情報過多でも見たくなる広告・販促物をつくる3つの切り口

もう見られないじゃないですか?
なかなか見てもらえない。

ぼくらの広告や宣伝って。

言いたいことを言っても
伝えたいことを伝えても
見向きされない…

だって…

世の中には
情報があふれまくっていますもん。

企業の宣伝広告もあれば、
SNSなどの個人発信情報も非常に多い。

ぼくらが見てほしくても
お客さまはなかなか見てくれない。
そんな状況です。

いや、前よりもその傾向は強いし
今後はもっともっと強くなるはずです。

そんな中だからこそ
「分かりやすく伝える」ことよりも
「分かりたくなる」「見たくなる」が
だいじになってきました。

分かりやすいよりも
よっぽど大事です。

では「見たくなる」を作るには
どうしたらいいのか?

ぼくは3つの切り口があると考えています。

■見たくなるを作る3つの切り口2019

1:そもそも見たくなるコンテンツにする

2:見ないと気が済まないしかけを盛り込む

3:自然と見る状況を作る

この3つです。

―――
1:そもそも見たくなるコンテンツにする
―――

これができれば一番いいんです。
お客さまの興味を惹いて「見たい!」
「もっと教えて」となってもらう

見せ方の手法と、中身のコンテンツの作り方が肝になります。

見せ方の手法としては
・マンガ(スタッフ登場)
・4コマ
・チャカチャカ早回し動画

・俳句・単価などが分かりやすいですね。

中身のコンテンツ作りは手法以上に大事。
・お客さまが何に興味を持っているのか
・導入で「気になる要素」を盛り込む
・お客さまの自分ごとにする
・見ごたえ・読み応えを生むようにコンテンツ強度を上げる
こんなところを気にしていかないといけません。

簡単そうで難しいんですが
うまくいけば、正統派でスバラシイものになると思います。

この切り口の裏技的な企画が
「芸人さんによるお笑いネタCM」です。

 

面白いでしょう?
ついつい見たくなる!
それでいてちゃんと伝わる!すばらしいっす!

―――
2:見ないと気が済まないしかけを盛り込む
―――

実は、この文章の中には
「白い食べ物」が3つ隠れています。
分かりますか?

というような文章の始め方をしてみる。
そうすると、答えを知りたくなりますよね。
(ならない人もいると思うけど)

結果的に、最後まで見ないと気が済まない
人が出てきます。

しかけっぽいしかけなので、
嫌がる方もいると思いますが、
見ないと気が済まなくなるしかけではあります。

※本文には「白い食べ物3つ」は入っていません。

―――
3:自然と見る状況を作る
―――

たとえばこんなもの。

■2つ折りにすると、開いて読んじゃう

■ポチ袋に入れると、開けて取り出して見ちゃう

「セット行動」という記事で書いたんですが、
グッズと行動がセットになっているパターンを使います。

自然と目を向けてもらえるし
読んでもらえます。見てもらいやすくなります。

ここに1の「見たくなるコンテンツ」が加わると
最強っす。

―――

どうでしょう?
ぜひ「見たくなる」「読みたくなる」を
作ること、頑張っていきましょう!

言いたいことを言っても
見向きもされない時代になって行きますからねーー。

 

■書いた人:くだらない企画をつくる3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、オモシロい販促をしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^

友だち追加


社員さんを動かすには?4つの切り口と、さらに6つ見つかった!

こんにちは!個人店のステキさを伝えるだいべん士・マッキーヤです。

面白いワークを体験して、これは社員さんやスタッフさんのマネジメントにも、お客さまに対するアプローチでも有効だなーと思ったんです。「人を動かすテクニック」の切り口としてまず大きく4つあって、その外側にも6つあるなと。

※ホントは「人を動かす」ってめっちゃ横柄な言葉だなって思うんですけど(下の「かぶらせる」という表現も)、ここではご容赦くださいm(__)m

昨日お誘い頂いてビジネス交流会に参加したんです。その交流会のプログラムの中でやったワークです。正直なところ交流会は苦手でして…めったに行かないんですが、今回は信頼している人のお誘いだし参加させてもらって…楽しかったっす♪


お題:工場の社員さんにヘルメットをかぶらせたい!どうしたらいい?

