ZOOMセミナーでの「チャット大喜利」3つのメリット発見

「リアルのセミナーではできないことだなー」って感じました。オンラインのZOOMセミナーだからこそできたことで。3つのメリットを発見しました。

こんにちは!しかけデザイナーのまきやさねゆきです。ついに緊急事態宣言が出されましたね。ボクの住む神奈川県も対象となりました。これまで以上に外出を控える期間になります。

そんな中、昨日はZOOMセミナーをさせて頂きました。経営コンサルタント・高橋貴子さん https://c-libra.jp/ のサロングループメンバーに向けて。リアルタイムで参加下さったのが15名さまほどで、録画を含めると23名さま。ありがたやありがたやです。※高橋先生のサロンメンバーの方々はやっぱりすごかったです。雰囲気もステキだしポジティブでした。

今回のセミナーテーマは「SNS投稿などで、2行目を読まずにはいられなくなる!1行目の文章術」でした。

ZOOMを活用したオンラインセミナーだからこそ、リアル現場で行うセミナーとは違う価値がありました。そしてこれがかなり面白い。オンラインだからこそできるし、リアルよりも「参加」できる仕組みでもあると思います。

何をしたかというと

●チャット大喜利

です。大喜利というと笑点をイメージしますけど、ここでは面白いことは言わなくてもOKです。セミナーのテーマに合わせてお題を出します。そのお題に対する回答を、チャットにどんどん書き込んでもらうんです。

今回のセミナーは「1行目の文章術」だったので、ぼくや参加者さまのSNS投稿を題材にしました(有志で)。その投稿全体を読んで、みんなで1行目を考えます。

・グッとひきつける1行目
・2行目を読みたくなる1行目

その文章を考えて、チャットに書き込んでもらいます。書き込まれた文章は、講師であるボクが拾ってコメントしていきます。基本的には全部の書き込みに対してコメントをしていきました。原則ポジティブなコメントにして、さらに「こうしたらよくなりそう」とか、この文章の切り口はこれですねと分析したり。

リアルタイムで、書き込みに対して高速フィードバックをしていきました(かなりパワーを使う――、でも楽しい!)!

書き込み時間は2分くらいでも、かなりのコメントを書き込んでもらえたんです。10とか20とか。驚きました。こんな実践ワークを何度も繰り返したんですが、これはオンラインだからこそだなーって感じたんです。リアルのセミナーではできない「数」をこなせました。

リアルのセミナーだったら、参加者さんに発表してもらって、それに対して講師がフィードバックするのってそんなに数をこなせません。2-3分間で10人にフィードバックとか無理でしょう?でも、オンラインならできちゃうんです。すごいなーって思いました。オンラインならではです。

このチャット大喜利には、3つのメリットがあると発見できました。かなり価値があると思う。


1:発言・発信量が増える(生声で発表するよりも気が楽)

まずはこれです。上にも書きましたが、2-3分間という時間でも10-20個以上の発信がもらえました。参加者さんの発言数です(チャットの書き込みですけど)。かなり多いと思います。

リアルの場ではグループディスカッションをすれば、たくさんの発言を促せますが、講師が1つずつフィードバックは難しい(ZOOMでもグループディスカッションはできる)

おそらくですが、チャットで書き込む方のは、割と気が楽なんじゃないかと思いました。たくさんの人がいる前で手をあげてマイクを持って発表するよりも、チャットにさらっと書き込む方が気が楽。チャットでも、ちょっと勇気はいるかもしれないけどリアルの場でマイクを持って話すよりは気が楽でしょう?

だから、発言・発信量が増えたんじゃないかと考えています(全員が書き込んでくれたかどうかは分かりません)。


2:文字で残るから、他の人のアイデアも参考になる

これは参加者さんが、感想で教えてくれました。チャットに書き込んでいくと、文字が残ります。他の方のアイデアが表示されるので参考になるそうです。

なるほど!

声で発表するのもいいですけど、それだと1回切りですもんね。聞き逃したらおしまいですし。もちろん耳で聞くメリットもあるけど、文字で残るメリットもあるということ。オンラインのチャット機能ならでは。


3:多くの人を「承認」することができる

主催側としてはこれは結構大事で。参加してくださった方に対して、できるだけ「承認」をしたいと思っています。なんかエラソーな物言いですみません。でも、参加下さった方が「褒められた・認められた!」って思える瞬間を作れた方がいいなって思ってるんです。

