【実例】いい品ならば価値を2倍にせよ!

今日の記事は【自分の商品を大切にしている】商人さんほど読んでほしいですし、価値を出せる内容です。事例は飲食店ですが、他の業種でも応用できます。

こんにちは!しかけ販促プランナーまきやです。何度も書いていますが、令和時代の販促や商売では「いい品」のままでは足りません。「美味しい」だけでは足りません。お客さまの周りはいい品が【他にもたくさん】あるからです。

いい品を扱っているのであればこそ【もっと価値が高まる仕掛け】【もっと喜びが濃くなる仕掛け】を加えた方が良いです。

お客さまも【満足度】が高まり【記憶に深く刻まれる】からです(その結果、リピートや口コミに)

今、私がご一緒しているお店での取り組み実例で、説明させてください。


いい品ならば【語れる化】する。

都内の飲食店「ヤマネ肉店」さんの人気メニュー「メンチカツ」を【名物化】しようと取り組んでいます。


すごく美味しいんです。私も食べた時に「こんなメンチカツは初めてかも!」と思いましたから。商品力はあるし、お店でも大切にされているメニューです。名物にしたい。

でも、名物にするには「おいしい」だけでは足りません。多くのお客さまが【語って】くれることで名物になっていくはずです。

だから【語れる体験】を提供します。

カン違いをしてはいけないのが【こだわり】はそんなに語られないということです。お店は商品を大切にしているし、想いをもって作っているから、こだわりがあります。

でも、お客さまはこだわりを語りたいわけではありません。

お客さまが語りたくなるのは

【語ったら、リアクションが起きる話】
【語ったら、場が盛り上がる話】
【語ったら、相手が喜ぶ話】
【語ったら、自分がアガル話】

です。だから、そのような体験を意図的に提供していきます。

先方の社長や社員さんと作戦会議を経て、進んでいるのがこのあたりです。

●提供してから、食べるまで1分待って頂く

熱を芯まで通すまでの時間ですが、お客さまにとっては焦らされ時間になります。
「1分待たされる」という体験になります。

●「百年メンチ」という名称

ひと言で、歴史を感じる名前。「百年の歴史があるんだよ」と言える。

※実際には「もうすぐ100年」です。その情報も伝えます。

●箸づかみ→手づかみに。

現在は、お皿に盛って提供しています。お客さまはお箸で割ったり切ったりして食べます。それを手づかみ形式に変更。今【包み紙】の企画を進めています(これもかなりこだわって作ってるんです)。

手づかみをすると【手の感触】が残ります。ゴツゴツした衣や重量感、熱も感じる。手の感触は脳の記憶にも直結するそうです(脳科学マーケティング本より)

記憶に残れば語れる回数も増えます。

※タイトルで「価値を2倍に」と書きました。価値は主観なので2倍の実証はありませんが、そのくらいの意気込みでいこうというお話です。


準備中の内容もありますが、こんなことを進めています。私も、こういう機会にご一緒できてとてもとても光栄です♪

「いい品」を扱っているのであれば、【語れる化】しましょう。お客さまの満足度が上がり、記憶に刻み込まれ、リピート利用や口コミ促進になっていきますから。

コロナ禍と言う意味でなく、令和ではこうした仕掛けがとても大切になると思うんです。いい品だけでは勝負ができない状態になっていますから。

あと「好き」になってもらうこともとってもとっても大切!

 


私は【商品を大切にしている商人さん】を心から応援しています!繁盛しましょ!

まきやより

▼いい品以上。を実現する仕掛けづくり。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

通販の餃子で、絶対めくっちゃうシートがついてた件(体験価値づくり)

こんなん絶対めくっちゃうじゃん!
見た瞬間にそう思いました。通販で注文させてもらった餃子についていた食べ方シートのことです。こんにちは(●´ω`●)しかけデザイナーのまきやです。

これからは「体験価値」をめちゃめちゃ高めることが大事だと考えているんですが、それを実践している方がいました。

豊橋の麺遊庵さんの最強肉汁餃子です。
https://menyuuan.thebase.in/

前々から噂には聞いていたんです。Facebookのお友だちがよく写真をアップしていたので。前から食べてみたいなーと思っていたところ通販キャンペーンの噂を目にして即注文しました!

そして届いたら…
食べ方を説明するシートがこんな感じでした。

これ、絶対めくっちゃいますでしょ?こんなん大好きです、ぼく。大事なところに、マル秘って付せんが貼られています。絶対めくりますよー。めくったら、その中には必ず目を向けちゃいます!

やっていることはシンプルなんだけどかなり効果的だと思います。ひと手間かかりますけど、それに見合う価値は十分発揮してるんじゃないかなぁ。

この効果はどんなことがあるでしょうか?

1)めくって中を見る

これがまず第一ですね。そして、その前にあることは

2)なんだろう?ってドキドキする。

マル秘って書かれていたら、なんらかの感情が生まれますよね。その感情を持ちながらめくることになります。感情と行動が伴うときはエピソードとなり「記憶に残りやすい」です。

その結果、起きることは…

3)誰かに言いたくなる(クチコミネタ)。

です。ぼくみたいに写真を撮って誰かに言いたくなる人って増えるはずです。(全員じゃないですよ)現在は、シェアするネタを提供することはそれ自体がサービスですからね。

こんな風に、販促物にふせんを1枚つけるだけで、新たな価値を生むことができます。商品自体の価値を上げることはとっても大事です。そしてさらに、商品以外の体験価値をつくることが、さらなる満足と価値づくりになると思うんです。この重要性はコロナ明けにさらに高まってくると考えています。

ぜひぜひ今のうちに「体験価値」が上がるようなしかけを考えておきましょう^^

そうそう、最後にちょっとだけ自慢です。この最強肉汁餃子の麺遊庵のオーナーさんは、ぼくの新刊「しかける販促術」を読んで下さったんです!そこからネタを使ってくれたとか、そうでもないとか♪

■この会社の代表者は・・・しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitterしかけを作りたくなったら

ストーリー型PR動画制作

ストーリー型自己紹介ムービー制作

●ストーリー工房(動画以外のストーリーコンテンツ企画制作)