お題はこんな感じでした(グループワークで5人で案を出し合う)。工場の経営者さんが、社員さんが工場内でヘルメットをかぶらないことが多くて安全面で困っていたようです。どうしたらかぶってもらえるでしょう?というお題。

どうでしょう?

どんなアプローチをしたら、工場の社員さんにヘルメットをかぶってもらえるか!?(回答案はあれど正解はありません)ぼくが参加させてもらったグループではこんな切り口での案が出ました。

 

1)必要性を伝える:ヘルメットをかぶらないと危険であることを具体的に説明したり、実際に起きた事故のビデオを見せたりするアプローチ(やらないことのデメリットを伝えるアプローチともいえます)。

2)感情に訴える:「私はあなたが大切だ。けがをしてほしくないからかぶってくれ」というアプローチ。

3)メリットを作る:オシャレなヘルメットにしたり、マッサージ機能が付いたヘルメットにしたりして、かぶることにメリットを作るアプローチ。

4)実感してもらう:危なくないタイミングや場所を狙って、実際に工場内でモノを落としたりして「ココはかぶらないと危険だ」と実感してもらうアプローチ(周りの環境を換えて、自然と行動してしまう状況づくりです←実はしかけではとっても大事な切り口なんです。この案自体はちょっと危険ですが)

 

他のグループの発表もありまして、だいたい切り口はこの4つに集約される感じでした。ちなみに4つ目の案をぼくが発表させてもらったときは、グループの方はハッとしてくれていました(実際にはそういうことをしたらヘルメットをかぶる人は増えても退職者さんも増えちゃうかもしれませんけどね)。この辺りの4つの切り口は、相手に動いてもらうための切り口としては有効かと思います。


そして、あと6つ考えた!

そして、交流会が終わっての帰り道に続きを考えていました。他にもないかなーって。そして3つの切り口をさらに考えました。こんなのも有効な切り口じゃないかと思います。

5:着用したことを認めあって常態化する:「今日も似合ってるね」「いいスピードでかぶれたね」などと、ヘルメットをかぶっていることを認めあう機会を作る。そしてそれ事態を常態化する。こんなアプローチ。精神と時の部屋から出てきた悟空と悟飯が、通常時でもスーパーサイヤ人になっていた感じです(←分かりづらいっすか?)

6:基準をさらに上げる(ちょっとだらけても高水準にしておく):ヘルメットをかぶることは当たり前。でも基準をさらに上げておく。角度は○○度・ヒモのしめ具合は〇〇などとかなり高い基準にする。そうすると「怠けた人」「だらしない人」でも実は割と高い基準になる(ちょっとヒモを緩めてヘルメットをかぶっているとか)。

7:そもそも、ヘルメットをかぶらなくていい環境にする:切り口としては裏技ですが、これが実現できれば一番いいですね。だって社員さんはかぶりたくないんですから。工場の天井を低くしたり、上からものが落ちてくる可能性をなくしたり。

8:ヘルメットじゃないもので代用する:ヘルメットが嫌な理由って「暑いから」とか「重いから」とか「臭くなるから」とか「めんどくさいから」とか「かゆいから」とかじゃないかと思うんです。その理由を解消した別の頭巾を開発してみたらどうかなと。とっても軽くて柔らかいショック吸収頭巾とか。

9:ヘルメットをかぶっている自分に誇りを持ってもらう:毎日小学生が工場見学に来る。そして工場で働く社員さんを「羨望のまなざし」で見てくる状況を作る。そしたらかっこいい自分を演じたくなるかなと。

10(おまけ):ヘルメットをかぶらないと恥ずかしくする:全員丸坊主にしてもらって、ヘルメットをかぶらないと恥ずかしくするとか。1の変形ですね。この案自体は非現実的だけど、人を動かす切り口としてはアリかもです。

 

どうでしょう?

これは別に正解なわけじゃないんですが、社員さんに動いてもらうしかけ・お客さまに動いてもらうしかけづくりのお題としてめちゃくちゃ面白かったので書いてみました。

お店の中で「スタッフさんに守ってほしいルール」があったり、「お客さまにやってほしい行動」があればぜひ参考にしてみてくださいね!

参考になりますでしょうか?

なっていたらしあわせです^^

 

あー、ぼくこういうブレストとかアイデアだしが大好きみたいっす。やっぱり。

 

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

↓個人店の筋書き販促プロジェクト、始めませんか?:あなたのPOPやリーフレット動画で生解説!