※こそっと存在感なく、傍から見ていたい人もいると思う。その場合はこの価値は少ないかも。

チャットに書き込んでもらえた内容については、講師役であるボクが読み上げて、ポジティブなフィードバックをします(原則ね)。

「いいですねーー」
「面白い!」
「さっきのこの技術を使ってくれてますね」
「これは、この切り口ですね」
「すごい!こんな技術がある」
「さらにこうしたらオモシロそう!」

とかバンバンフィードバックします。基本的にはポジティブにコメントしていきますので、参加者さんも、承認を受け取ってくれるじゃないかと。リアルの場でのセミナーよりもその数は圧倒的に増やせる。これはオンラインセミナーだからこそできるんだなーと思いました。

※フィードバックは若干技量がいるかも。その場で高速でやった方がいいから。


こんな感じです。3つのメリット。すごくないですか?オンラインの勉強会やセミナー、社内の研修会でも使える方法だと思います。今はなかなか外出が叶わない時期ですから、取り入れてみてはいかがでしょうか?

販促関連のセミナーや社内勉強会とかだったら、ぼくもオンラインでできますので声をかけてやってくださいねー。2人でも3人でも、20人くらいまでは同じ感じでできると思う(もう少し増えると未知だけど、やり方次第ではできると思います)

※ぼくはzoomでやりましたけど、違うシステムでもできると思うし、さらに別のことができるかもしれませんねー。

 

▼オンラインセミナー・勉強会の講師、やりまっせ♪(3名~30名さま)

オンラインセミナー講師まきやさねゆき(口コミ販促・SNSの1行目文章術など)

 

↓お店の販促に役立つ販促記事をお届けします!ぜひお友だち追加してやって下さい(●´ω`●)※登録するとすぐ「販促・裏のしかけ17選」プレゼント中!

友だち追加

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき


https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

▼目を引く!ヘンなCM動画つくれます(日本全国オンライン対応)

ZOOMセミナーやってみた!失敗を防ぐ運営のポイント4つ+α

失敗を防ぐために、事前準備は必要だなって思いました。リアルのセミナーや勉強会と、オンラインのセミナー・勉強会では勝手が違います。かなり違いました。

ZOOMセミナーをやってみたんです。テレワーク・リモートワークが急に(半強制的に)盛り上がっているので、まずはやってみようと。2回実施してみて分かったこと、うまくできたこと、さらに改善が必要なこともあるんですが、現時点で「失敗を防ぐために抑えといた方がよさそうな運営のポイント」を4つ挙げてみます(利用目的によって取捨選択してくださいね。私がZOOM機能を使いこなせていない部分もあるので、そのあたりも加味しながら参考にしてやってください)

☆4つのポイント☆
1:はじめに、会のルールチェックを行う
2:操作チェックを行う
3:参加型にする方法×3
4:タイムマネジメントのコツ

これからZOOMを利用して、セミナーや勉強会、講座、授業、会議運営を行う方には参考になる部分があると思います。事前にチェックしておいてくださいねーー

↓動画でまとめました(動画の下に、テキストでポイントもまとめます)

テキストでもポイントだけまとめておきますね。

1:はじめに、会のルールチェックを行う

実施するセミナーや勉強会の運営ルールを会の最初に説明した方がいいです。発言の仕方やトイレなど離席の際の方法など。安心して参加頂くためです。

2:操作チェックを行う

参加人数にもよりますし、会の目的にもよりますが、先にやっといた方がいいことも多そうです。ホスト側(運営側)のマイクの音声が聞こえているかチェック。会の中で発言をしてもらうのであれば、一人ずつお名前を呼びながらマイクチェックを。またチャットの書き込み方法や「手を挙げるボタン」の位置確認なども事前にしておくと参加しやすくなると思います。

3:参加型にする方法×3

●グループワーク:ブレークアウトセッションという機能を使うと、カンタンにグループ分けができて、グループディスカッションをしてもらうことができました。

●声で発言してもらう:全員がマイクをオンにしておいて、随時しゃべってもらう方法でもいいし、周りの生活音とかが気になるようでしたら基本的には全員ミュート設定にして、発言時だけミュート解除を行うのでもいいかも。人数が多い場合はその方がよさそうな感じがしています。

●チャットに書き込んでもらう:お題に対してチャットに書き込んでもらい、それに対してホスト側がコメントをしていく。この方が数をこなすことができました。たくさんの方のコメントを拾うにはこちらの方が向いてるかも。ただし音声はホスト側だけになるので、ホスト側は若干心細い…。リアルタイムラジオみたいな感じでしょうかね?

