売したばかりなので、お客さまの反応はまだわかりませんが、「楽しい」という気もちは生まれると思うんです。

だって、

おみくじを引く時・開く時ってワクワクしませんか?

▼中身は本格的にしています。

「おみくじ」という形式にはこのようなアクションがセットになっています。

・開く(ドキドキする)
・読む(チラシより精読率高い)
・保管する(捨てづらいです)

記憶に残りやすく、手元にも残りやすいグッズです。その結果、リピート率(頻度)の向上や口コミも狙えます(※施術の業種では、その結果が出ています)。

 

スタート段階なので、これから試行錯誤は必要だと思いますが、お客さまにもスタッフさんにも楽しんで頂けたらいいなと願っています。

「楽しい」は合理的に仕掛ければ、最終的には売上に換わるはず。たのしみです(*´ω`*) お客さまと楽しむ企画、取り組んでみませんか?

周りのお店でも、「楽しい」を作っているところはいくつもあるはずです。ぜひ他店も参考にしてみましょう(*´ω`*)

【action】

お客さまと楽しむしかけ、他店では、どんなことをしていますか?

私は【商品を大切にしている商人さん】を心から応援しています!

いい品ならば、いい品以上の喜び濃度に!

いい商売しましょ!

まきやより

▼販促用くじ【トレビくじ】

捨てづらい販促物といえば? 楽しい販促イベントにピッタリ!トレビくじ(パン屋さん/理美容室/飲食店さまなど)

【図解】リピート&口コミサイクルづくり。値引きに頼らない!サイクルを回すほど商売繁盛する仕組みをつくれ!

【いい店どまり】になってませんか?

「あまりリピートしてもらえない」「口コミもほとんど起きない」

お客さまは満足してくれているのに、いい成果が出ていないならば【サイクル(仕組み)に欠損】があります。店舗ビジネスの【リピート&口コミサイクル】を図解しましたので、参考にしてみてください。

▼よくある「いい店どまり」の状態(図解画像)

記憶が弱く、リピートや口コミがうすーいグレーの状態です。「いい店どまり」だと、店内では、お客さまは大満足してくれるものの次に続きません。時間が経つと忘れてしまうのが大きな原因です。

◆どうしたら、記憶に残るか?(記憶に残る体験・フレーズ)

◆どうしたら、気持ちを高めてもらえるか?(気もち昂る体験、お店の想いに共感)

◆どうしたら、手元に残るか?(捨てづらいグッズ)

◆どうしたら、思い出してもらえるか?(思い出すきっかけ、グッズ)

◆どうしたら、もう一度来店したくなるか?(えこひいき/次回の体験欲など)

◆どうしたら、口コミしてもらえるか?(語るきっかけ×語れるフレーズ)

こんな視点で対策を打っていきます。間違ってほしくないのですが「値引きに頼る」のはキケンだということ。値引きに頼った新規集客や、値引きに頼ったリピート来店促進策ばかりしていると、その場はいいけれど、結局商売が強くなりません(お客さまの来店理由が「安いから」になるから)。お客さまの気もち・感じる価値・記憶を中心に組み立てましょう。

▼そしていいサイクルができた状態(図解画像)

強い記憶がを中心にリピートや口コミも色濃くなります。

こうしたサイクルが出来上がれば、商売は強くなります。このサイクルが回れば回るほど商売は強くなっていきますから。

いいサイクルは意図的に仕掛けるものです。「いい店どまり」を起こしているならぜひ考えてみてくださいね!一時の広告作りよりも断然大きな効果になりますから。

——

まじめな商人の繁盛が、明日の日本を元気にする!
合理的に、楽しく充実の商売をしましょうね!

読んで頂きありがとうございました!

口コミをつくるしかけプランナー
まきやさねゆきより

※弊社は「まじめな商人・職人さん」の味方です。更なる価値作りのお手伝い・口コミ繁盛のお手伝いは積極的に行っています。お気軽にご相談下さいませ。

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

評判強い お店には、見た目の説明言葉があった!(行列のパン屋さんの話)

評判強いお店には「説明しやすい言葉」もセットで用意されていることが多いです。先日お伺いしたパン屋さんは入り口で行列していました。そして買った写真をSNSで投稿すると「私も好きですよー」というコメントをFacebookでもInstagramでも頂きました。人気店で行列しているこのパン屋さんは「おいしいだけ」ではなかったです。

こちらのパン屋さんは、横浜の中華街から山下公園の間あたりにある「のり蔵」さんというパン屋さん。写真でもわかるように店内は「和風」なんです。パンて洋風の食べ物ですすから多くのパン屋さんの店内は洋風です。でも、のり蔵さんは和風。すごく印象的なんです。「のり蔵」でGoogle検索すると「和モダン」「和風」「和にこだわる」という言葉並びます。「和風」という言葉で紹介をしやすいんです。

印象に残りやすい店内装があるから、美味しさも記憶に残りやすくなります。


お客さまが「説明経験」できるから、記憶に残る!

「おいしいパン」では記憶の引き出しに入りにくいです。だって「おいしいパン」を売っているお店は世の中にたくさんあるから。でも「店内が和風で、おいしいパン」となるとのり蔵さん専用の引き出しになります。記憶に残りやすくなります。そして説明もしやすい。これも大切です。「店内が和風のお店でね、素材にもこだわっていておいしいんだ」と人に紹介をしやすくなります。

人はインプットするときよりもアウトプットするときに記憶が定着するそうです。「説明しやすい言葉」はお客さまの説明経験を促します。お客さまが友だちに説明をする経験をしてくれれば、記憶が定着しやすくなるのです。・・・ということは、リピート利用も評判だって促進されるはず!行列の人気店は、ただ品質がいいだけでなく、リピート利用しやすい仕組み、評判を生みやすい仕組みを作っているんですね。

とっても素敵な流れができていて、おいしく勉強させて頂きました!勉強っておいしいんですね!

