コロナの3月。販促は? 来店型の商売ができること7つ

 

■来店型の商売がこの3月にできる販促策7つ!

1:逆に、行く!
2:プライベート化
3:リモート化
4:Xデーによだれ
5:予約の予約
6:キャンセルのキャンセル
7:クラファン
☆仕込み

新型コロナウィルス騒動で、多くの業種が厳しい厳しい状況になりました。が、止まっている訳にも行きません。今できること、やりましょう!私なりに考えた販促対策を7つ挙げます。取捨選択して使えそうだったら使ってください。※動画でもまとめてあります。

1:逆に、行く!

今は待っていてもなかなかお客さまが来てくれない状況です(とはいっても、意外に来店が減っていないお店もあるみたいですけどね)。来て下さらないなら、こちらから行く。引きこもり生活はやっぱり大変ですし、お客さまも日常の中に小さな非日常があると嬉しいですから。

・出張サービス

・出前サービス

・テイクアウトサービス

こうしたことができるのなら(届け出とか必要な場合もあると思う)、積極的にしてみてはいかがでしょうか?お店に行けずに困っているお客さまもいるはずですから!(ちゃんと告知しましょうね。店頭に貼り紙するだけじゃ伝わりませんから)

↓緊急に特設しました!

2:プライベート化

「外出を控える」の意味合いは「多くの人が集まる場を割ける」という事かと思います。そういう意味で不特定多数の人が集まるお店に長時間滞在することを避ける方も増えているでしょう。ならば不特定多数じゃなくしてみる。

・プライベートタイム予約:予約した時間は、他のお客さまはいないようにする

・少人数から個室予約

などを受け付けてはいかがでしょう?大人数は怖いけど「人が限られているなら」と安心できる方もいるでしょう。業種や規模にもよりますけど、時間帯を制限しての実施とかはありかもしれません。

3:リモート化

お店に来てもらえないなら「来なくても提供できるサービス」を考えてみてはいかがでしょうか?幸いにも今はスマホとWi-Fiがあれば、お金をかけずにビデオ会議ができるような環境が整っています。ZOOMとかですね。

・オンライングループ講座

・オンライン個別相談

・こんな時期しかできないお店の裏側公開(生中継)

たとえばこんな感じです。体の施術をする業種であれば、グループで動画をつないでみんなで体を動かす体操をするとか、個別相談で悩みを聞いたり、体の状況を画面越しに見てアドバイスをしたり(リアルより制限されますが、安心するお客さまはいると思う)。たとえば飲食店さんなら「この機会に、シェフに料理のコツを何でも聞いちゃおう座談会」とか「あの名物料理の調理風景生中継」とか。ファンがついているお店なら面白そうじゃないですか?

また短期間での準備は難しいですが、通販での商品提供もこの機会に準備するのも手かもしれません。

4:Xデーによだれ

「Xデー=コロナ騒動解禁日」の意味です。ディズニーランド・シーやUSJが3月15日まで休園を発表したり(2020年2月末時点)、お休みが相次ぎ、みな我慢の時期です。どこかに行きたいけど我慢ガマン。Xデーがきたら思いっきり発散したいでしょう(コロナ騒動は「今日から解禁」という類のものではないと思うけど、待ってる人はいる)。

解禁されたら、いつもよりも豪華な体験をしたくなるものでしょう。その時のための事前に告知をしてよだれを垂らしていただきましょう。「新商品を開発しているんです」「特別セットを準備しています」ということをSNSやメールマガジンなどで配信。つながっているお客さまに「それ、解禁されたらぜったい体験したい!」と思って頂くようにするんです。


5:予約の予約

いつ収束するのか分からないから、日程を決めて予約するのが難しい状況でもあります。でも…「大好きなお店のことは応援したい」ってお客さまはいます。必ずいます。「収束されたら必ず行くよ!」と「予約すること自体を予約」するイメージです。

・4-5月利用チケットの販売。または引換券の提供(キャンセルOK)

・4月の超特別コースを利用したい人、抽選受付

日程は確定できないけど、4-5月に利用できるチケットを作って事前販売。WEB販売のシステムを持っているお店はそれを利用して事前販売をしたり。決済はその時点ではしなくて、来店時でもいい。見通しが立たない不安を解消することにはなるから。


6:キャンセルのキャンセル

3月後半の予約のキャンセルが相次いでいたりしませんか?春休みの大型予約がキャンセルとなるときついですよね…。でも3月後半は状況が変わっているかもしれません。その時のために、予約キャンセルの連絡を受けたときは「キャンセル自体をキャンセルできますよ」とお伝えしておく。

・キャンセル自体をキャンセルして、TEL一本で予約復活!

・キャンセルもギリギリまでできる状態で、受付(仮予約を積極的に)

・同じ条件での延期も積極的に受付

キャンセルした方にも申し訳ない気持ちがあると思います。だから状況が変わったらすぐ予約を復活できるようにしておきそれを伝えておく。※お店の状況で他のお客さまとの兼ね合いを見て対応。

キャンセルで残念がっているのは、お店だけでなくキャンセルしたお客さまもですから。できたら来店したいはずですもん。

7:クラファン

クラウドファンでイングで資金調達を考えている方もいるかも。キャンプファイヤーさんでは、その支援措置をされていました。諸条件はあるけど、キャンプファイヤーの手数料12%が無料になり、決裁手数料5%のみになるとのこと。

↓詳細は、公式ページでご確認を

https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/360040309611

こちらも一手ですよね。

 

↓同じ内容を動画でもまとめてあります。

※あくまでも私(まきや)が考えた7策です。もっといいアイデアもあるでしょう。業種によってできるできないもあります。取捨選択して使えそうなアイデアがあったら使ってください!

 

・・・なかなか厳しい状況です(弊社もね)。

が、

が、

が、

乗り切りましょう!

止まってる暇なんかないです!

困ってる時は、周りに「助けて」って言うのも大事よ。助ける余裕がない人もたくさんいるけど、なんとか助けたい・力になりたいって人もきっといるはずだから。


▼参考記事一覧です(弊社の発信情報)


友だち追加

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき


https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

▼しかけ演出で繁盛販促を(あなたの販促アイデアを企画・販促グッズ制作)!

▼目を引く!ヘンなCM動画つくれます(日本全国オンライン対応)

 

コロナ危機。「売る」より先に「買え」

コロナ危機、ヤバいです。
ヤバいのはコロナウィルスという病原体よりも、情報とそれにまつわる消費者感情と企業の取り組みです。ウィルスに直接やられる前に経済悪化にやられる商人が増えるよ。このままじゃ。

どんどん悪化してます。コロナウィルスに関わる情報や企業の取り組みが。超高速で悪循環してる感じがする。

■イベントなどの中止が相次ぐ

どんどん中止されているようです。その中には、本当に中止をした方がいいと判断したものもあれば、「世間的に中止をした方がいい」という判断で中止にしたものも多分にあると思われます。これはネット社会の影響も大きい。ちょっとスキがあると叩かれやすい状況だから。大手が自粛すると、中小零細もその影響を受けます。

外出イベントがどんどん減っていきます。「必要もないのに、外で遊んでいる」ということが「悪」に見えてしまう状況、これが危ない。怖い。

病原体だけでなく、社会の「目」が人の行動を変えてしまっている。

飲食業やレジャー産業はかなりキッツいでしょう。実際、すでにかなり影響を受けているところもあるみたいです。大型予約のキャンセルとか、ヤバい。これから春のシーズンなのに大型予約が無くなるのはかなりキッツい。ヤバい。

当社みたいな小規模事業者でもかなりの打撃があります。イベント用の販促グッズ制作が主力商品なので、依頼を頂いてた案件がキャンセルになったりと大変です(●´ω`●)

正直な所、ぼくは
東日本大震災の時よりも
リーマンショックの時よりも
怖さを感じています。経済的には。

それは、そういう「空気」が強まっているから。「外に出ない方がいい」「不必要なレジャーは不要」こんな空気がさらに高まっていきそうで。

※もちろん感染予防は大事だと考えています。
 無防備で感染リスクの高い活動はよくないと思う。

こんな時、ぼくら商売人はどうしたらいいでしょう?

●内部固めをする
・店内のクリンリネスを徹底
・従業員教育を行う
・繁忙期にできていなかった取り組みの進行
・さらに満足度を高めるための施策実施

●経費節約
・不要な人件費の削減
・その他不要な経費を削減

●お得意さまサービス
・お得意さまを回っての営業
・お得意先さまのフォロー

こんなことはもちろん大事でしょう。ある意味優等生の解答です。そして早く来客が回復しないかなーと願うと思うんです。どうにかしてこんな時期でも売れないかって考えると思うんです。間違っていないけど、何かを変えることは難しいかも。自分が願うことばかりを求めても、それは実現されない。

ぼくは、これらにも増して大事なことがあると思うんです。

そもそも、商売の原点は「お客さまが欲しいものを提供せよ」でしょう?ならば、今商売人たちが苦しんでいるなら、「商売人が欲しいものを提供」することも大事では?

●買うときは、大いに買う!

ぼくはこれがだいじじゃないかと思うんですよ。
この時期ですから、外出が減ることもあるでしょう。仕事でのアポイントも減るでしょう(その分、オンラインアポは増えるかも)。「買う・お金を使う」タイミングは減ると思うんです。

その時に「大事なお金だから節約しよう」というのも一手。そして「せっかくだから、使っとこう!」と思うのも一手です。今って、商売人はキッツい状況ですから、来てくれるお客さまはいつも以上に嬉しいはずです。そんな方が、いつも以上にお金を使ってくれたらそれはもう嬉しいでしょう?

自分が欲しがるよりも、相手が欲しいものを提供せよですよ。商売人側が「売りたい」「買ってくれ」と思うのは本音だとおもいますが、それを求めても自利。こういった時期だからこそ「節約」するよりも「支払い」することが周りを助けることになるし、経済を回すことにもなります。お金を使うタイミングが減っているなら、使う時にはどーんと使え!ですよ☆

 

 

ってことで、
昨日のぼくは、グリーン車で新横浜から博多へ往復し、帰りはビールをいつもよりも多く買って帰りました♪(車内で3本、エッヘン!)その前に博多で30分ほど空いたので、一杯やりました☆お土産も、1つでいいのに3つ買いました!

ふぅ、ビールをいつもより多く買うための壮大な口実に付き合って頂きありがとうございました(●´ω`●)

でも、間違っていないでしょう?

 

※感染対策は必要だと考えていますので、誤解なさらぬよう。

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

小資金を産む法2020【個人店・小規模事業のため】今だからできること

今年だからこそできるんじゃないかな?って思うんです。

こんにちは!しかけデザイナーのまきやです。

↓新刊の帯コレクション26名様になりました♪
021「全業種に活かせるしかけの数々!ニノキンがこの本を読んでいたならば」
↑嬉しいおことばっ!まだまだ増えるといいなーと願っています。

----

さて、消費税が増税されて働き方改革が進んで、小規模事業は結構厳しい時期かと思います。「資金調達」というほどの額ではないですけど、もう少し小規模の資金があると楽なことってありません?

●新しい学びのため(技術講習会に行くため)

●店舗の改修のため

●新しい販促グッズを作るため

●新商品の設備を整えるため

などなど。こんな余裕があれば楽じゃないかなと。

資金調達って言うと「銀行や投資家」をイメージするかもしれません。最近は「クラウドファンディング」も浸透してきました。だからこそ、今年はもっと手軽で、もっと身近で、もっと小規模でできるんじゃないかと思います。

----

クラウドファンディングをするにもかなりの準備が必要ですし、金額は数十万円~が通常です。実際のところ、告知が大変です。

全部店内でやっちゃえば、もっと気軽にできるんじゃないかと思うんです。数十万円を集めるのはそれなりの客数が必要ですが、1-10万円くらいなら、個人店で1カ月~数カ月で十分にたまるんじゃないかと思います(別件では1カ月、1店舗あたり数万円集まってます)。

----

イメージは「店内ファンディング」で、やるのは「応援メニュー」です。応援額を込にしたメニューを設定して主旨に賛同下さったお客さまに注文頂きます。応援メニューポップを作って、お客さまの目に入るところに設置します。目的もちゃんと明記します。

たとえば1280円の価格設定で、本来は1080円の商品。200円分は応援額とする。主旨に賛同下さった方に注文してもらえるたびに応援額はたまっていきます。

----

進捗も報告しておきたいですね。目標額はいくらで、今いくらですとグラフにして店内に掲示したり、HPやSNSで随時報告したりと(そうするとさらに応援したくなりますから)

そして達成した際の報告も欠かせません。「おかげさまで○○を実施しました」と報告。それがお客さまの満足度を高めることになっていればお客さまも納得ですよね。

----

クラウドファンディングでは「リターン」と呼ばれる特典が設定されます。それと同じように応援メニューをご注文下さった方には、目的達成時に生まれるサービスの優先利用権を差し上げてもよさそうですね^^

こんな感じです。

店内でお客さまに応援をしてもらいながら資金を生んで、何か新しいことを始める。そんなことができる時期じゃないかなって思います。

どうでしょう?

これ、何を目的にしているか分かりますか?

資金を生み出すことでお金を使う何かを実施することはもちろんですが、さらにとっても大事な副産物が期待できます。

それは「ファン」です。

「応援する・される」関係はファンづくりでとっても大事なやり取りです。それをやっちゃうんですから、ファンは増えます。応援されっぱなしじゃダメですけどね。応援してもらって応えることとで絆は深まります。

2020年の新しい?方法

カンタンそうでしょう?

何かお金のかかるチャレンジをしたいときは

ぜひご参考くださいませ☆

↓こんなことを図解動画にもしてあります☆

しかけデザイナー まきやさねゆき

↓まきやの新刊「しかける販促術」を全ページめくりました(動画の中で変化するものあり)。

↓しかける販促術「特殊なセット」直売所はこちらです↓

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。