満足実感 が大きくなる 小さなキャッチコピー(パン屋さんの例)

キャッチコピーの役割って「販売促進」だけじゃありません。長く商売を続けていくなら「その場の売上」だけでなく買ってくれたお客さまに、ズバ抜けて満足して頂くことがものすごく大切。そこに役立つキャッチコピーもあるんです。

こんにちは!しかけプランナーのまきやです。高円寺駅から歩いて数分に所にあるしげくに屋さんというパン屋さんで見かけたキャッチコピーを分析させてください。このパン屋さん。大好きなんです。お仕事で高円寺に行く機会があるんですが、最近は行けば必ず寄ってパンを買っています(だって、行きたくなるんです)。

このお店に行きたくなる理由は「行けば、しあわせを味わえる」と確信しているから。それは前回パンを買ったときの「嬉しい想い出」と「納得の理由」が心にこびりついているからです。それを今回ボクが買ったパンで分析してみますね(あくまでもボクはしげくに屋さんのイチお客さんですので、情報が正しくない場合もあります。ご容赦ください)。


小さなキャッチコピーが、より味わわせる!

「2日間かけてつくる 熟成レトロ チョコレートブレッド」をボクは購入しました。このポップに書かれている「2日間かけてつくる」という小さなキャッチコピーがぐっときます。そんなに大々的に書かれた文字ではありません。いわゆる「販売のためのキャッチコピー」ではないと思います。言ってみれば小さなキャッチコピーです(お店の意図と違っていたらすみません)。

この文字を読んでから食べると、お客さんの意識はどこに向くでしょうか?

「2日間かけるとどうなるんだろう?」と頭の中に疑問が生まれます。疑問が生まれたら解消したくなるのが人間です。それを確かめるために「いつもよりもじっくりと味わう」ことになります。

「どう違うんだろう?」と意識しながら食べると、その香り・食感・味わいに意識が向きます。噛むと外側は「ずっしりと力強い」んです。そして内側の食感がスゴイ!「ねっとり」という言葉が食べ物に適しているかどうかわかりませんが、しっとりを越したねっとり感。こんなパンはあまり食べたことがありません。「2日間かけとこうなるのか!」と納得しちゃいます。

このように「気になるフレーズ」で意識づけをした後に「ハッキリとした違い」を体感するから、実感度がぐんと高まります。この食感とおいしさに納得感が加わるので満足度が上がります。そして断面写真も見てください!チョコレートが均等に入ってるんです。「どうやったらこんなに均等にチョコが入るんだろう」と唸るくらいの均等ぶりでした。すごいっ!


ポイントは「食べる前の意識づけ」と「満足を裏付ける納得情報」

このパンでは「2日間かけてつくる」という小さなキャッチコピーがあったことで「どう違うんだろう?」と意識づけがされました。そして、食べるとハッキリとした違いを感じます。美味しい。その違いの理由が「2日間かけたから」です。このパンでは「食べる前の意識づけ」と「満足を裏付ける納得情報」が同じもの(2日かけてつくる)でしたが、ボクら商人が自店で応用するときは別々でも問題ありません。

 

たとえば、小さなキャッチコピーを変えてみることもできます(ボクが勝手に考えてるだけですよ)。「このねっとり食感!がハマる人にハマる!」とすれば、食感に意識が向きます。実際に噛んでみたら「ホントだ!ねっとりしてる」と実感します。「断面に驚くお客さまが多数」とすれば、断面に意識が向きます。実際に断面を見たら「ホントだ!」と実感します。

 

「意識づけ」→「満足実感」→「裏付ける納得情報」

 

この流れがすごーくキレイにできていました。むちゃくちゃ勉強になりました(おいしく勉強させて頂きました)。

 

そうそう、先日お店に置いてあったニュースレターもステキでした。

小麦にむちゃくちゃこだわっていることが書かれてて「そこまでやっているんだぁ」「それならおいしいはずだよね」って感じました。そして、パン屋さんが「こんなにもがんばって、おいしいものをつくろうとしている」ことを感じると、さらに好きになっちゃいました(生身の人間を感じたんです。ファンの要素ですね)。

次回高円寺にお伺いした時も、買いに行かせて頂きますっ!

