【図解】リピート&口コミサイクルづくり。値引きに頼らない!サイクルを回すほど商売繁盛する仕組みをつくれ!

【いい店どまり】になってませんか?

「あまりリピートしてもらえない」「口コミもほとんど起きない」

お客さまは満足してくれているのに、いい成果が出ていないならば【サイクル(仕組み)に欠損】があります。店舗ビジネスの【リピート&口コミサイクル】を図解しましたので、参考にしてみてください。

▼よくある「いい店どまり」の状態(図解画像)

記憶が弱く、リピートや口コミがうすーいグレーの状態です。「いい店どまり」だと、店内では、お客さまは大満足してくれるものの次に続きません。時間が経つと忘れてしまうのが大きな原因です。

◆どうしたら、記憶に残るか?(記憶に残る体験・フレーズ)

◆どうしたら、気持ちを高めてもらえるか?(気もち昂る体験、お店の想いに共感)

◆どうしたら、手元に残るか?(捨てづらいグッズ)

◆どうしたら、思い出してもらえるか?(思い出すきっかけ、グッズ)

◆どうしたら、もう一度来店したくなるか?(えこひいき/次回の体験欲など)

◆どうしたら、口コミしてもらえるか?(語るきっかけ×語れるフレーズ)

こんな視点で対策を打っていきます。間違ってほしくないのですが「値引きに頼る」のはキケンだということ。値引きに頼った新規集客や、値引きに頼ったリピート来店促進策ばかりしていると、その場はいいけれど、結局商売が強くなりません(お客さまの来店理由が「安いから」になるから)。お客さまの気もち・感じる価値・記憶を中心に組み立てましょう。

▼そしていいサイクルができた状態(図解画像)

強い記憶がを中心にリピートや口コミも色濃くなります。

こうしたサイクルが出来上がれば、商売は強くなります。このサイクルが回れば回るほど商売は強くなっていきますから。

いいサイクルは意図的に仕掛けるものです。「いい店どまり」を起こしているならぜひ考えてみてくださいね!一時の広告作りよりも断然大きな効果になりますから。

——

まじめな商人の繁盛が、明日の日本を元気にする!
合理的に、楽しく充実の商売をしましょうね!

読んで頂きありがとうございました!

口コミをつくるしかけプランナー
まきやさねゆきより

※弊社は「まじめな商人・職人さん」の味方です。更なる価値作りのお手伝い・口コミ繁盛のお手伝いは積極的に行っています。お気軽にご相談下さいませ。

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

評判の素。ロケット公園の法則。

ロケット公園と呼ばれる公園があります。どうして【ロケット公園】と呼ばれるのか?

 

評判になるには【お客さまが、自分の口でしゃべれること】が大切です(何度も書いてきました)。そして、しゃべって頂く前に必要なことがあります。

 

【記憶に残っていること】

です。記憶に残っていなければしゃべれるはずがないですから。

どうすれば記憶に残れるのか。【ロケット公園の法則】がヒントになります。


ボクの仕事場の近くに「ロケット公園」の名前で呼ばれる公園があります。

正式名称は違うんですけど、ロケット公園と呼ばれるんです。ロケットのカタチをした遊具があるんです。

この公園が「ロケット公園」と呼ばれる理由。なんだと思いますか?

「ロケットの遊具があるから」だと思いますか?

 

違います。ボクは違うと捉えています。ロケットの遊具があるのは前提なんですが、それが決定的な理由ではありません。

ロケット公園と呼ばれる本当の理由は…

ロケット遊具がある公園が他にないから

です。この辺りに住んでいる人にとってですが、生活範囲には、他にロケット遊具がある公園はない。だから、この公園が「ロケット公園」と呼べるんですね。

だって、「ロケット遊具があるからロケット公園」ならば「鉄棒がある公園は鉄棒公園」になっちゃう。そこら中が鉄棒公園だらけになって「鉄棒公園に集合ね!」って約束しても
別々の場所に行っちゃうかもしれません。

 

【ロケット公園の法則】とは

【他にはない特徴】だから、個性として認識される

ということです。

お客さまの記憶に残るには【お店の特徴】があった方が良い。誰かにしゃべる時には【他にはない特徴】をしゃべれた方が「おお!すごいね」って盛り上がる。

他にはない特徴。もしあなたのお店や商品にあれば、ハッキリと打ち出した方が良いですよ!無ければ、作り出すのも有効な一手になりえます。

—————–

いかがでしょうか?参考になりましたでしょうか?

2021年、張り切って商売していきましょう!

読んで頂きありがとうございました!

