Instagramですぐ手応え!の方法(食べ物屋さんは参考になりません)

SNS

Instagramの運用方針をずっと悩ましく思っていたんですけど、ようやく手ごたえがつかめました。この方向ならボクの仕事にも活きそうかなという手法です。

Instagramはビジュアルがだいじな媒体なので、食べ物などは分かりやすいんですけど、ボクの本業は食べ物屋さんではないので(あ、これからすっごい食べ物屋さんとコラボプロジェクト始めるんですけど、それは別の話)、映えないんです。映えないんですよ。先日、仕事で豊橋に行った時に市橋さんというWEBにも超強い看板屋さんに教わった方法を試したら、すぐに手応えがあったんです。

1回目:投稿からのプロフィール閲覧数がこれまでより俄然多い

2回目:プロフィール閲覧は少なかったけど、面識のない方から「参考になりました」とコメントを頂けた

 

まだものすごく大きな手応えではないしハッキリとした成果ではないんですが「お仕事の方に向く手応え」であったことは間違いないんです。この方向で継続・進化していけば成果が得られそうだという感触を得ているところです。もちろん、まだまだ工夫・進化は超必要なんですけどね。ひとまず手応えを得ている方法をおすそ分けいたしますね。ボクのように商品を持っていない業種・情報やアイデアに価値を置いている業種の方は参考になるかもしれません(食べ物屋さんなど、ビジュアルで映えるものを持っている場合はあまり参考にならないと思います)。


1回目は、こんな6枚の画像を投稿しました。

パンを題材にしたキャッチコピーのアイデア集です。パンを題材にしながらも、ボクの仕事場である「販促」がテーマになった投稿です。同じ商品でもいろんなパターンがあるよねという内容。最後は発信者の情報(ボクの情報)で締めました。


2回目は、この10枚の画像を投稿しました。

これも販促の内容です。商品の価値を伝えるのにどう表現したらいいかという切り口を5つまとめてみました。この投稿に対して農家さんから「参考になりました」というコメントをいただけました。とってもうれしいですっ!10枚はちょっと多かったんじゃないかなぁという反省もあります。


まだまだ色々試さないといけないし工夫の余地だらけですが、手応えがあり方向性は見えた感じがしています。やったことを簡単に式にしてみるとこうなります。

(画像+解説)×複数枚

■画像:映える素材

■解説:自分の仕事関連の切り口

■複数枚:全体のストーリーを作る

こんな感じです。参考になりますでしょうか?

実は、3回目も同じ方向でトライしています(今度はReelという機能&投稿にて)。ボクも教わったことをやっているので、ボクで止めずにおすそ分けさせてもらいました。ヒントになったら実践してみてくださいね(*´ω`*)

〇まきやのInstagram : https://www.instagram.com/hapicmakiya/

 

▼気になる販促トリックで、価値を最大限伝えたくなったら(誰にでも効果的ではないのですが…)

社員さん・スタッフさんむけの販促テク研修会&ワークショップもしています

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter