WEBマーケ本で発覚!ブログで失敗していた理由とは?(殿!昨対超えでござる第9話)

本記事の解説などははこちらに移行いたしました。

https://note.com/tonosakutaigoe/n/n3cab226ad805

 

 

 

 

※まんがはフィクションです。


殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。安売りをしないでお客さまに価値を買って頂く。こだわりをお客さまの喜びと、お店やメーカーの長期利益に変える!そんな殿の頑張りをぜひ見てやってください!各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

 

↓殿を、もっと見てくださいますか?


 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

コメダ珈琲店のファンになる理由 実用性がないのに 効果あり!?(殿!昨対超えでござる第8話)

本記事の解説はこちらに引っ越しいたしました!

https://note.com/tonosakutaigoe/n/n6f710abc83a8

 

 

【プチ解説】

販促物に「実用性」ばかりを求めていないでしょうか?

クーポン機能を付けたり、スタンプ機能を付けたり、商品説明ができるようにしたりと。もちろんそれは大事な機能だと思います。でも、そうした実用性は「集客や、注文促進、売上アップ」のために行われるものです。またご注文の際に必要な情報だから提示されるものです。

そうした実用性のないグッズは作る必要がありません。そう「必要がない」んです。だからこそ、人間味が感じられます。必要ないのに作るというのは、働いているスタッフさんが何か想いを込めてわざわざしているからですよね!そうした人間味を感じられると、好きになっちゃいません?

「販売促進」というのはお店や会社を主語にした言葉です。お客さまを主語にすると「いい買い物促進」「心地よい時間を過ごす体験促進」になると思うんです。実用性のない販促物こそ、お客さまの琴線に触れるのではないでしょうか?

ボクは大好きなんです。こういうの。コメダ珈琲店さんのことますます好きになっちゃいました!

 

【考えてみましょ】

あなたのお店では、お客さまに「どんな気持ちで」過ごしてほしいですか?

そのために、実用性のない販促グッズを置くとしたらどんなものが考えられますか?

 

 

 

本記事の解説はこちらに引っ越しいたしました!

https://note.com/tonosakutaigoe/n/n6f710abc83a8

▼安売り・値引きから脱出したくなったら

【限定公開】儲かるの裏側 365 (使用可能な方を限定いたしております)総ダウンロード数800件突破!

 

 

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

https://kikakuman.com/smalld2c

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

たった1枚で ファンが増えるの?(殿!昨対超えでござる!第7話)

↓本記事(4コマ漫画)の解説はこちらに引っ越しいたしました(*´ω`*)

https://note.com/tonosakutaigoe/n/nb588d7a93dfb

 

たった1枚加えるだけで、ファンが増えていくなら…やりますか?

やればできるのに、ほとんどのお店がやっていないことかもしれません。

(ほとんどのお店がやってしまうと、効果的ではなくなってしまうのですが…)

 

↓本記事(4コマ漫画)の解説はこちらに引っ越しいたしました(*´ω`*)

https://note.com/tonosakutaigoe/n/nb588d7a93dfb

 


【考えてみよう】

お客さまに、どんな想いを伝えたいですか?

あなたのお店で買ったお客さまには、商品を通じてどんな時間を過ごしてほしいですか?

 

※まんがはフィクションです。


殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。安売りをしないでお客さまに価値を買って頂く。こだわりをお客さまの喜びと、お店やメーカーの長期利益に変える!そんな殿の頑張りをぜひ見てやってください!各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

▼この記事に近い「殿まんが」は…

女性が買いたくなる瞬間は?(女性マーケティング本がスゴかった)

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

 

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

https://kikakuman.com/smalld2c

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

満足度の大損 をしている原因とは?(殿!昨対超えでござる!)

 

あなたの商品は、大損をしていませんか?

お客さま満足度の損は、お店の損だけじゃなく、お客さまの損でもあり、商品もかわいそうです。

ちゃんとお客さまに味わってもらえていますか?

 

 


【プチ解説】

「いい商品を提供すれば、それでいい」

なんて思っていないでしょうか? 商品の味わい方をお客さまに丸投げするのは、商品責任を放棄しているのと同じかもしれません。

だって、お店だけでなくお客さまも満足度を大損するからです。お客さまが「もっと味わいたい」「ちゃんと味わいたい」と思うような演出や伝え方をすることで、商品の本領が発揮されます。ちゃんと味わってもらえてこそ、商品の本領は発揮されるはず。せっかくいい商品を取り扱っているなら、お客さまにも存分に味わって頂いて、大満足してもらいませんか? お客さまも商品も、商売人にとってもプラスになるはずです。

「ゴディバ」というのは分かりやすいブランドですが、そういう有名なブランドじゃなくてもお客さまの「味わい意識」を高めることはできます。たとえば「チョコレートの硬さが特殊なんです」と事前に伝えたら、お客さまはチョコレートの硬さに意識をもって味わうはず。そういう小さな工夫が商品の本領発揮につながります。

満足度の大損は日本中のいたるところで起きています。本当にもったいない!少しでも減らしませんか?

 


【考えてみよう】

あなたの商品は、どんな点を味わってもらえたら満足度が高まりますか?

そこを味わってもらうために、事前にどんな伝え方・演出をしますか?

 

 

※まんがはフィクションです。


殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。安売りをしないでお客さまに価値を買って頂く。こだわりをお客さまの喜びと、お店やメーカーの長期利益に変える!そんな殿の頑張りをぜひ見てやってください!各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

 

▼この記事に近い「殿まんが」は…?

おいしくなる理由と 欲しくなる理由は別物!

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

https://kikakuman.com/smalld2c

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

おしゃれな キャッチコピー なのに残念なの?(殿!昨対超えでござる!第5話)

キャッチコピーでカッコつけていませんか?

 

【プチ解説】

キャッチコピーで失敗すると、どんなにいい商品を作ったとしても、どんなにいいチラシを作ったとしてもお客さまに購入頂けません。せっかくのいい品が台無しになってしまいます(とっても哀しいです)。キャッチコピーの役割は「読み手に、次を読みたくなる気もち」になってもらうことだと考えると、残念なコピーは本当に残念です。

黄色い小冊子「POSTING48下巻」の37項目目には「残念な見出し」として3つのパターンがあげられています。

1:カッコつけ、おしゃれパターン

2:胡散臭いパターン

3:社名・商品名アピールパターン

こんなキャッチコピー・見出しを付けていたら要注意ですよっ!

 

お客さまに届くいいキャッチコピーを考えるのは大事ですが、その前に「残念なコピー」も知っておいた方が失敗が減りそうですね!

 

↓もっと詳しく知りたい方は、この小冊子を無料でお受け取りください(・´з`・) クリックすると安心の詳しいページが開きます。

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

 

同じ商品なのに もっと儲かる カテゴリ替え?(殿!昨対越えでござるっ!第4話)

切り口が変わると印象も価格感も変わります。結果、粗利がもっと増えるかもしれません。

殿は、自分がプロデュースした「ひと口焼き饅頭」のカテゴリーを変えようとしているようです。あなたなら、どんなカテゴリーにしますか?


【プチ解説】「窯だしとろけるプリン」というコンビニスイーツを知っていますか?少し前にサークルKサンクスで販売されていた大人気スイーツです。それはもぅやわらかいくっておいしい!「これがプリン?」と驚くほどのやわらかさのプリンでした。このスイーツの大成功ポイントは「プリン」というカテゴリーに入れたことだと私は考えています。

とってもやわらかいプリンは「もうこれ、クリームだね」と思えるほどでした。かといって「クリーム」というカテゴリーに入れたらどうか…。一般的には「クリーム」をスイーツとして買う習慣はありません。そしてクリームだったらやわらかくても驚かないでしょう。結果売れていなかったと思います。プリンというカテゴリーに入っているからこそ驚きがあり、注目され、おいしさが堪能されたのではないでしょうか?

