食品の【口コミの仕掛け】の作り方。 カードを使って。

今日は「口コミのしかけの作り方」を共有させてください。

こんにちは!口コミをつくるしかけプランナーまきやです。ボク自身が運営している「肉じる屋」でこれから実践するしかけの事前設計です(こっそり公開させて頂きますね)

5月に限定案内した商品があります(お届けはこれから)。
▼濃とろ最強肉汁餃子

この商品をお届けするときに新たな武器を投入します。

「濃とろギャランティカード」です。※現物は今印刷中です

ギャランティカードってなじみ深いグッズでしょうか?そうでもないかもしれませんね。

食べ物にはあまりつかないものです。ブランドバッグや時計などにはほぼ必ずついています。品質保証と本物保証をするカードのことです(ボク、20代のころにブランド品を扱うブティックの店長をしてたのでよく見ました)

それを食べ物に付けちゃいけないルールはどこにもありません。これが【口コミの仕掛け】として大きな武器になると考えています。※このカードだけでは口コミになりません。あくまでも商品を強力にプッシュするグッズです。

———-

そもそも「品質の良さ・おいしさ」だけではリピート利用や口コミは期待できません

●品質の良さ・おいしさ
●見た目の違い・5感体験
●価値づけ情報
●感情の動き・感情移入
●後日体験・思い出し経験
●来店のきっかけ・来店の優越
●語るきっかけ・語るフレーズ

これらを事前に設計してお客さまに体感して頂くことで次の成果を期待できます。

↓それを図解してみました。

今回は【口コミのしかけ】の話なのでそこを中心に説明します。

お客さまに口コミをして頂くには【絶対3要素】を満たさないといけません。

1:語るきっかけ
2:語れるフレーズ
3:好き・誇れるお店

どんな場面で【語るきっかけ】を見つけてもらえかなと想像して、【どんな言葉】で語ってもらえるかなと具体的にイメージする。

この言葉がだいじ。「おいしかった」「よかった」では口コミとして活きません。具体的な商品の魅力が伝わってこそ口コミは活きる。【語れるフレーズ】がお客さまの
記憶に残るように設計をしておかなければならない。(商品の体験でも、それが可能)

 

そこで【語れるフレーズ】を補完する情報としてギャランティカードに情報を3つ記載しました。今回の「濃とろ最強肉汁餃子」へのこだわりを記載したものです。

これを読んで頂けると【こだわり情報】を知って頂けるはず。口コミが起きた時に【魅力が伝わる】フレーズになればと狙ってのしかけです。

↓口コミで語られやすいフレーズパターン20

また、ギャランティカードは食べ物にはあまりつくことがないので物珍しい。これ自体が注目グッズになり知人の方にも見せるグッズになればいいなとも狙っています(捨てづらいグッズとしても狙っているます)。

とはいっても、【口コミのことだけ】を考えても足りません。そもそも、商品に対して大満足をしてもらえないと語ってもらえませんから。

だから、商品をより堪能して頂くための仕掛けもします。※今回は詳しくは解説しませんが、だいじ。

↓ズバ抜け満足のしかけは場面に分けて。

そして最後の準備は【手応えの事前想定】です。口コミって見えません。お客さま同士でしてくれるものなので商売人側はほとんど見えないんです。

だから【口コミの兆し】を積極的に感じておくことが手応えになります。それも事前にイメージしておきます。これらのことが起きると、自信をもって進められますので。

↓3ステップの手応え

ボクのショップは通販なのでよりお客さまの反応は見えづらいです。リアル店舗の方が見えやすいので、手応えは積極的に感じましょう。

いかがでしょうか? ボク自身がしかけていることを共有してみました。【口コミの仕掛け方】がイメージ出来たら嬉しいです。

情報があふれまくっている今【口コミの力】は超重要になると考えています。(どう思います?)

弊社は【口コミの技術】を更に高めて、日本中のまじめな商人さんの繁盛をリードしていきます!

===========

読んで頂きありがとうございました!楽しく充実の商売をしましょうね!

