コロナ危機。「売る」より先に「買え」

コロナ危機、ヤバいです。
ヤバいのはコロナウィルスという病原体よりも、情報とそれにまつわる消費者感情と企業の取り組みです。ウィルスに直接やられる前に経済悪化にやられる商人が増えるよ。このままじゃ。

どんどん悪化してます。コロナウィルスに関わる情報や企業の取り組みが。超高速で悪循環してる感じがする。

■イベントなどの中止が相次ぐ

どんどん中止されているようです。その中には、本当に中止をした方がいいと判断したものもあれば、「世間的に中止をした方がいい」という判断で中止にしたものも多分にあると思われます。これはネット社会の影響も大きい。ちょっとスキがあると叩かれやすい状況だから。大手が自粛すると、中小零細もその影響を受けます。

外出イベントがどんどん減っていきます。「必要もないのに、外で遊んでいる」ということが「悪」に見えてしまう状況、これが危ない。怖い。

病原体だけでなく、社会の「目」が人の行動を変えてしまっている。

飲食業やレジャー産業はかなりキッツいでしょう。実際、すでにかなり影響を受けているところもあるみたいです。大型予約のキャンセルとか、ヤバい。これから春のシーズンなのに大型予約が無くなるのはかなりキッツい。ヤバい。

当社みたいな小規模事業者でもかなりの打撃があります。イベント用の販促グッズ制作が主力商品なので、依頼を頂いてた案件がキャンセルになったりと大変です(●´ω`●)

正直な所、ぼくは
東日本大震災の時よりも
リーマンショックの時よりも
怖さを感じています。経済的には。

それは、そういう「空気」が強まっているから。「外に出ない方がいい」「不必要なレジャーは不要」こんな空気がさらに高まっていきそうで。

※もちろん感染予防は大事だと考えています。
 無防備で感染リスクの高い活動はよくないと思う。

こんな時、ぼくら商売人はどうしたらいいでしょう?

●内部固めをする
・店内のクリンリネスを徹底
・従業員教育を行う
・繁忙期にできていなかった取り組みの進行
・さらに満足度を高めるための施策実施

●経費節約
・不要な人件費の削減
・その他不要な経費を削減

●お得意さまサービス
・お得意さまを回っての営業
・お得意先さまのフォロー

こんなことはもちろん大事でしょう。ある意味優等生の解答です。そして早く来客が回復しないかなーと願うと思うんです。どうにかしてこんな時期でも売れないかって考えると思うんです。間違っていないけど、何かを変えることは難しいかも。自分が願うことばかりを求めても、それは実現されない。

ぼくは、これらにも増して大事なことがあると思うんです。

そもそも、商売の原点は「お客さまが欲しいものを提供せよ」でしょう?ならば、今商売人たちが苦しんでいるなら、「商売人が欲しいものを提供」することも大事では?

●買うときは、大いに買う!

ぼくはこれがだいじじゃないかと思うんですよ。
この時期ですから、外出が減ることもあるでしょう。仕事でのアポイントも減るでしょう(その分、オンラインアポは増えるかも)。「買う・お金を使う」タイミングは減ると思うんです。

その時に「大事なお金だから節約しよう」というのも一手。そして「せっかくだから、使っとこう!」と思うのも一手です。今って、商売人はキッツい状況ですから、来てくれるお客さまはいつも以上に嬉しいはずです。そんな方が、いつも以上にお金を使ってくれたらそれはもう嬉しいでしょう?

自分が欲しがるよりも、相手が欲しいものを提供せよですよ。商売人側が「売りたい」「買ってくれ」と思うのは本音だとおもいますが、それを求めても自利。こういった時期だからこそ「節約」するよりも「支払い」することが周りを助けることになるし、経済を回すことにもなります。お金を使うタイミングが減っているなら、使う時にはどーんと使え!ですよ☆

 

 

ってことで、
昨日のぼくは、グリーン車で新横浜から博多へ往復し、帰りはビールをいつもよりも多く買って帰りました♪(車内で3本、エッヘン!)その前に博多で30分ほど空いたので、一杯やりました☆お土産も、1つでいいのに3つ買いました!

ふぅ、ビールをいつもより多く買うための壮大な口実に付き合って頂きありがとうございました(●´ω`●)

でも、間違っていないでしょう?