まきやより

▼評判の呼び方 具体的な手法

【限定数】口コミで売上アップさせたい方だけに(合理的に、口コミ繁盛店にする方法)成果歩合プランあり by口コミスイッチマン

評判強い お店には、見た目の説明言葉があった!(行列のパン屋さんの話)

評判強いお店には「説明しやすい言葉」もセットで用意されていることが多いです。先日お伺いしたパン屋さんは入り口で行列していました。そして買った写真をSNSで投稿すると「私も好きですよー」というコメントをFacebookでもInstagramでも頂きました。人気店で行列しているこのパン屋さんは「おいしいだけ」ではなかったです。

こちらのパン屋さんは、横浜の中華街から山下公園の間あたりにある「のり蔵」さんというパン屋さん。写真でもわかるように店内は「和風」なんです。パンて洋風の食べ物ですすから多くのパン屋さんの店内は洋風です。でも、のり蔵さんは和風。すごく印象的なんです。「のり蔵」でGoogle検索すると「和モダン」「和風」「和にこだわる」という言葉並びます。「和風」という言葉で紹介をしやすいんです。

印象に残りやすい店内装があるから、美味しさも記憶に残りやすくなります。


お客さまが「説明経験」できるから、記憶に残る!

「おいしいパン」では記憶の引き出しに入りにくいです。だって「おいしいパン」を売っているお店は世の中にたくさんあるから。でも「店内が和風で、おいしいパン」となるとのり蔵さん専用の引き出しになります。記憶に残りやすくなります。そして説明もしやすい。これも大切です。「店内が和風のお店でね、素材にもこだわっていておいしいんだ」と人に紹介をしやすくなります。

人はインプットするときよりもアウトプットするときに記憶が定着するそうです。「説明しやすい言葉」はお客さまの説明経験を促します。お客さまが友だちに説明をする経験をしてくれれば、記憶が定着しやすくなるのです。・・・ということは、リピート利用も評判だって促進されるはず!行列の人気店は、ただ品質がいいだけでなく、リピート利用しやすい仕組み、評判を生みやすい仕組みを作っているんですね。

とっても素敵な流れができていて、おいしく勉強させて頂きました!勉強っておいしいんですね!

■のり蔵さん http://norizobread.com/


仕事場から自転車で行ける距離なので、またお伺いします!(勉強勉強!おいしい勉強に♪)

今回のポイントは「評判の呼び方 5STEP」でいうと「【STEP3】語れるフレーズ」に該当します。「普通とは違う!GAPの法則」「外見などインパクトの法則」あたりですね。本質的な「のり蔵さんのこだわりっぷり」も言葉にするときは「こだわり細かすぎの法則」あたりになってくるかと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました!

2021年、ボクら商売人も張り切って商売していきましょう!

まきやより

 

 

▼まじめな商人さんのお役に立ちたくて、グッズ制作しています。

お店の売上を上げる販促のひと工夫!【日本全国対応】アナログ販促グッズ専門:企画/制作/ひと工夫アイデア提供。令和のお客さまに買われ続けるには? #3秒販促製作所

 

「記憶に残る」は武器になる 「説明しやすい」も武器になる

「あ、これ…」って手にとったお菓子。
既に選んでいたものを棚に戻して、買いました。

記憶に残っていたんです。
あのお店とコラボした商品だなって。

こんにちは。
しかけデザイナーのまきやです。

「記憶に残る」って武器になります。
記憶って強いです。
中でも「嬉しい感情が伴う記憶がいいです。

昨日、思わず手に取ってしまったお菓子は
「世にもおいしいチョコブラウニー」という商品です。

大好きなパン屋さんとのコラボ品です。
ここ数年、大人気でコンビニとかともコラボしてるパン屋さんです。

ご存知でしょうか?
アンティークさんというお店です。

7-8年前だったでしょうか
銀座で行列しているお店を見つけて
入ったらそのお店だったんです。

「マジカルチョコリング」

という商品が名物品です。
他にも味だけじゃなくって
魅せ方からうまいから、満足度がすごいんですよ。
たぶん、あえて癖のある商品にしてるんだと思う。

・行列してるお店
・銀座のお店
・でっかいパン
・マジカルチョコリング
・絵柄が可愛い

こんな風に説明しやすい体験やフレーズも多いです。

説明しやすいことも相まって
結果的に記憶に残ります。

インプットだけじゃなくって
アウトプットも行うので、記憶が強化されます。

勉強も受け身的に学ぶよりも
メモしたり、読み上げたり、解いたり、
苦手な人に教えたりすると、より習得できますでしょ?