まきやより

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

ヤバいナレを選んだ理由。次世代の食べ物販促は昔ばなし!? プロトタイプ60%制作ウラ話。

ヤバいナレーションが戻ってきました。※制作ウラ話その1はこちら

今、プロトタイプを作っている新型動画パッケージにのせるナレーションです。頼れるナレーターさんに原稿を送ると…「3パターン作りました、どれがいいですか?」と。

・明るく楽しいバージョン

・落ち着いた語り部バージョン

・そして…ヤバいバージョン。

本日は自宅で仕事をしていたので、次男(11)と一緒に聞きました(今回の動画の監修者は次男なんです)。「仕事とか変に気にしなくていい。見たくなるのはどれ?」って選ばれたのは「ヤバいバージョン」でした。

満場一致(と言っても2人だけしかいませんが)で、ヤバいバージョンでした。

明らかにこれまでのビジネス系・広告系動画にはないパターンです。Youtuberには見られるパターンですが、大人の販促動画にはないパターン。それが最高でした。これがプロトタイプでなく、依頼主さんから代金を頂いて制作しているものだったら「安全な選択肢」を選んでいたことでしょう。でも今回は生贄の承諾を頂いたプロトタイプ動画なので、振り切ったヤバいナレーションを選択できました。よかったーー☆

ナレーションをお願いしているのは、MC歴3000回を超える話し方・声のプロ丸山久美子さんです。イメージと目的を伝えたら、意図を汲んで想像を超えるものを送ってくれました。これがプロですわ。最高っ(●´ω`●)

実は、録音頂いたナレーションはもっと長かったんですが、リズミカルにするためになくなくカットさせて頂いた部分もあります(>_<)。丸山さんごめんよーー。プロトタイプなのでまだ塩梅が分ってなかったんです。でも、おかげで最高のナレーションになってますぜ!

制作工程としては現在60%くらいです。この後は、テロップをつけて編集効果をつけていきます。もっと見やすくして「最強肉汁餃子」が食べたくなる動画にするのです。そういう動画になれーー。がんばるぞっ。

【予告】この最強肉汁餃子のプロトタイプ動画が完成したら、初期モニター(低価格)を最大3件募集させて頂く予定です。もし興味があったら声をかけてやってくださいねーーーー。最終的な定価は2-3万円。初期モニターさまは15000円くらいになる予定です。ヤバい販促やりましょーー!

【仮予約(6/2)】このももたろう?パターンの動画を「ウチの商品でもやってみたいぞ」と思ってくれたら、事前に仮予約してやってください(*’ω’*) 食べ物限定です。飲食店さんかテイクアウト販売のお店か、通販のお店かケーキ屋さんお菓子屋さんパン屋さんなど。記憶に残って食べたくなる動画を作りましょう。仮予約はこちらから。※状況によりモニター受付は終了することがあります。

 


■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitter)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、とにかく明るい販促で商売人さんのサポートをしています。ヘンで伝わる動画制作や4コマ・マンガの企画制作。販促グッズの企画制作、その他もろもろのしかけ企画にて。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

↓お店の販促に役立つ販促記事をお届けします!ぜひお友だち追加してやって下さい(●´ω`●)※登録するとすぐ「販促・裏のしかけ17選」プレゼント中!

友だち追加

 

食品ロス。もし逆の立場だったら?命・食べ物がだいじにされますように^^

まだ食べられるものがゴミ箱行きになるのは悲しい…です。

まだ食べられるのに、ゴミ箱に捨てられてしまうのは悲しい。 食品ロスが少しでも減りますように。 井出留美さんの著書を参考に制作しましたが、解釈は私まきやによるものですので誤解などあったらすみません。

■賞味期限のウソ(井出留美 著) https://amzn.to/2kzBsT3

■井出留美さんTwitter      https://twitter.com/rumiide

 

ぼくらは命を頂いて生きています。 もし逆の立場だったら?

食物連鎖は地球環境に存在すること。命を頂いて生きています。命を無駄にはしたくないですね。

粗末にはできません。感謝(*’ω’*)

 

 

 

 

 

■書いた人:3秒販促マン・しかけ制作士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「価値のめざまし」をテーマにして、中小零細企業のこだわりや、伝えたいメッセージを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。しかけ技術(人が自動的に動く技術)を効果的に使うと「させる・無理やり」を減らせると信じています。ぜひしかけ技術を使ってください^^

 

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?