 

※感染対策は必要だと考えていますので、誤解なさらぬよう。

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

【図解】SNSクチコミはバズらせないで着実に。クチコミ販促の絶対公式

SNSのクチコミ販促は、バズらせない方がいい!個人店や小規模な会社さんは特に。

こんにちは!しかけデザイナーのまきやです。TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを通じて、お店や会社のことが拡がっていくと嬉しいですか?お客さまに口コミで拡げてもらえたら嬉しいですか?

なら「バズる」を狙うのはやめましょう。ぼくらは。バズる企画が実現できるならそれはいいんです!でもそういう成功例は大手企業がトップクリーエイターと一緒になって作りこんでいるものばかりなので、個人では危険です(うまく行くならいいんです。憧れます)。小規模なお店や会社なら、そこにリスクをかけたりお金をかけるよりは、もっと着実なところに時間と工夫と情熱と手間をかけた方がいいです。その方が着実な成果が見込めるから。クチコミ販促の絶対公式を使ってください!※やめた方がいいクチコミ販促の3策はこちらで詳しく解説しています。


クチコミ販促の絶対公式=しゃべるきっかけ×いい理由

シンプルですが、この2つ「しゃべるきっかけ」と「いい理由」の両輪をしっかりと回していくことです。それぞれポイントはありますが両方をキチンと意識しましょう。ジワジワ着実に成果が出てくるはずです。

●しゃべるきっかけ:しゃべると盛り上がる話材。ポイントは「リアクションが見込めること」です

●来店・注文するといい理由:こだわりやウリ・お客さまの利便性のことだけど、こだわっているだけじゃダメ。クチコミにおいて大事なのは「お客さまがしゃべれること」です。

 

↓詳しくは図解&音声解説の動画にしました。

この2つの要素はずっと回し続けてくださいね。試行錯誤してどんどん精度が上がるようにしましょう。

「自分1人じゃ心配だ…」と思ったら弊社と一緒に試行錯誤しましょう^^個別作戦会議やグループ作戦会議で進められたらいいですね。

まきや


↓まきやの新刊「しかける販促術」を全ページめくりました(動画の中で変化するものあり)。

↓しかける販促術「特殊なセット」直売所はこちらです↓

■書いた人:しかけデザイナー・まきやさねゆき(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、「人が3秒で動くしかけテクニック」をフル活用して、強いこだわりを持っている商売人さんのサポートをしています。伝わる動画制作や、しかけで伝わるグッズ制作、その他もろもろのしかけ企画にて)。しかけテクニックが広まって、世の中のHAPPYが増えたらいいなーと願っています。

tiktokの印象がひと晩で急変。tiktokをやって分かったことが3つと、投稿前に設定するべき感想ゴール

TikTokにビビりました。ひと晩で印象がガラリと変わったんです。小さくバズって分かったこと3つと、投稿するときには「先に感想のゴール」を決めといた方がいいぞとも感じました。

こんにちは!3秒販促マンのマッキーヤです。41歳のおじさんがTikTokにチャレンジしてみたんですよ。これまで「若者文化は怖い・・」と避けてきたんですが…そう言ってちゃだめだなって思ったのと、ぼくよりも年上のおじさんコンサルタントさんがやっているのを見て、うずうずしちゃって。

一昨日の晩に思い立ち、すぐにアプリをダウンロードして1つの動画を投稿。その時点ではとくに感情もなかったんです。大きな動きはなかったですから。んで昨日、いくつか動画を投稿してみたんです。ただ…若者がやっているような踊りの動画はぼくにはできず…。以前に作ってYouTubeとかにはアップしていた動画をアップロードしてみました。

そしたら…ちょいちょい反応が出てきたんですよ。❤をくれる方もじわじわと出てきたし、コメントをくれる方もいた。そして動画が200回・300回とかの再生数になって行くんですね。YouTubeだと、チャンネル登録者が多かったりキャッチ―なテーマや超インパクトがないと、再生数って急には伸びずらいっぽいですが、すぐに再生が増えるんだなーって思いました。だってフォロワー0人の時点ですから、それでも何百人の目に留まるってすごいなって。

んで、調子に乗ってあといくつかの動画を投稿してみました(現在は6つの動画をアップしています)。すべて過去に作ったものです。YouTubeに合わせて作っているので横長です。tiktokは縦長が基本ぽいのでtiktok仕様にはなっていません。でも…

でも…

でも…

伸びたんです!再生数も❤もコメントも、一気に!