それとおんなじ。
インプットだけじゃなくアウトプットを
してもらうことでより記憶に残ります

↑珍しくいいこと言ってません?(●´ω`●)

・説明しやすいフレーズを残すこと
・人にしゃべった結果、盛り上がること
(リアクションが見込めるとクチコミしたくなります)

こういう仕掛けを入れてくと
よりお客さまの記憶に染みつくはず。

こうして「嬉しい感情の記憶」が残っていると
ふと、そのお店のカケラを見かけたときに思い出します。

ボクが昨日見かけたお菓子は
そういう過去の記憶があったおかげで、
買うことができました。

以前の体験や記憶がなければ、
多分買ってなかったと思うんですよ。
※パッケージが面白いから気にはなると思うけど。

1回の広告や販促で買って頂くのは
なかなか大変です。

お客さまに嬉しい感情の記憶を残してもらうこと
それがすごく大事です。

そのためには、

・大満足の品質で提供すること
・説明しやすいフレーズを残すこと
・人にしゃべった結果・リアクションが見込めること

こんな要素を意識して盛り込むことが大事だと思います。

うん、割といいことが言えたと思うんですけど…
どうでしょうか?

え、そうでもない?
またいいコンテンツを書けるよう
がんばりまーす(●´ω`●)

 

【余談】今、悪だくみしている販促動画パッケージがヤヴァイことになりそうです。説明しやすそうじゃないですか?記憶に残りそうじゃないですか? これは完成度60%の動画。完成したら有料モニターさま募集予定です。 制作裏話2

 

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(Twitter)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、とにかく明るい販促で商売人さんのサポートをしています。ヘンで伝わる動画制作や4コマ・マンガの企画制作。販促グッズの企画制作、その他もろもろのしかけ企画にて。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

↓お店の販促に役立つ販促記事をお届けします!ぜひお友だち追加してやって下さい(●´ω`●)※登録するとすぐ「販促・裏のしかけ17選」プレゼント中!

友だち追加

ショップカードにわざわざひと手間かける理由

やらなくてもいいひと手間。わざわざかける理由があります。

こんにちは!しかけ制作士のまきやです。

8月の終盤から企画を始めてやっとこさ第1弾が完成しそうです。わざわざひと手間をかける名刺&ショップカード「8割名刺」の第1弾です。第1弾は栃木県の美容室チェルシーさんに乗って頂いて進めています。カードのデザインは先週末に完成して印刷中、もう到着予定です。その1歩前に、もう一つの備品が昨日届きました。

何かというと…

●隠しシール

です。

↓こんな感じです。

めくるシールが完成!

※土台のカードはサンプルです。

ショップカードの一部にこの「????」というシールを貼ります。はい、一部を隠すんです。シールを貼って隠して、お客さまにめくって頂くしかけです。めくって中を見てもらうのにわざわざ隠すのはなぜか?

「わざわざ」をしてもらうためです。人って、自ら行動したことに価値を感じやすいです。見たら表示されているものよりも自分でめくって、自ら情報を得た方がそこに注目しやすいです。だから、敢えてひと手間かけて隠して、お客さまにもひと手間かけてもらってめくって頂くしかけにしています。

実際、ぼく自身が2つ折り名刺ではふせんを貼っています。それを渡すと多くの方がめくってくれるんです。それを1枚のカードでも実現したのが今回の8割名刺です。

この中をめくると、お店の魅力についての会話が広がりやすいように仕掛けてあります。それはまた完成したら紹介させてください。ここの話題の狙い方が実は一番のミソなんです(ただめくればイイってもんじゃない)。

で、今回はカードやシールのデザインは、デザイン会社のライズサーチさんに依頼したんです。そしたら、ぼくが当初想像していたよりも遥かクオリティ高く仕上がってきました。最高っ☆貼ってはがせるシール。いいのがあるんですねー。

隠してめくるしかけ。構造はシンプルなんですけど、その効果は高いはず!(少なくともぼくの名刺ではばっちり)名刺やショップカード以外でも活用できるしかけです。ぜひやってみてくださいねーー。

チェルシーさんのショップカードでもうまく行く!と信じています!

■美容室チェルシーさん http://chelsea-oyama.com/

■デザイン会社:ライズサーチさん(横浜デザインスタジオ) https://manseki.info/

▼記憶に残る!に特化した名刺&ショップカード8割名刺
https://kikakuman.com/service/8warimeishi


■書いた人:しかけ制作士・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「価値のめざまし」をテーマにして、中小零細企業のこだわりや、伝えたいメッセージを「伝わるカタチ(動画やグッズ、しかけ企画)」にしています。しかけ技術(人が自動的に動く技術)を効果的に使うと「押し付けを惹きつけ」に換えられます。ぜひしかけ技術を使ってください^^

 

■記憶に残るしかけ!こんな動画見たことありますか?