美容室の手作りPOPが動く。3段階の狙いとは?

今日は美容室さま用に作った「動く手作りPOP」の実例と企みについて共有させてください。

▼こんな動く手作りPOPを作ったんです。

POPで取り扱う商品は「極潤実感カラー」というカラートリートメントです。高円寺四百倍美容室さんの商品です。

何を企んで作ったか、項目ごとに整理して共有させて頂きますね。

 

■対象
・既存のお客さま(来店客)

その日はPOPのカラートリートメントをしないお客さまが主な対象です。「当日に注文して頂こう」という狙いではありません。

■3秒で狙う成果
・つい目が向く
・スタッフさんに質問する(会話が始まる)

■3分で狙う成果
・該当商品についての会話が始まる
・「それいいなー」という感想になる
・次回の来店時に、やってみたくなる

※全員がそうなる必要は全くないです

■3ヶ月で狙う成果
・該当商品(極潤実感カラー)を選択してのリピート来店
・店内で「極潤実感カラー」が浸透していく

こんな成果を狙って企みました。狙う成果は3段階に分けています。

「売れればいい」「売り込んで、買わせればいい」なんて考えていません。

POPだけで売るよりも、スタッフさんとの会話が始まって、その会話の中で商品の魅力が伝わる方がいい。お客さまとスタッフさんの絆が深まるし、お客さまの未来像もイメージしてもらいやすいから。

だからPOPには【商品の説明が少ない】です。少ないというか【ほぼない】ですね。POPに書いた文章は

「知っていましたか?カラーがどう進化したのか?」

だけですから。

「どう進化したのか?」について気になってくれたお客さまには、それをお伝えできればいい。そのためのPOPです。売り急ぐよりも、その方が長期的にはプラスが大きいと考えています。

昨日、お店にお届けしたので手応えはこれからなんですが、楽しみです(*´ω`*)

「動くしかけ」と「ネコ」の狙いはまた別の機会に(*´ω`*)

 

▼設置店:高円寺四百倍美容室さま

https://beauty.hotpepper.jp/slnH000108160/

 

▼ちなみに、ポップのメイキング動画です。

 


2021年、生き抜きましょう!

まきやより。

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter