【粗利を確保】これからの商いの価値の作り方 7つの切り口~イイモノを売るでは足りない~

「このまま続けてて大丈夫かなぁ?」って不安になったりしませんか?

これからの商いはこれまでと【違う価値】をつくらないと選ばれなくなってくるでしょう。お客さまが使用するツールが変わり、お客さまの行動がパターンが変わり、お客さまが触れる情報が変わるので、当然のことです。

かつての商いは「イイモノを仕入れて(作って)売る」だったのかもしれないません。ここしばらくの商いは「イイモノの価値をちゃんと伝えて売る(提供する)」でした。これからは、次の一歩に進まないと【粗利が確保】できないし商売が難しくなりそうです。これからの商いは「イイモノに更なる価値を加えて(または【価値のノリしろ】を加えて)提供する」がだいじになると確信しています。

これまで「以上」の価値という意味ではありません。これまでとは違う切り口の価値づくりがすごく大事になってくるはずです。下記の切り口が新たな価値作りのヒントになります。

●本質的な価値を深掘り(商品の本当の価値、品質の最上化)

●心と心のやり取り(スタッフさんとお客さま・お客さま同士)

●職人魂を堪能してもらう(こだわりっぷり・ストーリーなど)

●外付けの価値の付け加え(企画モノ・謎解きグッズやチャレンジ企画など)

●実際にモノを得る前の体験(生産・制作・成長などに関わること)

●モノを得た後の更なる体験(後日の実感、口コミ体験、さらなる体験)

●コミュニティへの参加価値(場に参加する価値・優越感)

 

これまで通り「まじめに愚直にやる」だけじゃ厳しくなります。老舗は時代に遅れなかったから続いてきました。支持されるお店は時代に合うお店。

新しい価値をつくって粗利を確保。頭をひねって工夫して、楽しく商売しましょう~(*´ω`*)

口コミをつくるしかけプランナー

まきやさねゆきより

 

当サイトでは、お店にすぐ役立つネタをどっさり収録しています。特に下記の「儲かるの裏側365」は好評いただいています。すべてPDFを無償でダウンロードできるようにしています。ダウンロードして繁盛のはずみにしてください。

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

口コミのタネを蒔くカード(普通はやらない)

口コミ、されたいですか?
評判、高めたいですか?

コロナの中、あまり広告費をかけなくても、売上をジワジワ伸ばすには有効です。

広告が難しくなっている今、口コミの方が着実かもしれません。

こんにちは!まきやです。今日は全員ができるわけじゃないけど【条件をクリアしたお店なら】口コミの種まきになるカードをご紹介しまね。そもそも、口コミや評判が起きるには、大きく3つの条件があります。

1:お客さまがお店のことを好きなこと
(自分がユーザーであることに自信が持てること)

2:語れるフレーズがあること
(ぼんやりじゃなく、他との違いが具体的なフレーズ)

3:語れるきっかけが見つかること
(どんなに満足しても、きっかけがないと語らない)

この3つはどれも必須です。どれが一つ欠けても、口コミは起きません。(しゃべられても、来客促進につながらない)

1については、お店での満足度がだいじです。接客や雰囲気、心の距離感が肝です(ここが土台。これがないと口コミは難しいです)。

2と3については【お店の凄み】を見つけることから始まります。それをお客さまにお伝えしてお客さまが【語れるように】なるようにする。伝える演出などはありますが、最終的には【語れること】なので【言葉】がとても大事です。その【言葉】をお客さまに伝えること。【伝わる言葉】として整えておくこと。【記憶に残る言葉】にすること。が大切。

でも、


人って忘れやすいので【思い出すしかけ】があった方が記憶に残りやすいです。そこで【カード】が役立ちます。お店の【凄みが伝わるカード】です。

たとえば、ギャランティカード。ギャランティカードは、ブランドバッグなどについているカードです(品質保証書のことです)。これを他のお店で使っちゃいけないルールはありません(一人で運営する個人店だって使っていい!)。

ボクが注文して2月に届いた日本酒(なんと500ml15,000円)にはギャランティカードがついていました。

「なるほど、このカードは格付けになるなぁ」と感じました。

そして、ボクも作ってみました。(お仕事先のお店さまと一緒に)

 

ギャランティカード

シンプルなデザインで表面は金の箔押し。キラキラして格が出ます。裏面にはギャランティ内容です。保証書と言っても返品保証などではありません。イメージは、お店のこだわり宣言です。例えば飲食店なら、このようなことを記載します。

◆当店では熟練のスタッフが毎日2時間かけて○○をしています。

◆当店の素材は、○○産の■■以外、使用いたしません。

◆○○に使用する魚介は、生きたまま仕入れ、板前が毎日その日の分だけを締めています。

たとえばこのような感じです。

この辺りのフレーズに【お店の凄み】を入れておきます。

カードはそのまま渡してもいいですが、できたらミニ封筒やポチ袋に入れて渡します。「袋⇒取り出す⇒中に注目する」なので、カードの内容に注目が集まりやすいのです。また袋は包むものです。「包まれたものは、大事にされたもの」という印象も与えることができます。格がつきやすいのです。


飲食店など個人のお店でギャランティカードを作ってお客さまに渡すことはほとんどないでしょう。

 

だ・か・ら!

効くんです!
珍しい物事の方がお客さまは記憶に残りますから。

そして大事にされているものは、だいじにしてくれやすい。お財布の中に残して改めて触れる機会があったり、人に見せる機会が生まれることもあるでしょう。ギャランティカードを知人に見せてもらえたら、そのまま口コミになります(※ただし、それは主目的でありません。凄みを記憶してもらう方がだいじ)。

 

どうでしょう?

口コミのタネをまくギャランティカード。少し興味がわきましたか?

ただし・・・・
絶対にやらないでほしいことがあります。

それは・・・

 /

 値引きクーポンをつけること!
 
 \

ギャランティカードを持参したら「次回は10%OFF」とかクーポンを付けたら価値が大幅下落します。せっかくつけた格が台無しになっちゃいます。値引きは、慎重にやらない限りは格を下げてしまいますから。

だから、ギャランティカードを配布したからと言って【反応率】は分かりません。ジワジワと、お客さまの表情や動きを観察して手応えを感じていくしかありません(本来、商売ってそういうものでしょう?)。

▼手ごたえは例えばこの辺りから察知します。

もし、あなたのお店が満足度が高いのに、口コミが起きていないなら、「しかけ」が足りていないのかもしれません。しかけ次第で逆転していく可能性は大いにありますよ!

楽しく、充実の商売をしていきましょう(*´ω`*)

===========

読んで頂きありがとうございました!

まきやより

▼口コミ・評判を呼ぶ5STEP(PDF無償提供中)

【限定数】口コミで売上アップさせたい方だけに(合理的に、口コミ繁盛店にする方法)成果歩合プランあり by口コミスイッチマン

 

コロナからの立ち上がり方(早い業種・遅い業種とポイント、店舗ビジネスのための希望の3策)

コロナ騒動で立ち上がりの早かった業種と遅い業種、そのポイントを図解してみました。今後の対応策の希望も見出して頂けたら嬉しいです。

▼こちらは図解が完成したもの(私見ですけど)。

▼解説動画:前編:立ち上がりが早い業種とポイント

・伸びる:オンラインサービス(インフラ系・教える系・オンラインコンサートなど) 安い×すごい

・ちょい伸び:宅配など(多分、伸び切らないと思う)1対1は高くなる

・立ち上がり早い(人間の生理現象に合う業種)

・転換して伸びてる(オンラインコンサートなど)1対多は安いのにすごくなる

・少し回復するけど回復しきらない(場や個人体験に価値)※店舗ビジネスに多い

 

▼解説動画:後編:実店舗はどうすべきか。希望の3策(主に飲食店・美容室・整体院などに)

・高品質・高級
・ここだけ・私だけ
・マルチバリュー(←これが大事だと思う)

少しでも希望が見えてくれたら嬉しいなーと思っています。

 

あと、なんと…この動画撮影で使った黒い厚紙ボードはおすそ分け販売(300円+送料)しております(現品かぎり)

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitter

https://kikakuman.com/99storycard

あなたのお店の魅力を浦島さんがレポート!?(ロケしないで制作するCM)

▼飲食店や通販、ホテルなど食べ物専門。桃太郎みたいな販促動画が今までにない!?