2020
09.18

幻のシュークリーム誕生秘話の作り方(ストーリーで語る法)。

キャッチフレーズ, 伝え方, SNS, 書き方, ストーリーマーケティング

ついに作りました――!会社のツイッター。「きかくま」というクマが運営してくれてます★販促ネタや、まったく関係ないネタ投稿してます★ やさしい方、どうかフォローしてやってくださいっ!「きかくま@企画会社はぴっくの中の人

こんにちは!しかけデザイナーのまきやです。あるお店の「幻のシュークリーム誕生秘話」です。


シューとカスタードクリームが何やら泣いています。

「ごめんなさい。やっぱり一家の掟には逆らえない…」

「カスタード嬢…なぜ?」

「お父上が言うの…『名門、山本カスタード家の誇り。当家の配合はエクレアに合うように調整を重ねてきた。シューなどもってのほかだ!お前は裏切りのかくし味のこと、忘れたのか!あのかくし味のことを…』って」

惹かれあう2人は、掟を破り”かけおち”をしたのです。山本家のカスタードのかくし味。実はそれがシューとの相性を絶妙にしました。こうして当店のシュークリームができたのです。


って、昨日シュークリームを食べながら空想してたんです。シュークリームが美味しくって美味しくって。

もしこんなストーリーが「買う前」に見たらどうだったかなぁ。ちょっと感情移入しちゃうし、じっくりと味わっちゃうと思うんです。このお話はボクが空想したものです(シュークリームを食べたのは実話です)。

ストーリーで語ると、お客さまは感じ入ってくれやすくなります。そしてじっくりと味わってもらいやすくなります。「感じ入ってもらえる」ということは、気になる存在になるので、買ってもらえる可能性も高くなるということ。「じっくりと味わってもらえる」ということは、商品の特徴やこだわりを感じてもらいやすくなるということ。結果的に満足度が上がりやすいですよね。記憶に残って、誰かに話すこともしやすくなります。

「ストーリーで語る」って力強いですよ。※今回は4コマにしていますが、漫画や4コマである必要はないです

このストーリーはボクが勝手に考えた空想ものです。以前にお伝えしたストーリーの3パターン+1で言うと

1:引き出すストーリー
2:見出すストーリー
3:付け足すストーリー
4:お客さまストーリー

この中の「3:付け足すストーリー」にあたります。でも、商品のこだわりを引き出して伝える内容にすれば「1:引き出すストーリー」になります。もっているこだわりをそのまま情報として伝えるのもいいけど「ストーリーに変換して語る」のもいい方法ですよ。

ぜひお試しあれですっ!

 

【実践】あなたのイチオシ商品の開発ストーリーを20秒で語るとどうなりますか?(キャラを付けなくていいので)

 

ストーリーで語るのはこれから大事になると思うんです。

今日のネタ、参考になりましたでしょうか?

少しでも参考になっていたら嬉しいです(*´ω`*)

 


■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitterしかけを作りたくなったら

ストーリー型PR動画制作

ストーリー型自己紹介ムービー制作

●ストーリー工房(動画以外のストーリーコンテンツ企画制作)