■のり蔵さん http://norizobread.com/


仕事場から自転車で行ける距離なので、またお伺いします!(勉強勉強!おいしい勉強に♪)

今回のポイントは「評判の呼び方 5STEP」でいうと「【STEP3】語れるフレーズ」に該当します。「普通とは違う!GAPの法則」「外見などインパクトの法則」あたりですね。本質的な「のり蔵さんのこだわりっぷり」も言葉にするときは「こだわり細かすぎの法則」あたりになってくるかと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました!

2021年、ボクら商売人も張り切って商売していきましょう!

まきやより

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

満足実感 が大きくなる 小さなキャッチコピー(パン屋さんの例)

キャッチコピーの役割って「販売促進」だけじゃありません。長く商売を続けていくなら「その場の売上」だけでなく買ってくれたお客さまに、ズバ抜けて満足して頂くことがものすごく大切。そこに役立つキャッチコピーもあるんです。

こんにちは!しかけプランナーのまきやです。高円寺駅から歩いて数分に所にあるしげくに屋さんというパン屋さんで見かけたキャッチコピーを分析させてください。このパン屋さん。大好きなんです。お仕事で高円寺に行く機会があるんですが、最近は行けば必ず寄ってパンを買っています(だって、行きたくなるんです)。

このお店に行きたくなる理由は「行けば、しあわせを味わえる」と確信しているから。それは前回パンを買ったときの「嬉しい想い出」と「納得の理由」が心にこびりついているからです。それを今回ボクが買ったパンで分析してみますね(あくまでもボクはしげくに屋さんのイチお客さんですので、情報が正しくない場合もあります。ご容赦ください)。


小さなキャッチコピーが、より味わわせる!

「2日間かけてつくる 熟成レトロ チョコレートブレッド」をボクは購入しました。このポップに書かれている「2日間かけてつくる」という小さなキャッチコピーがぐっときます。そんなに大々的に書かれた文字ではありません。いわゆる「販売のためのキャッチコピー」ではないと思います。言ってみれば小さなキャッチコピーです(お店の意図と違っていたらすみません)。

この文字を読んでから食べると、お客さんの意識はどこに向くでしょうか?

「2日間かけるとどうなるんだろう?」と頭の中に疑問が生まれます。疑問が生まれたら解消したくなるのが人間です。それを確かめるために「いつもよりもじっくりと味わう」ことになります。

「どう違うんだろう?」と意識しながら食べると、その香り・食感・味わいに意識が向きます。噛むと外側は「ずっしりと力強い」んです。そして内側の食感がスゴイ!「ねっとり」という言葉が食べ物に適しているかどうかわかりませんが、しっとりを越したねっとり感。こんなパンはあまり食べたことがありません。「2日間かけとこうなるのか!」と納得しちゃいます。

このように「気になるフレーズ」で意識づけをした後に「ハッキリとした違い」を体感するから、実感度がぐんと高まります。この食感とおいしさに納得感が加わるので満足度が上がります。そして断面写真も見てください!チョコレートが均等に入ってるんです。「どうやったらこんなに均等にチョコが入るんだろう」と唸るくらいの均等ぶりでした。すごいっ!


ポイントは「食べる前の意識づけ」と「満足を裏付ける納得情報」

このパンでは「2日間かけてつくる」という小さなキャッチコピーがあったことで「どう違うんだろう?」と意識づけがされました。そして、食べるとハッキリとした違いを感じます。美味しい。その違いの理由が「2日間かけたから」です。このパンでは「食べる前の意識づけ」と「満足を裏付ける納得情報」が同じもの(2日かけてつくる)でしたが、ボクら商人が自店で応用するときは別々でも問題ありません。

 

たとえば、小さなキャッチコピーを変えてみることもできます(ボクが勝手に考えてるだけですよ)。「このねっとり食感!がハマる人にハマる!」とすれば、食感に意識が向きます。実際に噛んでみたら「ホントだ!ねっとりしてる」と実感します。「断面に驚くお客さまが多数」とすれば、断面に意識が向きます。実際に断面を見たら「ホントだ!」と実感します。

 

「意識づけ」→「満足実感」→「裏付ける納得情報」

 

この流れがすごーくキレイにできていました。むちゃくちゃ勉強になりました(おいしく勉強させて頂きました)。

 

そうそう、先日お店に置いてあったニュースレターもステキでした。

小麦にむちゃくちゃこだわっていることが書かれてて「そこまでやっているんだぁ」「それならおいしいはずだよね」って感じました。そして、パン屋さんが「こんなにもがんばって、おいしいものをつくろうとしている」ことを感じると、さらに好きになっちゃいました(生身の人間を感じたんです。ファンの要素ですね)。

次回高円寺にお伺いした時も、買いに行かせて頂きますっ!

■しげくに屋 さん https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13172510/


今回の要点を「評判の呼び方 5STEP」に照らし合わせると【STEP4】商品の魅力をずば抜けて実感してもらうしかけにあたります。特にこのBeforeですね。凄みに意識が向いて味わっちゃう伝え方です。

 

さらに【STEP】語れるフレーズにも活きています。「手間かけすぎの法則」あたりに当てはまります。

 

読んで頂きありがとうございました!

2021年、ボクら商売人も張り切って商売していきましょう!

まきやより

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所