4:タイムマネジメントのコツ

●調整できる構成にしておく:発言を多めにしてもらう勉強会や授業の場合、時間管理が結構むずいです。同じZOOM空間を共有しているけど、実際の場はそれぞれ違うので、おそらく時間感覚はそれぞれ違うと思うんです。思うようにいかないこともあるので、タイマーを使いながら時間を区切ったり、コンテンツを多めに用意しておいて、追加したり減らしたりをその場でできる準備をしておくと調整しやすいです。

●発言時間の事前告知:「自己紹介は一人1分以内でお願いします」などと先に行っておくと、発言される方も時間を気にしてくれます。本当に時間を測ってもいいし、長くなりそうな場合にはタイマーを鳴らすのでもいいかな。それぞれ時間の感覚が違うので、先にルール作りをしておいた方が無難です。

 

今の所こんな感じです。まだ2回しかやっていませんがZOOMってすごいなーって思いました。使いこなせば、もっと参加価値を高めることもできるんじゃないかなと思っています。ZOOM以外にもオンラインツールはあると思うし、さらに機能は高まっていく一方だと思います。

20年前はパソコンの「ブラインドタッチ」が特殊技能に見られていたのが、いつの間にか自然になってしまったように、オンラインツールも自然になっていくのだと思います。慣れていかねばですね。

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

 

ZOOMセミナーやってみた。オンライン講座のメリット・デメリット・運営上の注意点

急展開のこの頃。ZOOMを活用してのオンラインセミナーやオンライン講座を始める方も増えてるようです。ボクもテスト版ですがやってみました。実際にやってみて感じたメリットとデメリットをメモしておきます(参加下さった方はすでにZOOM経験がある方ばかりで、たくさん教わりました☆)。やっぱり、リアルに会ってやるセミナーとは全くの別物でした。難しいなーと思う反面、大きな可能性も感じました。

※初心者が感じたメリット&デメリットです。まだまだ知らない機能がいっぱい!下記は見識が足りていない面もあるかも。それも加味してお読みくださいませm(__)mもっと使いこなせば別のことが見えてくると思う。

【オンライン勉強会(ZOOM開催)】について
●メリット
・全国対応できる
・全員、移動時間が不要
・交通費もかからない
・自分の好きな場所で参加できる
・参加者みんなの顔が見える
・アップ画像を出せる(現物グッズなど)
・会社内でやると、多くの引き出しを使える
・途中参加・途中退室もしやすそう
・受付などもすべてWEBでできる(少人数運営)
・オンラインでしかできないこと・オンラインだからやりやすいことがまだありそう!
●デメリット
・参加者さんの体温が伝わりづらい
・同時にしゃべれない
・複数に分かれてのグループディスカッションが困難→と思ったら、違うらしい!カンタンにグループディスカッションできる機能があるんだと!すごい!
・音声トラブルが起きることがある(余計な音・聞こえづらさ)
・通信トラブルが起きることがある(今回はなかった)
・現物を見てもらえない・触れない
・ドタキャンしやすそう(心理的に)
・有料の場合、支払い対応が大変かも(WEB決済など)
・ネット環境やオンライン会議の環境がないと参加できない
【運営で注意すべきこと】について
※1回やってみて、アドバイスを頂いたことなど
・最初に、会のルールを説明した方がいい(発言のルールとか)
・全員がしゃべれる状態にするのか、基本をミュートにしておくのかチェック
・マイク環境により「ブブー」と違音がすることがある(基本的に参加者さんのマイクをミュート設定にしておけば、トラブルは減りそう)
・しゃべり声のボリュームが人によって異なる。「ちょっと声を抑えてください」ということがある旨を先に伝えておいた方が良さそう(注意ではなく、環境の違いだと説明)
・トイレルールなども事前に説明
・後ろをグリーンバックにしておくと、背景に画像を当てはめられる(楽しそう!)
・お題を出す際は画面共有でもいいけど、クリップボードで生感を出した方がいいみたい
・ホワイトボードに書いた文字も読める
・お題の際には、シンキングタイムを事前にとった方が親切
・録画設定は、参加者ができない用意しといた方が無難
・集合写真を撮るタイミングを作るとシェアしやすい
・事前にルームは設定しておいて共有しておく(同じルームNoで何度も利用できるっぽい)

リアルのセミナーや勉強会と、オンラインはやっぱり別物なのでそれぞれの特性を生かして活用するのがいいんじゃないかと思いました。リアルにはリアルにしか出せない良さがあるし、オンラインにはオンラインだからこその魅力もある(だって、今回は外出を控える状況でも開催できたわけだし、東京・神奈川・愛知・岡山から参加してもらえたわけだし)。

オンラインの特性をもっと理解して、使いこなすことが大事だなって感じています。まだまだぼくは初心者。もっとやっていきます!

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。