2020
11.20

知らないと売上を損し続けている!現場の即効販促テク3選

販促のコツ

知らないと損をしてしまう販促テクニックがいくつかあります。

いい商品を扱っているお店や会社なら、必ず知って実践してほしい販促テクニックを3つ選びました。どれもすぐにできて、即効性もあるテクニックです。知って実践するだけで「売り込まなくても、お客さまからの反響がアップ」して売り上げにつながっていくはずです。

その1:取り付けるだけで自動的にお客さまが見てくれる!「ガン見パーツ5」

その2:売り込まなくても、お客さまの方から聞いてくれる「質問されフレーズパタン5」

その3:まるで念力!?お客さまが狙い通りに動く「テレキネシス風トリック5」

これらの販促テクニックは「売り込む」とか「大げさに表現」とか「煽る」とかの心理的な負担は不要です。事前に準備して現場に置いておく(またはお客さまにお渡しする)だけで、すぐに効果が表れます。知って実践すれば、労力をかけずに得をするし、知らないを損をしているままになってしまうくらいのテクニックです。


 

人の性質なのだと思います。いくつかの種類のパーツは「自動的に目が向く」ようになっています。そのパーツを取り付けるだけで、お客さまに目を向けていただくことができます。どんな商品を販売するにしてもお客さまに目を向けてもらえないと始まりません。その役に立つ販促テクニックです。ガン見トリックは他にもありますが、わかりやすいのが5つのパーツです(お客さまが100%全員見てくれるわけではありませんが、確率をグンと上げることができます)。

 


人は頭の中に「?」が生まれると、それを解消したくなるものです。意図的に「?」を作り出せば、お店から売り込まなくてもお客さまの方から質問をしてくれます。質問をしてくれなかったとしても「?」の中身が知りたくなるので次に店員さんが話す言葉に耳を傾けてしまうでしょう(?を解消するときに、商品の価値が伝わるような構成を作りましょう)。POPや販促物などの文章だけでなく、接客トークでも有効です。特に自分から売り込むのが苦手な方には活用して頂きたいテクニックです(お客さま100%全員が質問をしてくれるわけではありませんが、確率をグンと上げることができます)。


 

もしあなたが念力を持っているとしたら、お客さまにどんな行動をとってほしいですか?商品に近づいてほしいですか?触れてほしいですか?じっくりとのぞき込んで欲しいですか?いきなり「買う」までもっていくことはできませんが(「買う」にはお客さまの判断・決断が必要ですので)、その前の段階で手足を動かしていただくことはできます。どんな行動でも自由自在化というと、そこまでではありませんが、一定のパターンでは狙い通りに動いてもらうことができます(100%全員が同じ動きはしませんけれど、確率をグンと上げることができます)。

 


これれのテクニックは、割とすぐに習得が可能です。そしてすぐに実践でき手応えもすぐにつかめます。知って実践して損はしないし、知らないと損しているレベルのテクニックだと思います(とはいっても、知らない方の方が断然多いです)。

本サイトに掲載されている販促ネタ記事(数百記事あるはず)には、こうしたテクニックも多数書いています(本当は記事をまとめた方が親切だと分かっているのですが…散り散りになっていて大変でして…すみません)

またまとまった知識やテクニックをお求めの会社さまには、【社員さん・スタッフさん向け研修・ワークショップ】で実習をしながら身に着けていただくプログラムを用意しています。スタッフさんと一緒に、すぐに手ごたえをつかんでいただければ、弊社も販促テクニックたちもしあわせです。

※念のため。これらの販促テクニックは「売る」ためのものではありません。売り込まずに商品の価値を知って頂くためのテクニックです。ですので、本当にいい品・いいサービスを扱っているお店・会社さまに有効です。そうでない場合は…効果がないことをご容赦ください(お客さまに喜んでもらうことよりも、売りつけたい方には使ってほしくないんです)

 

↓社員さん・スタッフさん向け研修・ワークショップの詳細ページです。

【社員・スタッフさん向け研修・ワークショップ】売り込まずに売上アップ。即刻手応えをつかむ販促技術「気になるトリック」