ビビりました。

昨晩投稿していた投稿の内1つが、今朝がたから伸びていいました。800回くらいの再生数だったかな…たしか今朝5時くらいでそのくらいでした。「あ、今までで一番いいぞ」と思っていたら…伸びていくんです。「900回いった」すごいな。「1000回言ったら、Facebookとかでtiktokすごいぞって投稿しよ」とか思っていました。この時点で7時くらいだったかと思います。

ほどなく1000回を超えました。❤も増えてきて、コメントもいくらか入っていました。

「1000回超えたからFacebookとTwitterで、すごいぞtiktokって投稿しよ」としました。まずはTwitterで投稿したんです。「フォロワー0人なのに1000回再生超えた、すごい!」って。

そして、Facebookにも投稿しようとしました…そしたら…「2500回再生を超えてるじゃありませんか!」

TikTokおじさんしてみたんです。そしたらびっくり。ひと晩で1000再生超えてるっ!って驚いてたら、あれよあれよと2500再生超えてる!何じゃこりゃ!フォロワー0人なのに!!!フォロワー0人なのに!!!フォロワー0人なの…

眞喜屋 実行さんの投稿 2019年8月10日土曜日

ビックリしました。だってこの間ものの数分ですもの。一気に伸びるんだーってビビりました。そこからさらにぐんぐん伸びました。コメントも入りました。好意的なコメントもあれば「不適切な動画です」というコメントもありました。あれよあれよと10,000回再生を超えました。「すげー、どんどんのびるーー」ってビビってました。

でも、急に落ち着くんですね。伸び始めて2~3時間くらいですかね。落ち着きました。現在値(11:30ころ)はこんな感じです。

「愛」ってものが、今回のびた動画です。「17.7K」なので「17700回」ということです。右側は動画の詳細画面。❤(いいねみたいなやつ)が542件、コメントが22件です(ぼくの返信もカウントされるっぽい)。伸び始めてから数時間の数字です。ビビりました。

tiktok のスターにはすごい人がいっぱいいて、こんな数字とは比べ物にならないほどの数字を誇っている方がたくさんいます。こんなぼくの1投稿は大したことありません。でもフォロワー0人でやってみて、数時間の結果なのでビビったのですよ「tiktokすげー」って。

まだぼくは、超初心者の状態です。この時点で気づいたことをいくつかまとめておきますね(間違っている見解もあるかも、その際はごめんなさい)


41歳tiktokおじさんの発見は現在この3つ。

1:tiktokは、1ネタオンリーでもブレイクできる可能性がある。

ぼくの投稿は1.7万回で落ち着きましたが、もっと大きくブレイクする可能性だって大いにあります。だって今回の1.7万回は「ゼロスタート」だったんです。元々多数のフォロワーがいて、見て頂ける環境がなくたって拡散される可能性が大いにあるという証拠です(他の方の動画を見ていたら、1発目で大きくブレイクして、その後は落ち着き気味の人もいました、やっぱりそうなんです)。ネタとしての拡散性が高いんだと思います。アプリ内で。

2:投稿する人と、見るだけの人が割とはっきり分かれてるっぽい。

ぼくの投稿に対して❤をつけてくれる方がいるので、その方のアカウントを見に行くと、「投稿ゼロ」の方が多いんです。非常に多い。見る専門なんでしょうね。もしくは非公開にしているのか。なるほどです。tiktokってネタ的な企画ものの動画が多い感じです。自分の顔をさらして踊っている方も多い(けど実際にはユーザーのごく一部だと思う)。コメントでハッキリと物申す方も多いっぽい。だから自分の顔をさらすのってリスキーっぽいんですね。顔をだすと傷つくコメントを受ける可能性もあるから怖いってのもあるでしょう。あと踊り投稿自体ハードルが高い(41歳のおじさんはまだできてません)。ネタ的な動画も多いから、見るだけでも楽しめますもんね。見る専門の人が多いSNSなんだなーって印象です。TwitterとかFacebookとはだいぶ違う。投稿ハードルが高いんだと思う。

3:「私を見てくれ」よりも「エンタメの場提供」のスタンスがよさそうだ。

ぼくがビビったことの一つに、物申すコメントがありました。「不適切な動画です」「削除した方がいいと思います」というコメントが入ったんです。分からなくもないです…動画内には「ち●こ」「うんこ」というワードが出てきますから。人によっては不快でしょう(個人的にはかわいいもんだと思ってるんですが、それは主観ですもんねむずかしい)

ぼくはビビりですから「まずいのかな」「ダメなのかな」「消した方がいいのかな」とか内心あたふたしていました。tiktok初心者ですし、若者文化を分かっていませんし場違いだったのかも…って。そしたらそのコメントに被せてコメントする方がいたんです。「tiktokはこんなのばっかりですよ、これで怯んでたらtiktokは終わりです」という感じで。「お!ぼくの味方が現れた!」と思いました。そしたら他にも現れました。ぼくの味方(?)が。「どこが?」とか「もっと不適切な動画あるだろ」とか。

で、気づきました。このコメントをしてくれた方々は知り合いじゃないですから、ぼくの味方ではないんだと思います。シンプルにエンタメとしてOKだと認めてくれたんだと思いました。んで感じたのがこれ、

「tiktokは、”私を見て!”よりも、”エンタメの場の提供”がいいっぽい」

ユーザーさん同士でコメントのやり合いがありました。投稿主であるぼくは抜きにして(本当は投稿主がコメントした方がいいんでしょうけど、そうじゃなくてもいいような気がした)。今回起きたのは「論争」的なものですが、そうじゃなくって「アイデア出し」とか「ボケ合い」見たいのも起こりうるんじゃないかと思ったんです。コメントに対しても❤ってつくみたいなんで、そこを大事にしている方もいるっぽいんです。「ボタン押して→→」というようなコメントも実際あったし。コメントに対して❤がつくことも楽しみっぽいのです。

投稿主が、自分を見てほしい動画を投稿するのはもちろんOKですが、そもそもtiktokはお互いのコミュニケーションの場ではなく個人が投稿できる気軽なエンターテイメント動画の場っぽいんです。だからエンタメとして、視聴者・ユーザーさん同士が楽しめたらそれも一つ成立する。「ぼくを見て」「私を見て」だと有名な方とか、超見栄えするビジュアルの方以外はうまくいかないのかなーとか思いました。企画ものとして動画エンタメはあり。マジシャンさんとかサッカーのドリブラーとか見てて面白いもん。

これは仮説中の仮説ですが、見てくれた方の狙うべき感想はいくつかに限られそうです。こんな感想をもつ動画を投稿した方がよさそう。初心者の見解なので違ってたらごめんなさい。

「すげーー!」

「かわいいー」

「どうして?」

「アハハ」

たぶんこんな感じ。もしこれからtiktokを始める同年代のおじさんがいたら、ぜひ参考にしてくださいねーー。若者文化、触れなきゃわからんですわ。やってよかったtiktok。

■書いた人:くだらない企画をつくる3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok)は、オモシロい販促をしたい方と一緒にお仕事したいと願っています。お気軽に声をかけてやってください^^

友だち追加


 

 

マーケティング担当者なら、知っておくべきことが増えた!? 3B+1B

※このブログには、ちょっとだけ「汚い」表現が含まれます。ふざけているようですが内容は大まじめです。その辺ご了承頂けた方だけお読みくださいませ。

こんにちは!個人店のステキさを伝える3秒販促マン・マッキーヤです。マーケティング担当者なら、販促担当者なら、広告担当者なら知っておくべきことが一つ増えたようです。人々が「無意識に」目を向けてしまう物体がもう一つ増えたのです。

もしかすると、あなたは信じたくない現実かもしれません。「そんなの違うよ!」と否定したくなる内容かもしれません。もしかすると”あなただけは”違うかもしれません。でも多くの人に当てはまることなのです。※仮説だけど


あなたは、人目を引く広告を作りたいか!?

好きとか嫌いとかを差し置いて、意識も差し置いて、人がつい目を向けてしまう物体・対象というものがいくつかある。マーケティング界隈では「3B」と呼ばれるものが代表的である(ちなみに筆者は「注目を集める7つのダシ」を提唱している)。

3Bとは…(復習ですよ)

■B…Beauty:美女やイケメン男子

この写真がどういう場面かはわからない…ただ「美」は目を引くのだ。お化粧品のポスターに女優さんが起用されるのもそれが理由だし、トレンディドラマの主人公のほとんどが美女かイケメンなのもその理由である。

■B…baby:あかちゃん

んもぅ!言うまでもないっ!見ちゃう!!!見入っちゃう!こんな目で見られたら見つめ返すに決まってるぞ!!赤ちゃんはいちゃうのですよっ!

■B…Beast:動物

どうぶつ・・・・見ちゃう。

見ちゃう

見ちゃう

けど…

なんか違う。

ゴリラも見ちゃうけど、なんか違う。

 

 

こっちだね!こっちの方が見ちゃうね。動物と赤ちゃんとが組み合わさると最強!ここにはもうBeautyも入ってるし。見ちゃうのですよ。誰もが見ちゃう。

ここまでが3Bです。一般的なマーケティングの要素ですから特段変わったことは言っていません。してる人には「そんなの知ってるよ」ってことです。

だいじなのは、この次です。

見つけてしまったのですよ

もう一つのBを。

4つ目のBを。


4つ目のBを発見した!

これである。

そして、これである。

色を変えると、これである。

これに人は目を向けてしまうのだ。これはきっとまだ大っぴらに語られてはいないことだと思う。でも、みんなが実は気づいていることでもあると思う。人は、これに目を向けてしまうのである。

時日、筆者がこのような写真をSNSに投稿すると通常時よりも反響が高まる。

 

これは現実である。

 

上の写真を使ってFacebookやTwitterに投稿したら、Twitterのフォロワーが少し減ったのも事実である(これは注目を集めたからに他ならない、スルー出来なかったのだ。嫌われちゃったかな…)

あなたは、目を背けたいかもしれない。

あなたは、これを活用したくないと思うかもしれない。

それならそれでいい。

 

でも「人が目を向けてしまう」という事実は変わらない。うまく活用するかどうかはマーケティング担当者の腕次第である。目を背けたい汚いものとして扱えば、それは汚いものになる。楽しいものとして扱えば楽しいものになる。かわいいものとして扱えばかわいいものになる。人間の生理現象だよねと扱えばそのようになる。扱い方によって受けての印象は変わる。だからこそ、どう生かすか、どう使いこなすかがマーケティング担当者の腕の見せ所なのである(うんこ漢字ドリルが売れてる事実がある。うんこ演算が個人的には大好きだったこともある。うんこミュージアムが行きたい日にチケットが完売で行けなかったという事実もある)。みんなこれが大好きなんだよ!あなたは否定するかもしれない。でも…

みんなこれが大好きなんだよ!

みんなこれが大好きなんだよ!

みんなこれが大好きなんだよ!

みんなこれが大好きなんだよ!

 

 

はじめの3Bについては、しっかりとマーケティングで活用している会社も多いと思う。でも4つ目のBについては使えていないところがほとんどだ。だからこそチャンスがある。

あなたは4つ目のBを扱うか。

それとも汚いものとして扱うのをやめるか。

それはあなた次第である。

※人が目を向けるという事実は変わらないけどね。

 

 

 

4つ目のB。何がBかって?

 

それはもう、あれですよ。

 

 

BURI BURI

 

ちょっと汚く聞こえるなら、言い換えてもいい。

BURST

(英語の意味合いとして間違っている可能性あります)

って。

 

 


一応、補足しておきます。

4つ目のB(BURIBURI)は、人の生理現象による物体です。生物が生きていくうえで身近であり大事な存在です。嫌いになることはできないし目を背けることもできません。だって生きていくうえで大事なんだから。そういう意味ではbabyもそうですね。生物は必ず生まれた瞬間はbabyです。それを経ています。欠かせないものです。Beautyも種の保存に大きな意味があるものですよね。根源的な欲求に沿うものなんだから、目をむけて当然なんです。

だから…

大好きっていえばいいんだよーー。

変な記事になってしまった…。

ふざけているように見えたかもしれませんが、結構真面目なんですよ。

※本ブログは筆者の実感を基に書かれています。社会全体でみたら多少の相違はあるかもしれません(相違があったとしても多少だと思います)。ご判断はあなたご自身でお願いします。

 

■書いた人:個人店専門スマホの中の広告代理店・3秒販促マン・マッキーヤ(https://twitter.com/shikakeruhansok