商品のカテゴリーをどこに入れるかは大問題です。

カテゴリーによってお客さまの印象が変わるからです。お客さまは「このカテゴリーの商品だよね」というフィルターを通して商品を見ることになります。カテゴリーを変える時には「注目されるか」「商品の魅力が際立つか」「価格感が高まるか」「客層が変わり、市場が大きくなるか(もしくは深くなる)か」などの視点を検討して変えた方がよさそうです。カテゴリーを変えることで、一気に商品が大変身!粗利が高まるしもっと売れる!なんてことだってありえます!


【考えてみよう】

あなたのメイン商品は、どんなカテゴリーに入っていますか?(お客さまはどんな商品だと思っていますか?)

仮に別のカテゴリーに入れるとしたら、どんなカテゴリーが考えられますか?どんな変化が期待できそうですか?

 

 

 

※まんがはフィクションです。


殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。安売りをしないでお客さまに価値を買って頂く。こだわりをお客さまの喜びと、お店やメーカーの長期利益に変える!そんな殿の頑張りをぜひ見てやってください!

各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

 

↓この記事に近い「殿まんが」は、

満足度の大損 をしている原因とは?(殿!昨対超えでござる!)

 

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

↓あなたの商品やお店の魅力をキャラクターで伝えませんか?

https://kikakuman.com/smalld2c

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

 

女性が買いたくなる瞬間は?(女性マーケティング本がスゴかった)

男性視点で商売をしていた方は、頭がひっくり返るかもしれません。

 

【男性経営者ほど、頭がひっくり返る本】

こんにちは!気になる研究家のまきやです。すごいマーケティング本に出会いました。これまで男性視点・男性脳で商売をしていた方が読んだら「頭がひっくり返る」くらいの衝撃があるかもしれません。ボクはそうでした。「ゼロからやり直しだ」と思いながらも少しずつ実践したところ、弊社運営のオンラインショップでは1月度の販売分は1/14に完売しました。実践はもっとつみ重ねないといけないんですが、ホントいい本に出会ったなぁと思っています。

これまで「男女の差」「男女脳の違い」などはいろんな本で触れてきました。でもたぶん、これまでに触れた本の著者は男性だったと思うんです。だからこそ、女性著者・女性のバリバリたたき上げのマーケターが書いたこの本は衝撃的でした。全く違ったから。全く違ったから(←2回言いました)

男性経営者で、男性脳で商売をしてきた方ほどびっくりすると思います。もし女性のお客さま向けの商品を扱っているなら、読んで「俺が間違っていた…」と思い直すかもしれません(ボクがそうでした)。逆に女子力が高い方は「そうそう!そうなの!」と共感されてさらにマーケティングパワーが高まりそうですよ。


 

【本よりちょっと抜粋】

「私は、本来はお城にいるべき人間なのに、何かがおかしい」と感じつつ、毎日暮らしています。

□本当の現実は見えていないし、見たくもないのが女性

□女性には「本来の自分を取り戻す」が響く

□女性は同じ赤系でも「微妙な違い」を区別している → 8種類のピンク、見分けつきます??(P42)

□「リアルな自分」ではなく、あくまで彼女たち自身がリアルと感じられる映像や写真を見せる

□「小さな文字」に拒絶反応を起こす

□「飛ばして読んでもわかりやすく」しておく

□人間は人間から買いたい

□「モテ欲求=異性目線」のアプローチは、男性には有効でも女性には響きにくい

 

もっと女性に響くようにしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいっ!特に男性脳の方に

▼ネットで女性に売る

▼同じ著者のこちらの本もすごかったです。


※まんがはフィクションです。

殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。安売りをしないでお客さまに価値を買って頂く。こだわりをお客さまの喜びと、お店やメーカーの長期利益に変える!そんな殿の頑張りをぜひ見てやってください!各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

 

▼この記事に近い「殿まんが」は…?

おしゃれな キャッチコピー なのに残念なの?(殿!昨対超えでござる!第5話)

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

チラシは目を引けばいいってもんじゃない!どんな写真を見せるべきか?

