満足度が高いのに、口コミされない3大原因とは?

「お客さまの満足度は高いのに口コミされない…」

って悔しい想いをしてませんか?そんな経営者さんにはきっと「なるほど!」とご理解頂けると思います(口コミのしかけ方が見えてくる!)

こんにちは!口コミのしかけプランナーまきやです。今日は「口コミされない原因」について。

■口コミされない3大原因

1:すぐに忘れられている

2:「語れるフレーズ」が残っていない

3:「語るきっかけ」が見つからない

どんなにいいお店でも、どんなに満足度が高くても、この3つに対して対策をしていなければ、口コミは起きません(実はリピーター作りにも影響大あり!)

↓ちょっとキャッチ―にするとこんな感じ

一つずつもう少し詳しくお話しますね。


原因1:すぐに忘れられている

「満足したぁ」「また来るよ」と言いながらそれっきりになる原因です。記憶に残っていない。心にこびりついていない。人の【記憶のしくみ】を活用して対策をすることが大切です。

・他との違い
・印象的なビジュアル
・感情が動く体験
・繰り返し
・お客さまが自ら動く体験

このあたりがヒントです。

原因2:「語れるフレーズ」が残っていない

これが原因になっていることが非常に多いです。お客さまの満足度は非常に高くても口コミされないのは、【感想がぼんやり】だからです。

「おいしかったよ」「よかったよ」「楽しかったぁ」などは満足度が高い感想です。でも・・・、口コミ時にこの言葉が語られても【具体的な魅力が全く伝わらない】のです。だから口コミによる効果がない。

・語りやすいフレーズ
・語ったらリアクションが見込めるフレーズ
・語りたくなる体験
・語ったら共感が生まれる体験
・語らずにはいられないストーリー

このあたりがヒントです。

原因3:「語るきっかけ」が見つからない

仕上げはこちら。

「満足した!」「語れるフレーズもある」「でも…語るきっかけがない…」ならば口コミは起きません。

口コミは、お客さまがお客さまのタイミングでしてくださるもの。お店がコントロールすることはできません。でもですね。【お客さまがきっかけを見つけやすくなるアシスト】はできるんです。お客さまの生活の場面を想定したり、リアクションのイメージなどを想定することで。

・見せたくなるグッズ
・躍動するうんちく
・知人に教えたくなる知識
・知人と一緒に取り組むしかけ
・感動のぶり返し

このあたりがヒントです。


いかがでしょうか?参考になりますか?

情報があふれまくって宣伝やアピールが埋もれる時代です。口コミがこれまで以上に重要になってくる。口コミの技術は、早めに習得に取り掛かった方が得策です(間違いないっ!)

口コミは【まじめな商人さんほど武器】になる。だからこそ、ボクは強力に押し進めていきます。これからも発信していくのでぜひ参考にしてやってください!

===========

読んで頂きありがとうございました!楽しく充実の商売をしましょうね!

まきやより

 

株式会社はぴっくは、口コミのしかけづくり専門の会社です。

口コミでの繁盛をゴールに、お店が繁盛するための「合理的なしかけ」を作ります。

もし弊社の知恵が、貴社の役に立ちそうでしたら下記のページもご覧くださいませ。

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

 

読まれないチラシが、読まれる!渡し方の小手先テクはすぐできる!

こんにちは!3秒販促マンのマッキーヤです。

チラシってなかなか読んでもらえない理由。それは「お店が、お店のチラシを、お店のタイミングで」渡すからです。お客さまが興味をもって手に取った場合は読みますが、お店のタイミングで渡す場合は何かしかけやピンとくるものがないと見てはもらいづらいです。

でも、ですね。

ちょっとしたしかけをするだけで、目を向けてくれるお客さまをぐんと増やせるしかけがあります。人の行動パターンの性質を活用すると、結構スムーズに見てもらえるようになるものです。

例えばこれです。

ポチ袋です。

この中に販促物を入れます。

チラシを折りたたんで入れたり、クーポン券を入れたりします。

すると…見てもらえる可能性がぐんと高まります。じっくり読んでもらえるかまでの保証はありませんが、中に入っているものに一度目を向けてもらえる可能性はぐんと高まります。一段階登っている状態です。

「じっくり見る」というステップに自動的に登るしかけなんです。次には中に入れた販促物に仕掛けを加えて「もっとじっくり見ちゃう」「もっと読みたくなるように興味付けする」などをしていく必要がありますが、1段ステップアップできることはプラスですよね。

自動的に、お客さまにステップを1段登って頂くしかけになるんです。

 

どうして、自動的にステップを登ってもらえるのか。

それは・・・・

 

袋=開けるもの

開ける⇒中を確認する

 

 

 

だからです。袋という形と、開けるという行動がセットになっているんです。そして「開ける」と「中身を確認する」もセットになっています。だから中身を見てもらえるんです。

袋に入れるだけ。

すごくシンプルなしかけです。

でも人の行動パターンにちゃんと乗ってますでしょ?理に適ってます。

ポチ袋の表面の文言も工夫すると、より楽しく開けてもらえるようになると思いますよ!

 

くれぐれも、これは「一度目を向けてもらう」ためのしかけです。これをすれば売れるわけではありません(売れる可能性た高まるとは思いますけど)。成果を出すには、中身の販促物をどうするかもめちゃめちゃ大事です。くれぐれもお忘れなく。

 

あ、言い忘れました。このポチ袋はぼくが社内のインクジェットプリンターで印刷したものです。ポチ袋は無地のものを100円ショップで買ってきて。だからこのポチ袋の制作実費は1部あたり4円しないかなーっという感じです。100部でも400円。安いでしょ?

 

参考になりましたでしょうか?

なっていればしあわせです。

■書いた人:個人店のステキさを伝える・3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、オモシロい販促をしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^