■しげくに屋 さん https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13172510/


今回の要点を「評判の呼び方 5STEP」に照らし合わせると【STEP4】商品の魅力をずば抜けて実感してもらうしかけにあたります。特にこのBeforeですね。凄みに意識が向いて味わっちゃう伝え方です。

 

さらに【STEP】語れるフレーズにも活きています。「手間かけすぎの法則」あたりに当てはまります。

 

読んで頂きありがとうございました!

2021年、ボクら商売人も張り切って商売していきましょう!

まきやより

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

おしゃれな キャッチコピー なのに残念なの?(殿!昨対超えでござる!第5話)

キャッチコピーでカッコつけていませんか?

 

【プチ解説】

キャッチコピーで失敗すると、どんなにいい商品を作ったとしても、どんなにいいチラシを作ったとしてもお客さまに購入頂けません。せっかくのいい品が台無しになってしまいます(とっても哀しいです)。キャッチコピーの役割は「読み手に、次を読みたくなる気もち」になってもらうことだと考えると、残念なコピーは本当に残念です。

黄色い小冊子「POSTING48下巻」の37項目目には「残念な見出し」として3つのパターンがあげられています。

1:カッコつけ、おしゃれパターン

2:胡散臭いパターン

3:社名・商品名アピールパターン

こんなキャッチコピー・見出しを付けていたら要注意ですよっ!

 

お客さまに届くいいキャッチコピーを考えるのは大事ですが、その前に「残念なコピー」も知っておいた方が失敗が減りそうですね!

 

↓もっと詳しく知りたい方は、この小冊子を無料でお受け取りください(・´з`・) クリックすると安心の詳しいページが開きます。

↓殿を、もっと見てくださいますか?

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げるひと工夫!【個人店向け】あなたのお店専用の販促企画/制作/ひと工夫アイデア

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

 

どっちが美味しそう? ネーミングで印象が変わる話。きかクマビジネス

どっちがいいかなぁ。

仕事先の居酒屋さんで使っているお塩。看板メニューを提供するときにお客さまにもお出ししているものだけど、ただのお塩じゃないんだ。料理長がこだわってこだわって、ずうっとブレンドを調整し続けてきたお塩なんだ。普通に「味付けにお塩どうぞ」って言うだけじゃ、味気ないから(お塩なのにね)「こだわっているんだぞ」ってことが伝わるようなネーミングにしたいなぁと思っているんです。

 

A:こだわりの塩

B:板前の三年塩

同じお塩だとしてもネーミングを変えると印象って変わるね。お塩の説明でうんちくが長くなっちゃうとお客さまも飽きちゃうから、特に説明はしないで「なんかこだわってる感」が伝わるといいなーと思って2つ考えてみたよ。

どちらがいいかなぁ。シンプルに「こだわりの塩」というか、それとも「板前の三年塩」って一ひねりしてみるか。「三年」て言葉を付けると、その三年間になにかあった感じがするかなぁ。説明しなくても歴史やストーリーを感じてもらえるといいなぁって考えてみたんだ。どうだろう?シンプルな方が好きな人もいるかもなぁ。

お店の方針やお客さまが期待することによっても違うから、次回訪問した時に大将に相談してみよっと!

 

あなたは、どちらの塩の方が「美味しそう」に感じましたか?

 

【今回のポイント】

●ネーミング次第で印象が変わる

●「三年」など期間を表す言葉を付けると、歴史やストーリーが感じられる

 

【今回の参考記事です】

(前回のきかクマビジネスはてな)どっちが食べたくなる?説明or人間味ストーリー

2種類のお煎餅を衝動買いした理由よりも、

【きかクマのビジネスはてなって何?】

ストーリーブランディングの支援会社・はぴっくで働く「きかクマ」がビジネス・商売・販売促進などで疑問に思ったことをみんなに共有するお話です。えらい先生が正解を教えるような話ではないから、読んでくれたあなたも「ほんとかな?」「じゃあ、うちのお店・会社はどうなってるかな?」って考えるヒントにしてくれたらうれしいです。

■ストーリーでわかるビジネス!販促!きかクマビジネス他のお話はこちらからどうぞ!

 

「きかクマ」のTwitterInstagramでは、こんな真面目じゃないネタもたくさん投稿しています。ぜひ見てみてくださいね!(フォローとかして頂けると、きかクマが吠えて喜びます)


■この会社の代表者は・・・しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitterしかけを作りたくなったら

ストーリー型PR動画制作

ストーリー型自己紹介ムービー制作

●ストーリー工房(動画以外のストーリーコンテンツ企画制作)

 

【図解】ポチらせる文章術。キャッチコピー本ならたくさん読んできたよ…でも。

ポチらせる文章術(大橋一慶 著)から、仕事に活かす部分を盗む!

「キャッチコピー本ならこれまでもたくさん読んできたよ」って思ってたんだけど、「スルーしなくてよかった」って思いました。なぜなら・・

↓図解動画にしました(見るのがめんどくさい方は上の画像だけでOK)

ものすごく素敵な本でした☆

実際の本では、ぼくの切り口以外の読み方もあると思います!ぜひ楽しんで下さいねー☆

↓Amazonはこちら


■この記事を書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

↓まきやの新刊「しかける販促術」を全ページめくりました(動画の中で変化するものあり)。

↓しかける販促術「特殊なセット」直売所はこちらです↓

 

キャッチ―な表現にはガマンが必要だった!

昨晩、Twitterでこんな投稿をしました。キャッチコピーやキャッチフレーズに活用できるまとめになるなと振り返って、分析をしてみました。読み手が釘付けになっちゃう伝え方って、どんな業種でも大事ですよね?

こんな投稿です。もう少し言葉を整理するとこうなります。

販促とは、お店の売上を上げることではない

お客さまの「いい買い物」を促進することだ。

この表現、わりとキャッチ―にできたなーと思うんです(自画自賛ですみません)。

この表現のポイントはガマンです。ガマンしたんです。この文書で言いたいことは何かというと「販促は、お客さまのいい買い物を促進することだ」なんですね。でも直接そういわずにガマンしました。1クッション置いたんです。「販促とは、お店の売上げあげることではない」という一文を先に加えています。この1文があるかどうかって、結構大きいんです。比べてみましょうか。

どうでしょうか?短くスッキリしているのは【1】なんですが、主張がしっかりと伝わるのは【2】ではないでしょうか。そしてなるほどーとなるのも【2】ではないでしょうか?ちゃんと理由があります。

それは【1】は自分の主張だけで、読み手の文脈に寄り添っていないからです。読み手の頭には「販促=お客さまのいい買い物」という発想はありません。だからいきなり主張されても「で?何?」って感じでしょう。

対して【2】は、読み手の文脈に沿いながら頭に「?」を作っているんです。一般的には「販促=売上アップ」ですから、その文脈で言葉を使います。そして否定しちゃう。「売上をあげるものではない」と。そしたら「?」ですよね「じゃぁなんなの?」と。こうなれば次の文章を読みたくなります。だからこそ次の主張がスッと入ってくるはずなんです。

言いたいことを伝えたいなら、直接言わないこと。

読み手にキャッチ―な表現にするなら、ガマンすること。読み手の文脈に酔いながら「?」を作ること。これだいじですよーーー。業種限らず大事なことかなと思います。POPだけじゃなくチラシにもHPにもSNSにも使える表現ノウハウです。美容室でも、理容室でも、整体でも、飲食店でも、クリーニング店でも、ラーメン店でも、町工場でも、エステサロンでも、ネイルサロンでもコンサルタントさんでも、士業でも、誰でも使えるっす☆

参考になりましたか?

なっていればうれしいです☆

 

■書いた人:3秒販促マン&だいべん士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok

↓個人店の筋書き販促プロジェクト、始めませんか?:あなたのPOPやリーフレット動画で生解説!

↓ステキさを伝える動画つくります