店頭で目が向く!動くPOPを作ってみた!

手書きPOPを作り出して約1週間、新たな工夫をしてみました。

こんにちは!気になる販促研究家のまきやです。延々とで動き続けてくれるPOPです。人って動くものに目が向く習性があるので店頭で活躍してくれると思います。ひとまずは「延々と動く」だけを考えて作ってみたサンプルがこちらです。

↓と言いながらも、動く部分は工夫しています。

↑1分ほどの動画ですが、見るのは初めの3秒くらいで大丈夫です(その後はメイキング風景です)。

猫の目がキョロキョロと動き続けていますでしょう?電池もねじ巻きも使っていなくて、延々と動き続けます。光があれば。光がないと全く動かないんですけどね。電池交換がいらないのは便利かなぁと思ってます。

で、ですね。

これ自体は「ただの目が向く仕掛け」でしかありません(すごく大事だけど手法でしかない)

こうした動きを使えば、さらなる工夫ができます。ただ「動く→目が向く」だけでなくその先も狙っていけます。「商品のこだわり」が際立つように表現することも可能です。

↓そのヒントになりそうなのがこちらです。

こちらも同じしかけを使っていて、延々と動きます。

注目してほしいのは右側のサンタさん、

ではありません。

(サンタさんもかわいくないですか?店主さんがひょっこり出てくるように変えてもかわいいと思います)

 

注目は、黒い紙の右上部分にある☆です。紙をくりぬいて、薄く透ける紙を貼りました。そして裏側で色を付けた紙が動くので星に「動き」というか「きらめき感」が出てません?ここに「☆」ではなく「商品」を当て込めば商品にしずる感を出すこともできると思うんです。

他にも
・商品がちょっとずつ動いている風だったり
・商品をネコが手に取ろうとしている様子だったり
・セリフが見え隠れしたり
・窓の中からひょっこり商品がチラ見えしたり
いろいろできそうです。

「動き」を使って「気になる」を作る。その先に商品のこだわりが伝わる状況を作る。無人でも「お客さまにのめり込んで頂けるしかけ」が作れそうじゃありませんか?

今週からはちょっと忙しくて新たなPOP作りができないかもしれませんが、また作ったら披露させてくださいね(*´ω`*) あーこういうのを一緒に考えて作るワークショップとかやりたいな――。

【今回のポイント】

●動くものは気になる。目が向く。

●「気になる」の先で「こだわり」が伝わる状況を作る

 

今日のネタ、参考になりましたでしょうか? 少しでも参考になっていたら嬉しいです(*´ω`*)

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

 

 

無人の売り場でも、お客さまにのぞき込んでもらう法

渋谷が難しいっ! 渋谷駅でJRから銀座線に乗り換えをしたんですけど…入口が分からずしばらく迷いましたです。アポイントにはギリ間に合って助かりましたー(*´ω`*)こんにちは(*´ω`*)気になる作りの専門家。まきやです。

お店の売り場で、お客さまに立ち止まってもらって、じっくりと商品の事を確かめてもらうことってだいじですか?業種にもよるんですけど、スタッフ側から「この商品は…」って言わなくてもお客さまが自らじっくりと見てくれたら、やっぱり助かると思うんです。スタッフがついていなくて無人でも、お客さまが動いてくれたらやっぱりうれしいですから。そんなしかけを一つ、お話させてください。

 

スーパーの魚売り場をイメージしてみてください。いろんなお魚が並んでいます。サンマ・アジ・タコ…と。

あなたは魚売り場を見ながら、いいお魚はあるかなぁって考えながら歩きます。今晩のおかずを考えながら歩くのかな?そういうイメージをしてみてくださいね。

魚を見ながら歩いていると1枚のPOPが目に入りました。

「この魚、横から見ると違う色に見える⁉」

ん?

ん?

横から見ると違う色?

上から見てると、銀色だけど横から見ると変わるの?

ホントに?

 

こんな風に気になったら、横からのぞいてみたくなりません?ホントかどうか確かめてみたくなる。商品の滞在時間が伸びます。そしてしかけ方によっては、商品の良さ・魅力が自然と伝わります(この事例は魅力までは踏み込んでいません)。

これ「気になる」の効果です。その中でもボクは「ホントかよ効果」としているものです。ホントかよ?って気になると確かめたくなる。そういうしかけです。こうしたしかけの結果、商品の魅力が伝わるようにしておけば、無人でもお客さまの滞在時間が伸ばせるし魅力を伝えることも可能です。お客さまの頭の中に「気になる」を作ると、お客さまは確かめたくなる。もっと知りたくなる

無人の売り場でも実現できるというしかけのお話でした。もちろん人がいる場合は、声掛けでもできますよ。お店からアピールしなくてもお客さまの方から「もっと教えて!」となってくれたら伝えるストレスも減りそうじゃありません? すぐ手ごたえをつかめる方法はいっぱいありますので、またお話させてください(*´ω`*)

 

【今回のポイント】

●「気になる」と確かめたくなる

●無人の売り場でも「気になる」は作れる!

 

スタッフさんがこうした仕掛けを自分で作れるようになったら、お店はどんどん盛り上がりそうじゃないですか?

今後は「明日から手ごたえをつかめる、気になる販促づくり」のワークショップや社員さん研修などもしていきたいなーと思っています(気になったら、問い合わせてくださいね――)

今日のネタ、参考になりましたでしょうか?少しでも参考になっていたら嬉しいです(*´ω`*)

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

■書いた人…気になるづくりの専門家・まきやさねゆき(Twitter

おとぎ話仕立てのPR動画制作

ストーリー型自己紹介ムービー制作