あなたなら、このチラシにどんな写真を選びますか?

殿は自分がプロデュースしたお酒のチラシを作ったようです。マーケティングを学んだ(らしい)殿は、そのテクニックを入れたチラシを完成させました。周りからも「目を引くね」という評判に気をよくしています。でも、このチラシ…。メインで使用した写真(イラスト)がよくないようです。あなたならどんな写真を盛り込みますか?

 


【プチ解説】

1:目を引く要素。3Bという目を引く要素があります。beauty(美女・美男)、baby(赤ちゃん)、beast(動物)の3つです。これらは目を引く要素と言われています。

2:目を引けばいいわけじゃない。殿はチラシに赤ちゃん(baby)を入れました。確かに目を引く要素です。でも…それがお客さまの買いたい気持ちを生むかというと…ちがいます。商品によりますが、お酒の場合、赤ちゃんは相性が良くないでしょう。商品を買ってくれるお客さまが「どんなイメージがわいたらほしくなるか」を想像して選んだ方がいいです。

【さらに詳しく】

「売上に直結するビジュアル」のランキングが載っていました。2020年は1億5000万枚のチラシ配布を手掛けたポスティング会社社長が書いた小冊子内の情報です。

売上に直結するビジュアル
第1位 商品写真
第2位 商品使用例の写真
第3位   商品を使っている人の写 真
第 4位   商品を使って得られる物事の写 真

この視点で考えると、お酒のチラシに赤ちゃんはナシですね!いくら目を引いたとしても。

あなたの商品のチラシを作る時は、どんな写真を選びますか?(チラシ以外でもいえることですね)

 

↓もっと詳しく知りたい方は、この小冊子を無料でお受け取りください(・´з`・) クリックすると安心の詳しいページが開きます。

※まんがはフィクションです。


 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

おいしくなる理由と 欲しくなる理由は別物!

あなたは、商品の「こだわり」ばかりを伝えていませんか?

 

【お題です】殿がプロデュースしたお酒があまり売れないようです。すごくこだわっているし、それをきちんと告知もしているのに…。こだわり以外に何を伝えればいいのでしょうか?あなたならどんなことを伝えますか?


【ミニ解説】

1:おいしくなる理由と、お客さまが欲しくなる理由は別物。

おいしくなる理由は、おそらくこだわっているからです。でもそれはお客さまが欲しくなる理由になるとは限りません。お客さまは買ったことでうれしくなりたいのです。お客さまが欲しくなるのは「お客さまがうれしくなる理由」を伝えることが大事になります。

2:お客さまが「うれしくなる理由」は例えば「5秒後の五感体感」「周りの人とのうれしい関係性」。

たとえば「口に入れると、ふんわりとほのかにバナナのような甘味が」「口に入れて鼻に息を通すと、温かみが感じられます」などと伝えると、少しイメージがわきませんか?それを実際に感じてみたいなと思ったら購入にちかづきます。これは5秒後の五感体感です。体験してすぐに得られる五感の体験をお伝えするパターンです。

またたとえば「限定5名さま、殿から手渡し」なんてのはどうでしょう?(実際にはありえないですけど…) もし殿から手渡しで商品を受け取れたら、知人に自慢しちゃいますよね!そして「すごいね!」というリアクションも見込めます。周りの人との関係性がイメージできるようなことを伝えるのも、お客さまが「欲しくなる」要素になりえます。あなたの商品を利用したら、お客さまは周りの方とどんな会話をするか、ぜひ想像を膨らませてみてくださいね!


殿のお話、読んで頂きありがとうございます!企画者のまきやです。

「殿!昨対越えでござる!」では、まんがで繁盛ネタを提供していきます。ぜひ他のネタも見てやってください!各ネタには「もっと詳しく」とか「ちゃんと実践したい方向け」のサービスや商品の案内もあります。あなたの支えになりそうだったら、もっと深く入り込んでやってください。

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter